2024年05月21日( 火 )

昴、2024年2月期決算 大幅減益も来期は大幅回復予想

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 12日、学習塾運営の(株)昴(本社:鹿児島市、西村秋代表)は2024年2月期の非連結決算を発表した。それによると、売上高は35億3,000万円(前期比0.5%増)、営業利益は1億4,400万円(同48.6%減)、経常利益は1億6,000万円(同46.3%減)、当期純利益は3,600万円(同83.5%減)で、売上微増、利益大幅減となった。

 決算の要因として同社は、最近の経済情勢として物価高の環境下で教育関連の支出が抑えられたことにより、入塾を先送りする傾向が見られ、3月から春休みにかけての入学者数が前年実績を下回ったことにより、利益が大幅に減少したとしている。

 来期(25年2月期)の業績予想については、売上高は37億2,900万円(前期比5.6%増)、営業利益は2億5,800万円(同78.8%増)、経常利益は2億7,000万円(同67.9%増)、当期純利益は1億6,700万円(同364.5%増)で、大幅な増益を予想している。

【寺村 朋輝】

法人名

関連キーワード

関連記事