• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月25日 13:42

熊本再開発事業 スーパーゼネコン受注合戦~大成の一人勝ちはあるか

kansei_img_s 熊本市の中心部、桜町地区で大規模な再開発事業が進んでいる。再開発ビルだけでも、総事業費は約700億円とまさにビッグプロジェクト。だが、順調に進んでいたかに見えた事業に、異変が生じている。

 昨年末に、開発会社のホームページで発表された協議状況では、「<西工区について> 審査の結果を公表し、協定書の締結に向け第1順位の者と協議を行っていたところですが、今後、西工区については、第2順位の者との協議も実施することとしましたので、その旨をご通知します。」とある。審査結果は以下だ。

■総合評価点の算出と施工予定者の選定

<西工区施工予定者の審査結果>(評価点)
第1順位:鹿島建設(株)九州支店 0.4128 点
第2順位:大成建設(株)九州支店 0.3990 点
第3順位:(株)大林組九州支店  0.3818 点

<東工区施工予定者の審査結果>
第1順位:大成建設(株)九州支店 0.4525 点
(提案者1社のため次点者なし)

 これはゼネコン選定において、西工区で鹿島建設が最高評価点を得たが、次順位の大成建設が逆転で施工予定者となる可能性が出てきたということ。東工区では、大成建設が提案者1社のため、次順位なしで施工予定者となる見込みである。つまり、両区とも大成建設で決まる可能性がある。 
1工区、数百億円規模の工事となる。この委員会の判断に鹿島建設は黙っていられないだろう。妥当な理由があれば納得できるが、さてそれは何なのだろうか。一方で、逆転で大成建設が大物を釣り上げても、これほどの大型物件を施工できるのか、不安材料は残る。

 事業を行う熊本桜町再開発(株)によると、「鹿島さんと協議を行っていましたが、金額や納期において、折り合わない部分もあり、次順位の大成さんとも話を続けています」とのこと。

 正式名称「熊本都市計画桜町地区第一種市街地再開発事業」の施設建築物新築工事においては、2015年8月にゼネコンの選定委員会が発足。技術提案と価格提案を合わせて評価する公募型プロポーザルを実施した。審査を重ねた結果が、同年10月末に発表されていた。

【東城 洋平】

▼関連リンク
・熊本桜町再開発(株)

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープン

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop