2024年04月15日( 月 )

イズミ、地方スーパーのM&A戦略鮮明に マルヨシセンターと2月仕入・物流統合、将来は合併も

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 イズミが地方食品スーパー(SM)の買収戦略を鮮明にしている。1月9日、大分県のサンライフの買収を決めたのに続き2月、四国のマルヨシセンター(高松市)と仕入・物流を統合、実質的な合併効果を引き出す。地方SMは規模が小粒で業績貢献度は大きくないものの、「ゆめタウン」が捕捉できない小商圏を埋め、地域でのシェア拡大につなげられる。後継者難に直面する中堅中小スーパーをイオングループやリテールパートナーズにもっていかれ取り残される危機感も同社を駆り立てる。

※この記事は1月23日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事