• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月22日 10:45

日本伝統文化を凌駕するマンガ・アニメの人気!(1)

 過去において、「バンド・デシネ」(BD)と呼ばれる独自のコミック文化を持つフランスでは、日本マンガの進出は必ずしも歓迎されるものではなかった。しかし現在では、フランスにおける新刊コミックの4割強(約1,500点)は「MANGA」(日本漫画の翻訳版)で占められている。一方、2015年にパリで開催された、第16回「ジャパンエキスポ」(来場者約25万人)においても、マンガ・アニメの人気は絶大であった。このことは、若者世代を中心に、フランス人が日本を知る、日本語を勉強する契機として、「日本伝統文化」(「茶道」「華道」「武道」「書道」など)を「マンガ・アニメ」がすでに凌駕したことを意味する。フランスは世界有数の「マンガ」大国である。

 来日中のフランスにおける「手塚治虫」研究の第1人者、グザヴィエ・エベール博士に聞いた。同席いただいたのは、フランスの新進気鋭の若手マンガ家、セドリック・チャオ氏と
 元トンカム社(TONKAM・パリの老舗マンガ出版社)のコーディネーターであり、日仏のマンガ事情に精通した鵜野孝紀氏(日仏通訳・翻訳・漫画エージェント)である。

マンガ研究家・翻訳 グザヴィエ・エベール氏

フランスで1つのジャンルとして確立した

 ――フランスは世界のなかでも、有数な日本マンガ先進国と聞いています。現在のフランスにおけるマンガ・アニメ事情をどのようにご覧になっていますか。

マンガ研究家・翻訳 グザヴィエ・エベール氏<

マンガ研究家・翻訳 グザヴィエ・エベール氏

 グザヴィエ・エベール氏(以下、グザヴィエ) 現在のフランスにおいては、2005年、06年頃をピークに、日本のマンガ・アニメは、市民にきちんと受け入れられていると思います。

 国家政策として、1974年には国立マンガ映像センター(CNBDI)が設立され、そこではマンガ祭を行っています。また、04年にはフランスの国立出版協会が「MANGA」というジャンルを立てました。一般的なフランスの書店に行けば、日本の漫画はちゃんと置かれています。見方にもよると思いますが、日本の「マンガ・アニメ」は、フランスで1つのジャンルを確立して、市民に受け入れられたと言えると思います。2000年頃からは、マンガ・アニメおよび関連商品の売上も順調に推移しているのではないかと考えています。

若い世代では、100%近い視聴率を獲得した

 ――少し意外でした。日本の「マンガ・アニメ」は、たしかに世界ですごく人気があると言われています。しかし、ビジネス的には、海外では文化などの違いによって、必ずしも、上手くいっているわけではないという漠然としたイメージがありました。2000年以前はどうだったのでしょうか。

 グザヴィエ フランスにおけるマンガ・アニメの歴史は、70年代、80年代まで遡ることができます。私が子どもの頃は、日本のTVアニメをよく見ていました。当時一番人気があったのは、フランスの番組名は『ゴルドラック』で、日本のオリジナル作品のタイトルは『UFOロボ グレンダイザー』です。このマジンガーシリーズの放映は1978年7月に始まり、熱狂的な人気で、数カ月で、若い世代においては、100%近い視聴率を獲得したと言われています。

 『ゴルドラック』が転機となり、日本のアニメがフランスのTV局で放映されるようになっていきます。大好評のうちに翌79年1月18日に放映を終了した「ゴルドラック」は、ファンたちの要望が放送局に殺到したことにより、翌週より再び放映が行われています。また本家の日本においてよりも、玩具アイテムが山のように出て商業的成功も収めました。

日本アニメのことにそんなに詳しくなかった

 ――しかし、その後90年代の一時期、日本アニメに不遇の時期があったとも聞いています。

 鵜野孝紀氏(以下、鵜野) その点については、私の方から補足説明させていただきます。1980年代中盤から1990年にかけて日本のアニメが大量にTV放映されることになります。しかし、フランスの制作会社は、日本のアニメのことをそんなに詳しく知らなかったので、『北斗の拳』などの日本の青少年向けアニメも、子ども向けに放映されてしまったのです。そのため、激しいアクションシーンや暴力、残酷シーンなどが問題になり、非難を受けることもありました。
 もともと、フランスでアニメとはお母さんが忙しいときに子どもに見せておく、ディズニーなどに代表される「子ども向け」としか考えられていなかったからです。90年代の一時期は、ある意味日本アニメにとっては不遇の時期になりますが、アニメが見られなくなったアニメファンのエネルギーは、そのアニメの原作であるマンガへ向かうことになります。

(つづく)
【金木 亮憲】


【注】バンド・デシネ(BD):19世紀前半に始まったと言われる、フランス・ベルギーを中心としたフランス語圏の伝統的コミック。A4判カラー48ページを基本とし、通常1シリーズが3巻~10巻。想定読者は青少年の男性とされている。アート的色彩が強く、世界の漫画や芸術にも影響を与えている。日本でも知られている著名な作品として『タンタンの冒険旅行』(エルジェ、1929年‐1976年)などがある。

<プロフィール>
xhグザヴィエ・エベール(Xavier Hebert)
1966年フランス・ノルマンディー生まれ。パリ第7大学大学院(Denis Diderot)東洋言語文化学部日本語科博士号前期課程研究免状(DEA)取得「日本の漫画」(1997年)、千葉大学大学院社会文化研究科都市研究専攻
博士号取得「漫画の物語理論」(2002年)
パリのマンガ専門学校Eurasiam教員(日本マンガの分析及び実践を指導)。日本マンガに関する論文・寄稿多数(手塚治虫研究、漫画における視覚的物語手法)。日本マンガの仏語翻訳(手塚治虫、黒田硫黄、五十嵐大介、高浜寛など)。グレナ(GRENA-ソルボンヌ大学・マンガ研究者グループ)会員。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

(有)アドバーウィン(大分)/産業廃棄物中間処理

 同社は、2020年12月22日、大分地裁に破産手続きの開始を申請した。

2021年01月15日 16:43

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(前)

 米国株式は史上最高値更新、日本株式も30年ぶりの高値(ドルベースでは史上最高値更新)など、株が駆け上がっている。韓国、台湾株は昨年11月以降、日本株式以上の上昇ペー...

pagetop