2024年06月18日( 火 )

【まるの会・一條氏のコンサル資質に疑義(9)】死に物狂いで工作中~とんだ片棒にご用心

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 当該シリーズの(7)(8)では、一條氏が「まるの会」会員に売りつけたボロ会社「スリーダムアライアンス(以下、3DOM)」について、10期におよぶ悠長な赤字垂れ流しの歴史を振り返った。今さら、急ぐ案件でもなかろうが、とりあえず、筆者の友人たちにも被害が拡大しないようにのんびりニュースを拡散していたところ、下記のような、実にきな臭いメールが飛び込んできた次第である。

K様

お疲れ様です。先ほどお話しした件です。

小生が手伝っているベンチャー企業がNASDAQ上場を記念して、そのご報告と更に飛躍するため開発中のテクノロジー発表会を添付資料の様に開催することになりました。要点は:

・日時:11月28日(火) 15-17時
・場所:センチュリアンタワーホテル・B2ボールルーム
    東京都渋谷区桜丘26-1
・上場企業は3DOMグループのnoco-noco社(X-SEPATM)
・次のコア技術とシステム化はTESNOLOGY株式会社(DI Engine、IoBを越えて)
・”X-SEPATMとDI Engineによって実現する「Beyond IoB」”
 ☆ 3DOMグループ:https://www.3dom.co.jp/

です。

WEBサイトも現在突貫工事で構築中でありまだCommingSoon状態なのも、お許しください。取り敢えず、TESNOLOGY株式会社の説明資料を添付しますので、参照ください。

更には、現地での接遇もままならないと思いますが、ユニコーンを目指すベンチャーの一端を知って戴くことにG員一同が全力を挙げておりますので、曲げてお許しいただきご参加いただきますようにお願い申し上げます。また、興味を持たれそうな方に拡散頂けると有難いです。 

 Sより

 これは拡散せずばなるまい!

何も知らずに悪病をまき散らす

 その前に、何とも無邪気に「拡散希望」のメールを配信している奇特な御仁について説明しよう。Sは某省の技官として国家公務員の出世街道をそれなりに究めた人である。世間の一般人が彼からの紹介メールを見れば、「参加してみようかな」という気持ちになっても無理はない。だがそこは同社のお手のもの、(7)で説明した通り、竹中平蔵元総務相も社外取締役に列席している。もうそろそろ世間の皆さまにも、このようなメンツが出てくる意味について気づいていただきたいものだ。

 それはそうと、よほど資金繰りに窮しているらしい。

 詳細は続報に譲るとして、同社の上場には実績がある。本年8月にNASDAQにめでたく上場をはたしたnoco-noco Pte. Ltd.である。同社の株価をぜひご覧いただきたい。
Bloomberg NCNC:US

 上場前(8月9日上場)1株10.68ドルであったのが、現在は0.25ドル、わずか1/40である。

 そのような目覚ましい実績をもつ同グループが、また大きな花火を打ち上げようというのだ。11月28日の目的はnoco-nocoの二番煎じとしてTESNOLOGY(株)の未公開株による資金集めだと推察される。

 下記にTESNOLOGY(株)の登記を添付する。取締役メンバーをじっくりと点検していただきたい。NASDAQ上場に相応しいかどうか、判断は貴方次第である。

▲クリックで全文表示(PDF)

 無邪気なSに話を戻そう。筆者もSのことを考えて、かといって直接3DOMの決算書を送りつけることは避けて(Sのプライドもあろう)、共通の友人を経由して渡した。本人は愕然としていたとのことだ。これは無邪気で済む話ではない。小遣い稼ぎのつもりが、とんだ片棒を担がせられかねないのである。

■Sのメールに添付されていた資料

▲クリックで全文表示(PDF)
▲クリックで拡大(PDF)

【青木 義彦】

(8)
(10)

関連キーワード

関連記事