2024年06月21日( 金 )

歴史と住民でつくるべき「楽しい日本」のランドマーク(2)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

世の中をつくる価値観

 私が通っているフリースクールの子どもたちを見ていると、のびのびと遊べる時間や空間があれば、やりたいことは自由気ままに湧いて出てくる子たちばかりだ。子どもたち自身の問題ではなく、環境の問題なのではないか、と感じさせる瞬間だ。

 世の中の一番の基は「価値観」である。価値観が世の中のかたちを決める。社会における価値観は「美意識」と「道徳観」で成り立っていて、その時代を生きる人々が抱く「何が美しいか」という美意識、「何が正しいか」という道徳観、この2つの意識が価値観の構成要素であり、そのストーリーによって世の中のかたちが決まる。「自分の意見はこうだ」「あなたの意見はこうだ」は、個人対個人の“倫理”の掛け合いだ。それが2人になり、複数になり、集団になり、社会の輪になったとき、“じゃあみんなはどうしたらいいのか”と考える。これが道徳だろう。しかし今、その哲学のような、信仰のような、“社会共有の道徳観”があるだろうか。あるのは、個人のなかの“あなたにとって正しいか、正しくないか”という倫理観に寄ったものに思う。

 現状の公園は役所の管理に縛られて、制限ばかり。これは「官僚主導」の世の中が決めた価値観の“カタチ”である。そろそろどこかで「制限よりも多様性が良いのだ」という道徳観を社会の“カタチ”に実装しなくてはならない。そうすれば似たような公園ばかりではなく、その場に合った公園が増えていくだろう。…これは、堺屋太一氏が著書「三度目の日本」のなかで語った「楽しい日本」を彷彿とさせる。

「楽しい日本」とは…

「楽しい日本」とは… pixabay
「楽しい日本」とは… pixabay

 戦後、官僚が進めた政策で、現在の日本人の生活は、安全・安心・清潔・正確・平等を得た。だがその代わりに、“楽しみ”を失った。いうなれば日本は、「正論の天国」になってしまったのだ。今の日本は世界で最も「安心、安全、清潔、正確、そして平等な国」である。しかし、あまりにも安全・清潔に徹する規制と厳格な基準ゆえに、人々の楽しみを奪い、やる気を失わせているのではないか。夢もなければ冒険しようとする気も湧かない「低欲望社会」になってしまった。この状況をどこかで変えなければならないと、堺屋氏は問いている。

 現在の日本は“平和な国”である。犯罪は世界一少ない。清潔で、交通機関の運行も世界一正確。汚職や経済事件も、世界基準で見たらとても少ない。しかし、安全で清潔な「平和」の住人は欲望がなくなり、ただその安住の地を失うことだけを恐れるようになる。かくして日本は、「夢と冒険のないぬるま湯社会」になってしまった。貧乏旅行も、冒険旅行もしない。海外留学をする学生さえ、どんどん減ってしまった。暴走族もいなくなったし、起業家もヤクザも減った。

 今の日本には「楽しみ」の多様性がない。どうしたら日本が楽しい世の中になるか。“早く仕事を終わらせ、職場から帰って楽しいことをしよう”そんな世の中にしなければならないのだと。日本人は“生活を楽しむ”というロールモデルをもたずに、ずっと生きてきてしまったのかもしれない。人生を楽しむためのストーリーを、今の日本人はもっていないのではないかと。「楽しい日本」を創造することは、日本が再成長する道の1つになると、堺屋氏は声を挙げている。

(つづく)


松岡 秀樹 氏<プロフィール>
松岡 秀樹
(まつおか・ひでき)
インテリアデザイナー/ディレクター
1978年、山口県生まれ。大学の建築学科を卒業後、店舗設計・商品開発・ブランディングを通して商業デザインを学ぶ。大手内装設計施工会社で全国の商業施設の店舗デザインを手がけ、現在は住空間デザインを中心に福岡市で活動中。メインテーマは「教育」「デザイン」「ビジネス」。21年12月には丹青社が主催する「次世代アイデアコンテスト2021」で最優秀賞を受賞した。

(1)
(3)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事