• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月27日 07:02

モノづくりを通じて伝えたい「感謝と感動」 「未来を切り拓く」福岡への提言200人 

有澤建設(株) 代表取締役社長 木下 英資

感謝を忘れず、感動を伝える

 2つの言葉を意識しながら、毎日を送っています。まず、「感謝」。有澤建設(株)に関わるすべての方、そして地域社会にも感謝の気持ちを忘れずに仕事をしたい。感謝はそれほど珍しくない言葉ですが、ある研修で、非常に高いレベルで意識できているのかと振り返ったときに、自信が持てませんでした。それから施主さま、協力業者、社員、そして家族にも、感謝の気持ちを忘れてはいけないと強く思うようになりました。
 そして、「感動」。モノづくり、作品をつくり上げるのが仕事ですから、そこに感動がないとリピーターが増えてきません。感動を与える仕事をして初めて、次につながると考えています。いくつもゼネコンがあるなかで、有澤建設を指名していただけるのは、高い技術とともに、感動を提供できているからだと思います。

社員への感謝が距離を縮める

arisawa まずは日々、社員と対話するよう心がけています。中小企業では、人材は宝です。社員と本音をぶつけ合える関係をつくっておかないと、人は離れてしまいます。前職である上場企業にいた頃は、社員が辞めることにあまり抵抗がありませんでした。優秀な人材がほかにもたくさんいたからです。そして、昔に比べると、今は転職しやすい環境が整っています。たとえば、弊社社員が大企業からヘッドハンティングされて、転職することがあったとします。弊社にとっては大きな痛手ですが、それだけの人材を弊社で育てることができたと考えるようにしています。社員に対し、いくら大きなことを言っても、弊社でできることには必ず限度があります。もっと大きな仕事にチャレンジしたいと考え、そしてそのチャンスに恵まれれば、羽ばたかせてやらないといけない。ただ、そうは思いつつも、残ってもらいたいというのも本音です。

 弊社では女性社員が活躍しています。建設業では、圧倒的に女性の比率は低いですが、女性にしかない細やかさ、当たりの柔らかさがあります。第一印象が違えば、その後の展開もスムーズになり、今後の活躍にも期待したいところです。

地方に活力を与える国づくりを

 日本の東京一極集中状態について言えば、政治に変化を求めたいと思います。地方議員の数が圧倒的に多い状況で、なぜ地方分権が進まないのか。東京と福岡の格差は非常に大きいと感じます。経済格差だけでなく、人材の格差も大きい。いったん地元を離れた若者が地元に戻って就職する割合は、一昔前と比較しても格段に低くなっていると思います。東京と福岡ですら、このような状況ですから、さらに地方の都市であれば、なおさらその傾向は強くなります。経済だけでなく、人材面でも一極集中が起きてしまっている。これでは、地方の中小企業は戦っていけません。今の状況を改善していくには、やはり政治の力も必要。地方分権を訴えるなら、地方に活力を与える知恵を絞ってほしいのです。

 弊社が手がけた建物が、後世に残っていくことがやりがいです。その後、数十年にわたって存在しつづけることを考えれば、面白い仕事だと思います。そういう意味では、さらにシンボル的な作品を手がけてみたい。究極は一般の誰もが「あの建物は有澤さんが建てたものだ」と言われるようになりたい。そのようなチャンスに恵まれるように、今後も感謝と感動を忘れずに、邁進していきたいと思います。(談)

※記事内容は2015年8月31日時点のもの

<COMPANY INFORMATION>
有澤建設(株)
代 表:木下 英資
所在地:福岡市博多区博多駅南4-4-12
※社屋建替えのため、下記仮事務所
福岡市博多区博多駅南3-3-12 NYビル5F
設 立:1967年9月
資本金:9,000万円
TEL:092-433-1811
URL:http://www.arisawa.jp/

<プロフィール>
kinosita木下 英資(きのした えいすけ)
1971年、福岡県生まれ。95年に早稲田大学を卒業後、西日本旅客鉄道㈱に入社。2001年、有澤建設㈱に取締役社長室長として入社。10年、代表取締役社長に就任。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのかNEW!

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店NEW!

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性ありNEW!

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

pagetop