わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月02日 10:32

韓国経済ウォッチ~アップル、最高益を更新 韓国経済ウォッチ 

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 アップルが過去最高の記録を塗り替えたことが、業績発表で明らかになった。世界のスマホ市場の成長が鈍化しているなかで、アップルだけは快進撃を続けている。これによって、アップルはスマホ市場の利益を独り占めする傾向がますます強まっている。

apple アップルは10月27日、今年の7月~9月の業績を発表した。売上高は515億ドルで、純利益は111億ドルである。前年同期対比で売上高は22%、純利益は31%を伸ばしている。このなかで、iPhoneの販売台数は4,800万台になっており、売上高の63%を占めている。新製品であるiPhone6sとiPhone6s Plusの販売期間は、第3四半期には2日間だけカウントされて、前のモデルであるiPhone6とiPhone6 Plusの販売実績が今回の数値である。すなわち、前モデルが1年近く販売好調を維持したことを物語っている。
 とくに、アップルの売上の伸びに勢いを与えた地域は、中国である。香港、台湾を含めた中華圏の売上高は125億ドルで、前年同期対比2倍くらいの成長を遂げている。これは、全体の売上の4分の1に該当する。今後、中国市場の成長にアップルの将来がかかっていると言っても過言ではないくらい、アップルの中国へのウェイトが高まっている。

 カナダの投資分析会社によると、今年の第1四半期の世界スマホ市場の総営業利益の92%をアップルが占めているとのことだ。一方、サムスン電子は同期間の営業利益の15%を占めている。両社の営業利益を合計すると100%を上回ってしまうのは、営業損失を記録している会社が存在するからだ。アップルとサムスン電子以外はスマホ事業で、かろうじて損益分岐点に到達しているか、赤字を出しているということになる。スマホ市場は競争が激化していて、製品を販売しても現実的には利益を出せない企業が多数を占めているようだ。
 2013年第3四半期にアップルは全体営業利益の56%を、サムスン電子は52%を占めていたが、その後、サムスン電子もアップルに水を開けられている状況だ。サムスン電子の営業利益率の割合が下がってしまった理由は、サムスン電子はプレミアム商品ではアップルに市場を奪われ、中低価格のスマホでは中国メーカーと競争するため中低価格品を投入せざるを得なくなり、その販売比重が増加しているからだ。

 サムスン電子がスマホ市場の市場占有率で1位に上がったのは12年で、その後、出荷売台数は伸ばしてきたが、今年、初めて出荷台数が前年対比で減少しそうだ。業界の予想では、前年対比1%ほど減った3億2,350台の出荷が見込まれている。出荷台数の減少理由は、ファーウェイ、シャオミ、レノバなどの中国メーカー3社の世界シェアがすでに20%になり、急激に成長していることと、それに反して市場はむしろ成長が鈍化しているからだ。

 サムスン電子の苦戦を尻目に、アップルは第4四半期にも史上最高の実績になることが予想されている。大きな画面への買い替え需要の増加、アンドロイドフォンからiPhoneへの買い替えが、今後、増えていくことを予想している。中国ではiPhoneが、1つのブランド品として定着しつつあるようだ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop