2024年07月19日( 金 )

フラワーショー開催で「花による共創のまちづくり」を~福岡市

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

    高島宗一郎福岡市長は11日、記者会見において、同市が花をテーマとしたMICE、「Fukuoka Flower Show」の実現に向けてチャレンジすると発表した。高島氏によると、「花による共創のまちづくり」という点で世界最高峰のモデルが毎年ロンドンで開催されるChelsea Flower Show(チェルシーフラワーショー)。世界から20万人以上が集まる同ショーにより、ガーデン文化の定着による市民生活の質の向上がもたらされるほか、観光・MICEを推進し、社交・ビジネスも促進されているとして、それを福岡市でも実現したいという。

 今年度(2025年3月予定)に開催予定の「花の祭典」を「Fukuoka Flower Show」のプレ大会と位置付け実施、その1年後、令和7年度(26年3月予定)に「Fukuoka Flower Show」の本格的な第1回大会の開催を目指すという。福岡市はチェルシーフラワーショーの主催者である英王立園芸協会の協力を得る予定としている。

 福岡市は市民・企業・行政が一体となった「花による共創のまちづくり」を目指し、18年1月から「一人一花運動」を行っている。

【茅野雅弘】

法人名

関連記事