• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月18日 13:55

現代アートは資本主義を最も先鋭的に表現する!(1)

15<

東京画廊代表取締役社長 山本豊津氏

 フランスの経済哲学者、セルジュ・ラトゥーシュは「今の消費社会は、成長経済によって支えられているが、その成長は人間のニーズを満たすための成長ではなく、成長を止めないための成長だ」と言っている。現在、日本でだけでなく、世界中がこの資本主義社会の成長(拡大再生産)システムに限界を感じている。では、私たちはこの先に何を見ることができるのだろうか
今注目の近刊『アートは資本主義社会の行方を予言する』(PHP新書)の著者で、日本屈指の画廊「東京画廊」オーナー、山本豊津氏に聞いた。山本氏は「現代アートは難しくてわかりにくいものではなく、現代社会に起こるすべての事象に関わる“価値”と“意味”を持っている」と語る。

「アート」と「資本主義」が並ばない日本は大丈夫か
 ――今、巷で話題となっている先生の近刊のタイトルでは、「アート」という言葉と「資本主義」という言葉が並んでいます。少し、違和感を持ちました。この本をお書きになった動機から教えていただけますか。
東京画廊代表取締役社長  山本 豊津 氏

 山本豊津氏(以下、山本) 僕は美術商です。狭い意味の“アート(美術・芸術)”そのものに埋没してしまっては、仕事になりません。美術商は、マネージメントを、資本主義を理解していないと、欧米では商売が難しいのです。

たとえば、日本の上野にある国立西洋美術館でレオナルド・ダヴィンチ作「モナリザの微笑」の展覧会を開催するとします。そうすると、パリのルーヴル美術館から日本までの輸送代はいくらなのか、保険はいくらなのか、為替はどう処理するのかなど、多くの問題について検討しなければなりません。とくに保険の問題は大事なのですが、作品に値段がついていなければ、保険は掛けられません。

しかし、私は約8年、武蔵野美術大学で教えていますが、たとえば芸術文化学科には、経済学の授業はありません。これは同大学だけでなく、日本の美術大学のほとんどすべてに共通したことです。一方、欧米の美術・芸術大学では経済学を学ぶことができます。1766年に創業した世界で最も長い歴史を誇る美術品オークションハウスであるクリスティーズでは美術学校を経営しています。別の例で言えば、日本では建築学科は工学部にありますが、
ヨーロッパでは芸術学部にあります。このことは、建築・芸術が社会と強く、密接に繋がっていることを如実に表しています。

純粋にものを創る美術家、芸術家になる方を含めて、社会に出て、美術・芸術関係の仕事をしていく場合、資本主義のことなど、経済学の知識がないと話にならないわけです。
逆説的な言い方になりますが、「アートと資本主義が並んでいない日本は本当に大丈夫なのか」とさえ感じてしまいます。
『資本主義という謎』という本を読んで意を強くしました
 ――なるほど、目から鱗です。日本は、とくに大学関係者の間では、「美術・芸術は実態経済と関係してはいけない」とか、「経済学者は現実の政治と関係してはいけない」などといった漠然としたイメージがあります。

 山本 日本は文化と政治も大きく離れています。これはまったく意味のないことで、誤っていると考えています。それは、そもそも政治というのは、文化そのものだからです。イギリスやフランスの民主主義と日本の民主主義は異なります。欧米からやって来た民主主義は、日本列島に入った時点で、日本様式の民主主義に変化を遂げるわけです。

私は常日頃から以上のようなことを考えて参りましたが、ある時『資本主義という謎』(※注1)という本に出会い、意を強くしました。この本は対談形式で構成されているのですが、対談者の1人である大澤真幸氏は社会学者で、政治・経済のみならず、文化・芸術まで幅広い視点から、その謎に迫っています。もう1人の水野和夫氏は、私も対談をしましたが、その著書『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)を通じてご存知の読者も多いと思います。水野氏は『資本主義の終焉と歴史の危機』を、演出家である鈴木忠志氏(※注2)の演劇を見て書こうと思ったそうです。『リア王』や『ヴェニスの商人』など、シェィクスピア作品のなかには、資本主義、そして経済の問題がたくさん散りばめられています。


(つづく)
【金木 亮憲】

【注1】『資本主義という謎』(NHK出版新書)水野和夫&大澤真幸著
なぜ西洋で資本主義が誕生したのか、そして支配的なシステムになりえたのか? 経済のみならず、私たちの生き方をも規定している資本主義の本質について、16世紀からの歴史をふまえ、宗教・国家・個人との関係にいたるまで徹底討論している。

【注2】鈴木忠志氏 演出家
「早稲田小劇場」出身で、1976年より富山県利賀村に活動の拠点を移し、それ以来、合掌造りの利賀山房など5つの劇場を舞台に作品を作り続けている。
「ミクロサロン」2015
12月11日(金)~26日(土)の期間、東京画廊+BTAPでは、1年の最後を締めくくる展覧会として、国内外問わず新世代からキャリアを積んだベテランアーティストまでの作品を一挙に、銀座ギャラリーに展示する。

<プロフィール>
山本 豊津(やまもと・ほづ)
東京画廊代表取締役社長。1948年、東京生まれ。71年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。元大蔵大臣村山達雄秘書。2014、15年アート・バーゼル(香港)、15年アート・バーゼル(スイス)へ出展、日本の現代美術を紹介。アートフェア東京のコミッティ、全銀座会の催事委員を務め多くのプロジェクトを手がける。02年には、弟の田畑幸人氏が北京にB.T.A.P(BEIJING TOKYO ART PROJECTS)をオープンした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月19日 06:00

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(6)NEW!

 しかし、社会において人的資本としての存在意義しか与えられない以上、人々は「自分の活動や人生設計を自由に選択することなどできないし、欠乏と不平等の世界にいながら...

2021年06月19日 06:00

旅の本質に見え隠れするもの(後)NEW!

 明治期以前の旅は馬や駕籠を利用するという方法もあったが、自分の足で歩くことが基本だった。旅とは、「住む土地を離れて、一時ほかの土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠...

2021年06月18日 17:52

【6/16~27】イムズが閉店前イベントを開催「BOOK at ME」

 8月末に閉館するイムズにおいて、ファイナルイベントの1つとなる「BOOK at ME」が今週から開催されている...

2021年06月18日 16:30

コロナ用ワクチンは安全か?世界で広がる疑念や疑問の声

 世界各地でコロナ用ワクチンの争奪戦が繰り広げられている。今やワクチン・メーカーにとっては「売り手市場」と言っても過言ではないだろう。菅総理も先のワシントン訪問の折、...

2021年06月18日 16:00

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(29)~新福岡空港島(案)配置のオリジナル検討(4)

 さて、ここで確認しておかなければならないのは、実はこれまでは、滑走路配置をクロースパラレル方式で、空港島の大きさを約530haで検討を行っていたということだ...

菅義偉氏が必ず不幸になる理由

 菅義偉氏も最低最悪の首相。最低最悪の首相が続く。だが、原因をつくったのは日本の国民。選挙で自公に多数議席を与えた結果として現在の状況がもたらされている...

2021年06月18日 14:18

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(5)

 日本だけでなく、新自由主義を導入した先進資本主義諸国はことごとく、豊かな社会を実現するどころか不正と貧困の蔓延する不幸な分断社会に堕している。しかも、肝心の「世界大...

2021年06月18日 13:41

【福岡県】中小企業へ月次支援金を給付

 福岡県は新型コロナ感染症緊急事態措置またはまん延防止等重点措置にともなう、飲食店の休業・営業時間短縮や外出の自粛等の影響により、売上が大きく減少している中小企業者に...

2021年06月18日 13:32

【福岡県】緊急事態宣言解除、7月11日までまん延防止等重点措置へ移行 協力金を引き続き支給

 政府は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け10都道府県に発出している緊急事態宣言について、20日をもって沖縄県を除く9都道府県の宣言を解除し、うち福岡県を含む...

pagetop