• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月27日 07:02

モノづくりを通じて伝えたい「感謝と感動」 「未来を切り拓く」福岡への提言200人 

有澤建設(株) 代表取締役社長 木下 英資

感謝を忘れず、感動を伝える

 2つの言葉を意識しながら、毎日を送っています。まず、「感謝」。有澤建設(株)に関わるすべての方、そして地域社会にも感謝の気持ちを忘れずに仕事をしたい。感謝はそれほど珍しくない言葉ですが、ある研修で、非常に高いレベルで意識できているのかと振り返ったときに、自信が持てませんでした。それから施主さま、協力業者、社員、そして家族にも、感謝の気持ちを忘れてはいけないと強く思うようになりました。
 そして、「感動」。モノづくり、作品をつくり上げるのが仕事ですから、そこに感動がないとリピーターが増えてきません。感動を与える仕事をして初めて、次につながると考えています。いくつもゼネコンがあるなかで、有澤建設を指名していただけるのは、高い技術とともに、感動を提供できているからだと思います。

社員への感謝が距離を縮める

arisawa まずは日々、社員と対話するよう心がけています。中小企業では、人材は宝です。社員と本音をぶつけ合える関係をつくっておかないと、人は離れてしまいます。前職である上場企業にいた頃は、社員が辞めることにあまり抵抗がありませんでした。優秀な人材がほかにもたくさんいたからです。そして、昔に比べると、今は転職しやすい環境が整っています。たとえば、弊社社員が大企業からヘッドハンティングされて、転職することがあったとします。弊社にとっては大きな痛手ですが、それだけの人材を弊社で育てることができたと考えるようにしています。社員に対し、いくら大きなことを言っても、弊社でできることには必ず限度があります。もっと大きな仕事にチャレンジしたいと考え、そしてそのチャンスに恵まれれば、羽ばたかせてやらないといけない。ただ、そうは思いつつも、残ってもらいたいというのも本音です。

 弊社では女性社員が活躍しています。建設業では、圧倒的に女性の比率は低いですが、女性にしかない細やかさ、当たりの柔らかさがあります。第一印象が違えば、その後の展開もスムーズになり、今後の活躍にも期待したいところです。

地方に活力を与える国づくりを

 日本の東京一極集中状態について言えば、政治に変化を求めたいと思います。地方議員の数が圧倒的に多い状況で、なぜ地方分権が進まないのか。東京と福岡の格差は非常に大きいと感じます。経済格差だけでなく、人材の格差も大きい。いったん地元を離れた若者が地元に戻って就職する割合は、一昔前と比較しても格段に低くなっていると思います。東京と福岡ですら、このような状況ですから、さらに地方の都市であれば、なおさらその傾向は強くなります。経済だけでなく、人材面でも一極集中が起きてしまっている。これでは、地方の中小企業は戦っていけません。今の状況を改善していくには、やはり政治の力も必要。地方分権を訴えるなら、地方に活力を与える知恵を絞ってほしいのです。

 弊社が手がけた建物が、後世に残っていくことがやりがいです。その後、数十年にわたって存在しつづけることを考えれば、面白い仕事だと思います。そういう意味では、さらにシンボル的な作品を手がけてみたい。究極は一般の誰もが「あの建物は有澤さんが建てたものだ」と言われるようになりたい。そのようなチャンスに恵まれるように、今後も感謝と感動を忘れずに、邁進していきたいと思います。(談)

※記事内容は2015年8月31日時点のもの

<COMPANY INFORMATION>
有澤建設(株)
代 表:木下 英資
所在地:福岡市博多区博多駅南4-4-12
※社屋建替えのため、下記仮事務所
福岡市博多区博多駅南3-3-12 NYビル5F
設 立:1967年9月
資本金:9,000万円
TEL:092-433-1811
URL:http://www.arisawa.jp/

<プロフィール>
kinosita木下 英資(きのした えいすけ)
1971年、福岡県生まれ。95年に早稲田大学を卒業後、西日本旅客鉄道㈱に入社。2001年、有澤建設㈱に取締役社長室長として入社。10年、代表取締役社長に就任。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月21日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(2)NEW!

 18年6月15日に閣議決定された「統合イノベーション戦略」および「未来投資戦略2018」において、トクホ等の保健の用途に係る表示の拡大についてその可能性を検討するこ...

2019年10月21日 07:00

「放射能でおもてなし?」~安全性を疑問視する国内外からの声が急増!(3)NEW!

 「東京オリンピック」の安全性を疑問視する国内外からの声が急増しています。今のところは、安全性を疑問視する声は海外からの声が大きいのが現状です。しかも、今年に入って急...

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

pagetop