• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月26日 07:03

自然災害は日本人の宿命(後)~災害は『忘れる前』に 濱口和久「本気の安保論」 

拓殖大学地方政治行政研究所客員教授 濱口 和久 氏

 92年前の9月1日に発生した関東大震災は、10万5,000人以上という多くの尊い命を奪い、かろうじて生き延びた人々を、建築物を倒壊または焼失させることで路頭に迷わせた。それだけではない。その深い爪痕は国家財政を逼迫し、国民全体の負担となって長く残されたのである。その経済的被害規模は、当時の国民総生産(GNP)推定値の35パーセントにあたる55億円に匹敵するものだ。これは前年度の一般会計予算の実に約3.7倍にもなる、とてつもない金額であった。

30年以内に70パーセントの確率

tokyo 関東大震災の発生は、まったく予測されていなかったというわけではなかった。この点において、現代を生きる日本人は、教訓を得なければならない。

 地震学者の今村明恒博士は、明治38(1905)年、過去の「地震発生の周期説」に基づいて、今後50年以内に東京で巨大地震が発生すると警告し、震災対策についての記事「市街地に於ける地震の生命財産に對する損害を軽減する簡法」を雑誌『太陽』に寄稿した。この記事は、他の地震学者からは「世情を煽る浮説」として批判を受け、「ホラ吹きの今村」と中傷された。しかし、今村博士の警告したとおり、18年後に東京を中心とした関東全域を襲う巨大地震が起こった。それが関東大震災である。

 現在、首都直下地震や南海トラフ巨大地震(東海、東南海、南海地震が同時に起こる3連動地震)が、過去の地震発生の周期などから「今後30年以内に70パーセントの確率で起こる」と予想されている。世界各地で起きている地震の約10パーセント、マグニチュード6クラスの地震の約4分の1が、日本列島に集中していることも忘れてはならない。

備えあれば憂いなし

 一般的に、戦争や紛争は、人種、民族、宗教、国家間同士の対立から起こるものであり、人間に理性が働けば回避することは可能である。それに対して、自然が引き起こす災害は、現代の科学技術で防ぐことは難しい。つまり、人間は自然災害に対しては無力でしかないと言える。地球物理学者の寺田寅彦博士は、「災害(天災)は忘れた頃にやってくる」という言葉を残したが、私たちが暮らす日本列島に限って言えば、近年における自然災害の発生頻度を見る限り、「災害は忘れる前にやってくる」という時代に突入していると言える。

 事実、4年半前の東日本大震災以降、地震に限らず、台風や豪雨、川の氾濫や土砂崩れ、火山の噴火など、さまざまな自然災害が日本列島で頻発していることは周知の通り。もはや、日本人は自然災害から絶対に逃げることができないという運命を自覚しなければならない。とくに、首都直下地震や南海トラフ巨大地震がひとたび起きれば、壊滅的な被害を受ける可能性が極めて高い。「備えあれば憂いなし」ということわざがあるが、少しでも被害を少なくするためには、この精神こそが必要なのだ。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop