2021年12月02日( 木 )
by データ・マックス

三井不動産レジデンシャル、大濠2丁目計画進行中

osirase 横浜市の大型マンションが傾いたことで、販売元として注目を集める三井不動産レジデンシャル(株)(本社:東京都中央区、藤村清隆代表)だが、福岡市中央区大濠でマンション事業に着手している。

 建築物の名称は「(仮称)福岡市中央区大濠二丁目計画 新築工事」。建設予定地となるのは大濠2丁目13区151番の一部外。建築主は九州支店。設計者は(株)サニム建築事務所(本社:福岡市中央区、中村武生代表)。

 建築物の概要は共住RC造11階建。延べ面積は4,999m2で、戸数は43戸。

oudanmaku

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 

関連記事