わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月18日 10:43

柳川商店街再生の試み(10) 地域づくりにマーケティング発想を! 

hyou さあ、柳川商店街シリーズもいよいよ最終段階に差し掛かっています。
 これまで長きにわたって柳川商店街の現状分析→消費者ニーズの把握→課題の抽出と解説を行ってきました。いよいよ、今後柳川商店街がどうあるべきかを提案する段に差し掛かりました。

 もともと、このプロジェクトの課題は、柳川商店街のど真ん中に発生した大型店(SM)の跡地をどう活用すべきかという点にありました。そこで、これまでの分析結果をもとに柳川商店街、特に、マルショク跡地活用に関するSWOT分析を行ってみました。

 SWOT分析とは、マーケティング分析の一手法です。一般的製品やサービスのマーケティング戦略を検討するとき、自社の事業分野にどのような競争要因や環境要因があるかを認識し、これに対して自社の強みや弱みを当てはめれば、それぞれの側面でとるべき戦略の方向性がみえてくるというものです。外部環境としての機会(Opportunity)・脅威(Threat)と内部環境としての強み(Strength)・弱み(Weakness)の関係から戦略の方向性を明らかにしようとするものです。柳川商店街にもあてはまる分析手法といえましょう。以下、その分析結果を記します。

(1)積極攻勢

 柳川商店街は、市の中心部に位置し、高校生、専門学校生も多い。この層は売上拡大には直結しない面があるが、「場」の活性化には寄与します。このメリットを生かすには、高校生や若者に音楽やダンスなどの発表の場(「ステージ」)を提供し、これらの層を取り込み、当該地を華やいだ場とすることが考えられます。積極攻勢の第1弾です。
 また、子育て女性が自分たちの交流の場、情報交換の場、憩いの場を求めているというニーズに応えるには、おしゃれで落ち着いた雰囲気、カジュアルな雰囲気の「カフェ」(「カフェ・喫茶・飲食」のニーズは消費者アンケートで36.5%)を導入し、各層の安らぎの場とすることが考えられます。積極攻勢の第2弾となります。

(2)段階的施策

 柳川商店街の弱みである業種構成の不足、アンバランスを段階的に解消することが重要です。
 アンケート結果に見られるように消費者の47.5%は当該地に「生鮮食料品店」を望んでいました。商店街会員への調査でも、35.1%が「生鮮食料品店」を必要としています。業態をどうするかは検討の余地はあるとしてもこの要素は、柳川商店街を活性化させる段階的施策の最重要項目と位置づけることができるようです。

 「生鮮食料品店」の出店によって、これまで離れていった層を取り戻し、買物弱者化している地域の高齢者への貢献にもなるわけです。「生鮮食料品店」という物販機能に関連して商店街会員の自慢の商品、売れ筋商品の常設販売機能も必要です。消費者は生鮮食料品を買い求めれば、これに関連した食料品、日用品の購入を行うのは当然です。このニーズに応えるために「商店街会員ショップ」といったものも必要となります。
 また、若い層が興味をひく店舗が柳川商店街に少ないという点をカバーするには、「クラフトショップ」を導入し、これをチャレンジショップとして地域の若手クリエーターなどへ貸し出すということも商店街の社会貢献という面からも必要ではないでしょうか。

(3)差別化戦略

 主として大型ショッピングセンター、大型量販店、ロードサイドショップなどとの差別化を図り、柳川商店街の独自性を発揮し、消費者から強い支持を得るための戦略と考えられます。
 大型店などの競合店が形成しにくい店舗と顧客とのコミュニティや顧客(消費者)同士のコミュニティを形成しその拠点となることによって頻繁に来場してもらえることとなります。そのような機能は、前述の「カフェ」にも期待できますが、ここはより積極的な差別化戦略のツールとして「多世代交流拠点 (多世代の層が集まって趣味、娯楽、講習、勉強会を行う) 」「子供図書館」といったものを導入する必要がありそうです。

(4)専守防衛・撤退戦略

 現在、マルショク跡地を積極活用する計画を立案していることもあって、この戦略については触れません。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学観光学部特別研究員(客員フェロー)、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop