2024年06月14日( 金 )

行列つくるフードウェイ 福岡・野間、横浜、長崎に新規出店

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

野間エリアに最先端店舗

急成長する鮮魚
急成長する鮮魚

    3月15日、商業施設「パセオ野間」には文字通り朝から晩まで入庫待ちの車の列が並んだ。この日は新店「フードウェイ野間大池店」の開店日だった。その後も一日2,500名集客できれば多いと評価されるところ、連日3,000名以上の来店が続いている(4月中旬時点)。フードウェイ野間大池店では、アジア商品やオーガニックコーナー、高額ワインなどをそろえる。祖業の精肉部門を中心とする生鮮全般が強みで、とくに鮮魚惣菜や手作りピザ等の売上が好調だ。これまで九州の店舗では、一品1,000円を超える商品はあまり売れなかったが、イクラや鰻など1,000円以上の商品も売上を伸ばしているという。「相応の価値を提供すれば買っていただける」と同社の副社長・後藤英和氏は力強い。

 4月17日には、横浜の商業施設「mioka(ミオカ)」に「上大岡mioka店」を出店。こちらも鮮度・品ぞろえが消費者の支持を集め、カード会員の入会希望者が相次いでいるという。

長崎市内初出店はスタジアムシティ

強みの精肉売場
強みの精肉売場

    そしていよいよ10月14日、長崎市で建設中の「長崎スタジアムシティ」への出店も迫ってきた。長崎スタジアムシティは、サッカースタジアムを中心とした複合施設で、商業施設やオフィス、ホテル、アリーナからなるビッグプロジェクトだ。フードウェイは最先端と地域密着の品ぞろえを融合させて、広域展開で成功を治めてきた。「同じ九州でも基礎調味料や肉、魚の嗜好もさまざま」(後藤氏)。商業施設への出店を得意としてきた同社でも、サッカースタジアムを備えた大型複合施設への出店経験はなく、さらに長崎という立地の特性もあり、試行錯誤の様子が見て取れる。

 柔軟な店づくりで消費者をあっと言わせてきた「フードウェイ」の取り組みが奏功するか、注目したい。


<COMPANY INFORMATION>
(株)フードウェイ

代表取締役社長 :後藤 圭介
代表取締役副社長:後藤 英和
代表取締役専務 :後藤 和洋
所在地:福岡市早良区高取1-2-22
設 立:2000年6月
資本金:5,000万円
TEL:092-852-8170
URL:https://www.foodway.co.jp

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事