2024年04月21日( 日 )

わらび座、DRUM TAOとのスペシャルコラボ公演を実施

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 (一社)わらび座は19日、大分県竹田市を拠点に世界で活動する和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」との初となるスペシャルコラボ公演を仙北市民会館(秋田県仙北市)で開催した。わらび座よりその開催報告をいただいたので、共有する。

 いつも大変お世話になっております。

 日頃より多大なるご支援を賜り、心より感謝いたします。

 先週、世界で活躍している和太鼓集団DRUM TAOとのスペシャルコラボ公演が無事に行われました。

 ご支援ご協力まことにありがとうございました。

 画像などはこちら([DRUM TAO×わらび座]公演終了 ありがとうございました)。

(一社)わらび座提供
(一社)わらび座提供

 本公演のきっかけは、旧運営法人の民事再生手続き開始直後の2021年11月にわらび劇場で行われたフォ-ラム「地域芸術拠点のこれから」です。

 そのなかで、登壇者のTAO 代表の藤高様からわらび座へ下記のエールをいただいていました。

 「支援したいと思う人はたくさんいると思う。演劇を主体とするわらび座と TAOが合作したら面白い。今後もがんばってほしい」。

 その結果、文化庁の助成もあり、今回の公演が実現しました。

 舞台はさんさ踊りをモチーフにしたオ-プニングに続いて、わらび座パ-ト、TAOパート、そしてエンディングのコラボレーションと進み、場内大喝采のうちに終演しました。

 おかげさまで観客の皆様からは、「TAO、わらび座それぞれの良さが融合して素晴らしい舞台!」と絶賛のお声をいただきました。

 同じ舞台に立った出演者同士も交流を行い、親交を深め、刺激を受けたようです。いろいろな意味で未来に繋がる公演となりました。

【茅野 雅弘】

関連記事