2024年07月19日( 金 )

【倒産】(株)SCホールディングスほか1社 塾経営

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

民事再生法申請
負債総額 56億円(2社合計)

 (株)SCホールディングスと関連の(株)個別指導塾スタンダードは6月28日、福岡地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は舞田靖子弁護士(舞田法律事務所、福岡市中央区天神1-14-4、電話:092-725-2500))。監督委員は山本紀夫弁護士(TMI総合法律事務所福岡オフィス、福岡市博多区博多駅前2-19-22、電話:092-402-1120)。負債総額は2社合計で約56億円(金融債務50億円、一般債務6億円)。

 同社は2011年11月に設立された塾経営業者。「個別指導塾スタンダード」を展開し、ピーク時の18年にはグループで90億円の売上高を計上していた。急速に事業を拡大した同社だったが、コロナ禍に入って売上高が急落。コロナ前の学生数2万5,000人が4,000人にまで減少し、売上高も23年4月期では25億円にまで低下していた。本社移転など経費削減のリストラを進めたが売上減少に追いつかず行き詰った。

 現在、スポンサー候補者などからDIPファイナンスによる支援を受け、事業を継続している。今後は複数のスポンサー候補者からスポンサーを選定後、民事再生計画の策定に進む方針。

業種 塾経営
所在地 福岡市博多区綱場町6-15
設立 2011年11月
資本金 5,000万円

関連記事