2024年07月19日( 金 )

イオン九州が電子レシート導入 ペーパーレス化へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 イオン九州(株)(本社:福岡市博多区、中川伊正代表)は21日から、320の関連店舗で電子レシート(レシートレス機能)の導入を開始する。スマートフォンアプリ「iAEON」を利用する顧客を対象としたもの。電子レシートの導入によって、イオングループで年間約7.8万本分の樹木に換算されるロール紙が削減されるとしている。

 電子レシート画像をスマートフォンに保存する機能も搭載し、紙のレシートと同様に返品や領収書発行にも対応する。導入される店舗は九州内の「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」「マックスバリュエクスプレス」「ザ・ビッグ」「ホームワイド」「イオンバイク」など。

 なお、21日から8月31日までの期間に電子レシートを利用した顧客に対して、「WAON POINT」の進呈や抽選でエコグッズのプレゼントを実施する。

【田中直輝】

関連記事