• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月25日 15:21

漫画・アニメの夜明けを演出した加藤謙一!(前)

 11月21日(土)の午後6時、池袋にある豊島区生活産業プラザ8F多目的ホールで第6回「トキワ荘フォーラム」が開催され、80名を超える参加者があった。第1部の基調講演は「『漫画少年』とトキワ荘の時代―世界的なアニメブームのルーツを探るー」と題して、独立行政法人国立公文書館館長の加藤丈夫氏が登壇した。
なぜ、彼らがトキワ荘に住むようになったのか
 加藤丈夫氏は富士電機株式会社会長、企業年金連合会理事長、日本経済団体連合会労使関係委員長、経済同友会幹事、学校法人開成学園理事長など歴任した財界の重鎮である。しかし、今回はこれらの経歴とは違うもう1つの顔、講談社『少年倶楽部』編集長を歴任、『漫画少年』(学童社)を創刊して、「日本漫画・アニメの夜明けを演出した」伝説の編集者、加藤謙一氏の四男としての登壇である。

 日本の漫画・アニメは、今日本が誇るクールジャパンの旗手であることは論を待たない。そして、そのルーツが「トキワ荘」にあることは、日本はもちろん、欧米、中国、台湾など世界の子供、若者に知られている。その理由は、トキワ荘が手塚治虫を筆頭とする日本を代表する漫画家たちの「梁山泊」だったからである。では、なぜ、彼らがトキワ荘に住むようになったのか。加藤氏の話はそれを解き明かしてくれた。
学童社という会社を興して少年雑誌を発行する
 加藤謙一氏(加藤丈夫氏の父)は25歳で講談社に入社、その3カ月後に、『少年倶楽部』編集長に異例の抜擢を受け、在任中に最大発行部数を80万部まで伸ばし、1945年に49歳の若さで取締役に就任している。しかし、終戦と同時に講談社を退社、その後、『野球少年』(尚文館)の発行を手伝っていたが、1947年には公職追放になり、完全に無職となった。

 同じ1947年の初秋、ある日曜の午後、謙一氏は、家族たちに自分の書斎に集まるように声をかけ、「今度、わが家では、学童社という会社を興して少年雑誌を発行することになった。残念ながら、私は公職追放になる身だから、社長はお母さんになってもらう。雑誌の名前は『漫画少年』と決めた。経理などは親戚の人に手伝ってもらうつもりだが、『漫画少年』を作るのは、ここに集まった家族全員だ。皆で力を合わせてどうしても成功させなくてはいかん。よろしく頼むよ」と演説した。その時、家族全員がキョトンとしたそうである。それもその筈で、この時、加藤家には7人の子供がいたが、1番上が19歳の長女で、丈夫氏は小学生3年生、1番下は生まれたばかりの赤ちゃんだったからである。
漫画家志望の少年たちの投稿を中心に編集する
 雑誌『漫画少年』の発行は決まったが、学童社には資金力がない。有名作家には中々頼めない。そこで、謙一氏が考えたのは全国の優秀な漫画家を志す少年たちの投稿を中心に編集構成することであった。入選者は名前と作品が載ると同時にメダルも貰えた。そのうち、「『漫画少年』の選考は厳しいが、入選すればかなり認められる」という評判が広がっていく。何度か入選して、いくつもメダルを持っていることが、漫画家を志す全国の少年たちの間でステイタスのようになっていくのである。

 そんなある時、謙一氏は何の前触れもなく、フラリと訪ねてきた、手塚治虫と運命的な出会いをする。そして、手塚治虫がその時に持っていた原稿「ジャングル大帝」の『漫画少年』連載を即決している。これが謙一氏と謙一氏を“父のように慕う”手塚治虫との長く続く交際の始まりである。その後、「ジャングル大帝」で東京デビューした手塚治虫は、すぐに連載を7、8本抱える超人気作家になり、各社の編集者に追い回され雲隠れしてしまうようになった。
手塚治虫と一緒に生活して一緒に仕事ができる
 そこで、謙一氏は一計を案じた。当時学童社で漫画家の世話係をしていた宏泰氏がちょうど結婚して「トキワ荘」に住んだ機会に、その「トキワ荘」に手塚治虫も一緒に住むことを勧めたのである。そうすれば、どこに雲隠れしても、最終的にはトキワ荘に帰って来ると考えたからである。

 その後も『漫画少年』に入選常連の少年が上京、学童社を訪ねて来ると謙一氏はトキワ荘に住むことを勧めている。もちろん、彼らは手塚治虫と一緒に生活できる、一緒に仕事ができると言うだけで皆大喜びだった。そして、寺田ヒロオ、藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水野英子など戦後を代表する漫画家たちが住むようになっていった。

 最後に加藤氏は、「現在の漫画には暴力や性描写のものが増えているが、今欧米でもアジアでも認められているものの多くは、『漫画少年』時代のもの(ロマン、夢、ヒロイズム)が多いのではないか」と結んだ。
~『漫画少年』創刊の言葉~
漫画は子供の心を明るくする 漫画は子供の心を楽しくする
だから子供は何より漫画が好きだ
漫画少年は子供の心を明るく楽しくする本である
漫画少年には、子供の心を清く正しく育てる小説と読み物がある
どれもこれも傑作ばかり、
日本の子供たちよ、漫画少年を読んで清く明るく正しく伸びよ!

(つづく)
【金木 亮憲】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月16日 07:00

法人向け定期保険販売再開~確認したい変更点

 2019年6月28日付で、国税庁より「法人税基本通達」などの一部改訂が発表され、法人で加入する定期保険などの保険料に関する経理処理方法が変更となりました。新たな経理...

2019年09月16日 07:00

中国大手デベ万科企業と提携 華東地域のプロジェクトを狙う

 三菱地所(株)は5月、中国の大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携協議書を締結した。中国の一大経済圏で成長著しい長江デルタの不動産開発プロジェクトについて、両社は...

2019年09月15日 07:00

国産めんまの市場を生み出し、放置竹林を再資源化

 日本国内市場で流通するめんまの99%が、中国・台湾産の麻竹(まちく)を原料とするものである。国産の孟宗竹(もうそうちく)に対する需要は限られており、竹が生い茂る里山...

2019年09月14日 07:00

【9/14】第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」開催

 第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」が本日(14日)、天拝山山頂・天拝公園で開催される。

2019年09月14日 07:00

【9/23】「タマスタ筑後ファン感謝デー」開催~福岡ソフトバンクホークス

 福岡ソフトバンクホークスは、タマスタ筑後開催のウエスタンリーグ最終戦(9月23日)の試合終了後、グラウンドを開放して「タマスタ筑後ファン感謝デー」を開催する。

2019年09月13日 17:54

周船寺第1雨水幹線築造工事、11.5億でフジタJVが落札

 福岡市発注の「周船寺第1雨水幹線築造工事」を、(株)フジタ九州支店を代表企業とするフジタ・九州総合・松山建設JVが11億5,448万400円で落札した。

2019年09月13日 17:54

【疑惑まみれの改造内閣】小泉進次郎入閣の打ち上げ花火は世論誘導の姑息な手段

 第4次安倍再改造内閣が発足した翌12日、初入閣で脚光を浴びた小泉進次郎・環境大臣(38)が福島県庁を訪れて内堀雅雄知事と面談した。中間貯蔵施設や復興などについて意見...

2019年09月13日 17:40

9万人の救世主となるか~女性の復職サポート会社

 結婚、妊娠、出産とライフステージが変わるタイミングで離職する女性は以前より減ってはいるものの、第1子の出産を機に4割強が離職(国立社会保障・人口問題研究所「第15回...

2019年09月13日 16:21

【交通取締情報】9月17日、福岡市博多区と北九州市小倉北区で実施

 福岡県警は9月17日(火)、福岡市博多区と北九州市小倉北区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月13日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」9月10日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop