2024年07月21日( 日 )

【由布市問題(4)】由布院住民団体代表、玉の湯施設の排水問題を語る

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

「事業者も行政も、私たち住民の不安に寄り添ってほしい」

 こう語るのは、湯布院温泉郷の旅館や飲食店などが点在する湯の坪街道に隣接する地域に住む地元住民。

 全国に知られる温泉地・由布院。同地を代表する老舗高級旅館「玉の湯」と由布市役所が、地元住民の意向を無視して、長年、住民所有とされてきた水路に、現在、玉の湯が建設中の長期宿泊施設から排水を流すための工事を進めてきた。

 地元住民団体「湯の坪の水路を守る会」代表の松尾茂氏に話を聞いた。

【近藤 将勝】

(3)
(5)

関連キーワード

関連記事