2024年05月26日( 日 )

経営者・役職者向けオンラインセミナー「働く人の新教養 ビジネスと人権」開催

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

福岡市人権問題企業啓発推進会議

 個人にとどまらず、企業でも社内の労働環境をはじめとしてサプライチェーンにおいても人権について考慮することが求められる昨今、福岡市人権問題企業啓発推進会議では2023年11月28日と24年1月16日に、企業活動と人権をテーマにしたセミナーを開催する。

▲クリックで全文表示(PDF)

    福岡市人権問題企業啓発推進会議()では、さまざまな人権問題についての正しい理解と認識を広め、企業における人権意識の高揚を図り、基本的人権が尊重された働きやすい職場を実現することを目的に、市内企業の役職者などを対象とした人権研修会を開催している。最近では、職場でのダイバーシティや近年のハラスメントの実情など、身近な話題でありながらもイチから学ぶ機会の少ない事柄について取り上げてきた。今回は「働く人の新教養 ビジネスと人権」をテーマに、オンラインセミナーを開催する。

 今回のセミナーに登壇するのは(株)オウルズコンサルティンググループ マネジャーの石井麻梨氏、相模女子大学大学院特任教授・昭和女子大学客員教授の白河桃子氏。石井氏は内閣府やデロイトトーマツコンサルティング(同)を経て現職となり、これまで企業の人権デューディリジェンス支援などのプロジェクトに数多く従事してきた。また、ビジネスと人権に関する書籍の執筆のほか、人権に関する寄稿や講演を数多く行っている。白河氏は住友商事やリーマンブラザーズなどを経て、少子化問題を扱うジャーナリストとして活動を開始。2008年の共著「『婚活』時代」で提唱した婚活がブームとなった。

 石井氏が登壇する第1回では「今企業が押さえるべき『守り』と『攻め』の人権対応」をテーマに、ビジネスと人権をめぐる最新動向や人権リスクへの具体的な対応方法に加え、リスク対応だけではない「事業機会」としての人権ビジネスの発想法についても学ぶことができる。

 白河氏が登壇する第2回では「リスペクトから始めるハラスメント対策」をテーマに、ハラスメント発生の要因となるアンコンシャス・バイアス(無意識の思い込み)や職場構造について考え、最新の対応策「リスペクトトレーニング」などの事例を学ぶことができる。
 2人の専門家がセミナーを開催する貴重な機会。ぜひ学習の場として活用いただきたい。

※福岡市内の8つの行政機関(福岡市内の公共職業安定所、福岡中央労働基準監督署、福岡東労働基準監督署、福岡市、福岡市教育委員会)によって構成された組織。 ^

【杉町 彩紗】


■EVENT INFORMATION
働く人の新教養 ビジネスと人権

日時>
第1回:2023年11月28日(火)午後2時~4時
第2回:2024年1月16日(火)午後2時~4時
開催形式>
Zoomを使ったオンラインセミナー
参加費>
無料
申込方法>
公式サイトの申込フォームより
URL:https://www.jinken-seminar.com
問い合わせ先>
受託運営:(株)サイズラーニング
TEL :092-791-5442(平日午前10時~午後5時)
mail:jinken-seminar@psys.info

関連キーワード

関連記事