2024年07月13日( 土 )

【加藤縄文道3】歴史文化探訪ツアーへの誘い(3/8-10)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 NetIB-NEWSで「縄文道通信」を掲載している(一社)縄文道研究所の加藤春一代表理事から、「東京湾一周の縄文遺跡探訪の3日間」(3月8~10日)を案内していただいたので、共有する。なお、加藤氏および縄文アイヌ研究会主宰・澤田健一氏が同行するとともに、道中などで解説を行う。以下、加藤氏からの案内文を添付する。

縄文道遺跡、博物館、観光、仲間との語らいツアー

 このツアーの魅力は以下の3点。(1)日本で最初の手づくり、仲間と語らいのツアー、(2)、縄文文化の価値が見学、解説、語らいで自然と理解を深められること、(3)今後も連続的に企画が予定されている長期展望にたっていることです。

 特徴は以下の3点。(1)古代史をめぐり縄文アイヌ説により過去の定説を変えてきた縄文アイヌ研究会主宰の澤田健一氏が全行程同行すること、(2)日本で最初に縄文道を提唱した加藤春一も同様に同行すること、(3)日本一の温泉設計家、故後藤哲也氏の設計の「志らくの湯」を楽しみ、日本一の縄文太鼓奏者の茂呂剛伸氏の演奏を聴きながら縄文ワイン、縄文ラーメン、縄文そばなどを楽しみつつ、縄文文化を語る会です。

関連キーワード

関連記事