• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月18日 13:55

現代アートは資本主義を最も先鋭的に表現する!(1)

15<

東京画廊代表取締役社長 山本豊津氏

 フランスの経済哲学者、セルジュ・ラトゥーシュは「今の消費社会は、成長経済によって支えられているが、その成長は人間のニーズを満たすための成長ではなく、成長を止めないための成長だ」と言っている。現在、日本でだけでなく、世界中がこの資本主義社会の成長(拡大再生産)システムに限界を感じている。では、私たちはこの先に何を見ることができるのだろうか
今注目の近刊『アートは資本主義社会の行方を予言する』(PHP新書)の著者で、日本屈指の画廊「東京画廊」オーナー、山本豊津氏に聞いた。山本氏は「現代アートは難しくてわかりにくいものではなく、現代社会に起こるすべての事象に関わる“価値”と“意味”を持っている」と語る。

「アート」と「資本主義」が並ばない日本は大丈夫か
 ――今、巷で話題となっている先生の近刊のタイトルでは、「アート」という言葉と「資本主義」という言葉が並んでいます。少し、違和感を持ちました。この本をお書きになった動機から教えていただけますか。
東京画廊代表取締役社長  山本 豊津 氏

 山本豊津氏(以下、山本) 僕は美術商です。狭い意味の“アート(美術・芸術)”そのものに埋没してしまっては、仕事になりません。美術商は、マネージメントを、資本主義を理解していないと、欧米では商売が難しいのです。

たとえば、日本の上野にある国立西洋美術館でレオナルド・ダヴィンチ作「モナリザの微笑」の展覧会を開催するとします。そうすると、パリのルーヴル美術館から日本までの輸送代はいくらなのか、保険はいくらなのか、為替はどう処理するのかなど、多くの問題について検討しなければなりません。とくに保険の問題は大事なのですが、作品に値段がついていなければ、保険は掛けられません。

しかし、私は約8年、武蔵野美術大学で教えていますが、たとえば芸術文化学科には、経済学の授業はありません。これは同大学だけでなく、日本の美術大学のほとんどすべてに共通したことです。一方、欧米の美術・芸術大学では経済学を学ぶことができます。1766年に創業した世界で最も長い歴史を誇る美術品オークションハウスであるクリスティーズでは美術学校を経営しています。別の例で言えば、日本では建築学科は工学部にありますが、
ヨーロッパでは芸術学部にあります。このことは、建築・芸術が社会と強く、密接に繋がっていることを如実に表しています。

純粋にものを創る美術家、芸術家になる方を含めて、社会に出て、美術・芸術関係の仕事をしていく場合、資本主義のことなど、経済学の知識がないと話にならないわけです。
逆説的な言い方になりますが、「アートと資本主義が並んでいない日本は本当に大丈夫なのか」とさえ感じてしまいます。
『資本主義という謎』という本を読んで意を強くしました
 ――なるほど、目から鱗です。日本は、とくに大学関係者の間では、「美術・芸術は実態経済と関係してはいけない」とか、「経済学者は現実の政治と関係してはいけない」などといった漠然としたイメージがあります。

 山本 日本は文化と政治も大きく離れています。これはまったく意味のないことで、誤っていると考えています。それは、そもそも政治というのは、文化そのものだからです。イギリスやフランスの民主主義と日本の民主主義は異なります。欧米からやって来た民主主義は、日本列島に入った時点で、日本様式の民主主義に変化を遂げるわけです。

私は常日頃から以上のようなことを考えて参りましたが、ある時『資本主義という謎』(※注1)という本に出会い、意を強くしました。この本は対談形式で構成されているのですが、対談者の1人である大澤真幸氏は社会学者で、政治・経済のみならず、文化・芸術まで幅広い視点から、その謎に迫っています。もう1人の水野和夫氏は、私も対談をしましたが、その著書『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)を通じてご存知の読者も多いと思います。水野氏は『資本主義の終焉と歴史の危機』を、演出家である鈴木忠志氏(※注2)の演劇を見て書こうと思ったそうです。『リア王』や『ヴェニスの商人』など、シェィクスピア作品のなかには、資本主義、そして経済の問題がたくさん散りばめられています。


(つづく)
【金木 亮憲】

【注1】『資本主義という謎』(NHK出版新書)水野和夫&大澤真幸著
なぜ西洋で資本主義が誕生したのか、そして支配的なシステムになりえたのか? 経済のみならず、私たちの生き方をも規定している資本主義の本質について、16世紀からの歴史をふまえ、宗教・国家・個人との関係にいたるまで徹底討論している。

【注2】鈴木忠志氏 演出家
「早稲田小劇場」出身で、1976年より富山県利賀村に活動の拠点を移し、それ以来、合掌造りの利賀山房など5つの劇場を舞台に作品を作り続けている。
「ミクロサロン」2015
12月11日(金)~26日(土)の期間、東京画廊+BTAPでは、1年の最後を締めくくる展覧会として、国内外問わず新世代からキャリアを積んだベテランアーティストまでの作品を一挙に、銀座ギャラリーに展示する。

<プロフィール>
山本 豊津(やまもと・ほづ)
東京画廊代表取締役社長。1948年、東京生まれ。71年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。元大蔵大臣村山達雄秘書。2014、15年アート・バーゼル(香港)、15年アート・バーゼル(スイス)へ出展、日本の現代美術を紹介。アートフェア東京のコミッティ、全銀座会の催事委員を務め多くのプロジェクトを手がける。02年には、弟の田畑幸人氏が北京にB.T.A.P(BEIJING TOKYO ART PROJECTS)をオープンした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

新社長「新しいことにチャレンジ」 マンション新築ベースに土木強化へNEW!

 1947年5月、吉弘七平氏が建築工事を目的に個人創業したのが旭工務店の始まり。96年4月には吉弘直彦氏(現会長)が実質2代目の代表取締役社長に就任し、吉弘一族による...

2020年12月05日 07:00

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(4)NEW!

 麻生グループは、1872年に麻生太吉氏が福岡県筑豊で炭鉱事業に踏み出したことが始まりで、石炭、セメントで財を成した筑豊の名門だ。(株)麻生は福岡県飯塚市を拠点に病院...

2020年12月04日 18:35

第一生命の保険金詐欺~問われる徳山分室の対応

 第一生命保険は10月2日、女性保険外交員の金融詐欺事件を発表。その女性外交員は西日本マーケット統括部徳山分室に勤務していた正下文子特別調査役。客に架空の金融取引をも...

2020年12月04日 16:51

【立憲民主党・枝野代表インタビュー】GoToは「国が決めるべき」と菅政権の不信任案提出に否定的

 Go Toトラベル東京除外で、菅首相と小池知事の責任のなすり合いにより、その決定が遅れていることについて、枝野代表は国が決めるべきと強調しながら、即断即決をしない菅...

2020年12月04日 15:38

林眞須美死刑囚に訴えられた鑑定医 週刊ポストを巻き込み、不穏な事態に(前)

 1998年にヒ素中毒で67人が死傷した和歌山カレー事件で、無実を訴えながら死刑確定した林真須美死刑囚(59)が鑑定医を相手取り、損害賠償請求訴訟を起こしていたことが...

2020年12月04日 15:06

ドンキHD前社長逮捕~熱い思いが口をつくこともある

 (株)ドンキホーテホールディングス(現・(株)パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)の前社長である大原孝治容疑者が、金融商品取引法違反の取引推奨の...

2020年12月04日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」12月3日発表 福岡労働局分

 12月3日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

日本暗黒化加速させる菅秘密警察政治

 菅義偉氏と小池百合子氏の合言葉「五輪を止めるな」「Go Toを止めるな」。2人とも思考方式が同一だ...

2020年12月04日 11:58

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(3)

 改正卸売市場法施行で、規制が緩和され、水産界に風穴を開けてきた三陽社長の長谷氏に好機が到来した。長谷氏は従来営業本部、海外事業本部を担当していたが、東都水産が6月1...

pagetop