• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月20日 14:40

隠蔽・押し付け 謝罪会見に映った企業体質~三井住友建設

発覚後1カ月 ようやく謝罪

ダウンロード (19)建設業界の重層構造や納期やコストのプレッシャーについての報道が始まり、杭工事業者の意見がメディアで報道されるようになり、元請の責任問題もクローズアップされるようになった。そして、11月11日、三井住友建設が問題発覚以降、初めて会見した。そのなかで、工事全体の管理責任を認めて謝罪したが、施工ミスの責任は、下請の旭化成建材にあるとの主張を繰り返した。三井住友建設の永本芳生副社長は「杭工事の不具合とデータ流用を見抜けなかったことが最大の責任」と述べた。しかし業界関係者からは、「ゼネコンが杭工事(その他も含め)の現状を知らないわけがない」という声がほとんど。杭の長さが足りない場合、様々な追加コストが発生してくる。さらには納期も迫る。不具合が生じても、下請はゼネコンの現場監督には言えない。そして、下請が言ってこないこともゼネコンは知っているのだ。

 また「旭化成建材を信頼していたが、裏切られた」と述べたほか、元請の管理責任を問われると、「管理体制に落ち度はなかった。試験的に打つ杭に立ち会い、残りは施工報告書で確認すればよいとする国交省の標準仕様書に沿った対応だった」としたが、現場で杭打ち工事をどれだけチェックしていたかについては明らかにしていない。

 会見を見た人には、どれだけのことが伝わったのだろうか。同社経営陣は説明責任を十分に果たさず、自社の責任問題が報道され始めた。「そろそろ謝罪しておこう」という意味合いにしか取ることができない。本来ならば、10月20日の旭化成建材の会見に同席し、工事の工程を説明しながら、どの部分で不具合が起きたのか。そして、今後はどのように再発防止を行うかまで、説明すべきところである。そういう意味では、この会見で全国に伝わってしまったものは、下請への責任の押し付け、自社の責任逃れだけであろう。この会見を見て、怒りに震えた下請業者は少なくないだろう。
隠蔽、押し付け体質は変わらず
 同社を知る、業界関係者は次のように語る。「スーパーゼネコンにしろ、地場ゼネコンにしろ、現場担当者(所長)によって大きく現場の雰囲気も変わります。何十年も生き残っている会社ですから、それぞれに技術力は当然あります。スーパーも準大手ゼネコンも、現場にはそんなに技術力や対応に大きな差は感じない。そういう意味では、現場レベルでは企業体質というものは、なかなか見えてこないでしょう。しかし、三井住友の場合は、旧財閥系から継承してしまっている「上からの圧力」、つまり「下への押し付け」が強い体質。これは他とは違って、感じます。主要な取引先が三井・住友グループなので、それほど衝突の起きることもない。大きな問題が起きれば、外に出る前に内々にもみ消すこともできるでしょう。今回の会見を見て、隠蔽・責任の押し付けが表れていると感じました。」

 また専門工事業者からはこんな声も。「売上高では日本で10本の指に入るだろうが、同規模クラスのゼネコンと比較すると、技術力は低い。逆にレベルが低いので、専門業者のペースで仕事ができる。スーパーゼネコンでは、管理の厳しいところはいくらでもある。そういう意味では仕事がしにくい面もあるが、三井住友建設は任せっきりで、こちらとしては仕事はしやすい。丸投げで、『あとは頼んでおくね』『近隣から苦情がきたから、静かにやって。』ぐらいのもの。あの会見を見て、『レベルの低い会社』だと、どのゼネコンも思ったでしょう。」
三井住友建設の今後
 全社でこれまでの施工調査に追われており、実質的な営業は行えていないと想像できる。今の状況で、営業しても契約しようとする施主はいないのではないか。施工中の物件では、一時停止、再調査もありえる。完工しないと売上は立たず。そうなれば、資金も火の車。旧財閥系といえど、金融機関も黙って付き合うわけにはいかないだろう。さらに、モチベーションが下がった社員の流出も考えられる。業界は人材不足。支店長クラスには、別のスーパー・準大手ゼネコンから引き抜きの話も来ていると聞く。さらにその先には賠償責任もある。現時点で、光明は一筋も見当たらない。
【東城 洋平】

▼関連リンク
・「ゼネコンは全部知っている」~専門家が語る旭化成建材のデータ偽装(前)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センターNEW!

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)NEW!

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

2020年06月04日 15:16

「6・4」天安門事件31周年 香港は追悼集会が禁止に

 6月4日で1989年の天安門事件から31周年を迎える。中国では事実上、同事件に関する活動は禁止されているが、香港で翌1990年以降毎年6月4日に追悼活動が行われてき...

2020年06月04日 14:43

【学歴詐称疑惑】再燃!女帝の学歴をめぐる疑惑~小池都知事の「カイロ大首席卒業」は本当か

 18日告示の「東京都知事選(7月5日投開票)」がようやく動き出した。ホリエモンこと堀江貴文氏の出馬も取り沙汰されるなか、過去2回の都知事選出馬経験がある宇都宮健児弁...

pagetop