2024年06月13日( 木 )

ホームセンター上場大手5社の2~3月期決算 増収増益はコーナン1社、M&Aで明暗別れる

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 ホームセンター上場大手5社の2024年2~3月期決算は、増収・経常増益がコーナン商事1社で、DCMホールディングスは増収減益、コメリとアークランズ、ナフコは減収減益と明暗が別れた。5社とも既存店が苦戦したが、M&Aを実施したかどうかで差が出た。

 コーナンは昨年6月買収したホームインプルーブメント(HI)ひろせと工具卸チェーンの建デポが寄与し、営業収益は7.7%増、経常は9.0%増となった。HIひろせは23年5月期の営業収益308億円、経常利益6億5,000万円で、24年2月期は同社の8カ月分が加わった。コーナンは前期、建デポを含めグループで30店を出店した。

※この記事は4月30日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事