• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月05日 13:00

医師の新専門医制度?『白い巨塔』復活? 耳より情報 

 ある日の内科医の姪っ子との会話。

 「叔父さんは新専門医制度って知ってる?」
 「医者じゃないから知らないけど、知り合いの医者が大変になるなぁと呟いてたな」
 「そうなんだよ」
 「今までも専門医というのがあったよな?」・・・。

お医者さん イメージ 詳細を聞いてみると、従来から専門医制度というものがあり、各学会ごとに認定していた。認定基準等も各学会ごとにバラバラで、要は簡単なナンチャッテ専門医から、非常に難しく、症例経験がないと取れないものまで玉石混淆であった。
 また国家資格でもなく、上乗せできる公的資格もない。ただし、院内ルール等で不利益を被る場合もあるので、多くの医者が取得している。内科医は医師免許取得後から3~6年でほとんどが専門医取得を目指すため、学会の指定病院に勤務する。したがって若い医者は「学会指定病院から就職先を選ばなくてはならない」、病院側は「学会指定病院になるか否かで若い医者が来るか否か」が決まる。

 しかしながら2015年医師国家試験以降の合格者は、専門医の認定組織が学会から一般社団法人 日本専門医機構(以下機構)に変わり、機構が専門医認定機関になる。専門医の質が担保され、一般にも周知され誇りを持つという一定のメリットはある。しかし、専門医認定の養成指定病院も機構が決定し、さらに専門医の人数を超えて若い内科医を募集できなくなるということである。すなわち、大学病院や大都市部の大病院が有利になり、地方部は若い医者の勤務が減ってくる構図となる。

 一方、地域医療支援センターを設置し、都市部への医師集中を防止しているが、実際、どれくらい機能しているのかどうか、現状では判断できない。
 結局、初期研修制度の変更で市中病院へバラバラになった研修医が、専門医認定病院になりやすい大学で専門医を取得し、将来のキャリアパスを考えると、再び大学という『白い巨塔』へ吸い上げられるかもしれない・・・。

【酒井 満】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月16日 15:08

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(4)

 名誉毀損という軽微な事案で、福岡県警大牟田署はなぜ諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)を逮捕までしたのか。その背景に「幻の浪川会壊滅作戦」があったのでは、とみ...

2019年10月17日 10:45

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(1)NEW!

 関電疑獄は独占(官営)大企業(電力事業・原子力発電事業者)関電における底知れぬ無法経営を露呈してきた。その無法経営を法的側面で支えたのが一群の法務担当職員である。

適切な避難行動実現に浸水リスク明示不可欠NEW!

 木・火・土・金・水を五行という。五行は天(陽)・地(陰)から派生した五種類の作用および法則のこと。世界はこの5つの作用から成り立っているという世界観を表す。

2019年10月17日 10:00

続・鹿児島の歴史(10)~西郷・大久保以後の人物について~NEW!

 西南戦争で多くの有為な人物を失った鹿児島ですが、明治期の人物として森有礼(初代文部大臣)、川路利良(初代警視総監)、五代友厚(初代大阪商工会議所会頭)等がいます。軍...

2019年10月17日 09:52

生まれ変わった「The Okura Tokyo」、テーマは「伝統と革新」NEW!

 2019年9月12日、ホテルオークラ東京 本館は、「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に生まれ変わった。「和の心で世界をもてなす」という開...

2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)NEW!

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トク...

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)NEW!

 「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入ってい...

2019年10月17日 07:00

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(3)NEW!

 政策科学ですが、「社会における問題の原因を明らかにしたうえで、多様な利害関係者の立場を考慮しながら、最善の解決策を提示する“問題解決型”の学問」と言われています。政...

2019年10月17日 07:00

大戸屋HD、創業家と経営陣のお家騒動が終結~創業者が最も留意すべきは相続税だ!(後)NEW!

 それでは、決定的な対立となったのは何か。ズバリ、相続税の問題である。久実氏が自らの死後に発生する見込みの相続税対策としての功労金問題だ。久実氏が生前の15年3月ごろ...

2019年10月16日 17:58

働き方改革が【匠】を潰す

 ある料理店の料理人が一人前へと成長するための教育プログラムをお教えしよう。皿洗いから始まり、下準備などの雑用、包丁研ぎを経て、調理を行うようになる。包丁研ぎ1つとっ...

pagetop