2024年04月16日( 火 )

日本人23年出生数は75万人割れ確実 婚姻数も50万組を割り、少子化はさらに加速

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 厚生労働省は27日、人口動態統計の速報値(外国人を含む)を発表した。それによると、2023年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は、過去最少の75万8,631人だった。初めて80万人を割った22年の出生数からさらに5.1%減少した。ただし、今回の速報値には日本で生まれた外国人も含まれているため、日本人のみが対象の確定値ではさらに減り、75万人割れは確実な状況だ。

 また、23年の死亡者数は159万503人で、出生数を引いた人口の自然減は83万1,872人と最大の減少幅になったことも分かった。

 婚姻件数も48万9281組と前年比5.9%減少で、90年ぶりに50万組を下回った。婚外子が少ない日本では、婚姻数の減少が出生数の減少に大きく影響する。出生数に対する婚姻数の影響は数年遅れで現れるため、24年以降もさらなる少子化の進行が予想される。

【寺村 朋輝】

法人名

関連記事