• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月22日 17:32

アベノミクスは、誰のためのものか 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、主権者がメディアの誘導に惑わされずに、自分で考え、自分で判断することが大事だと説いた、2月20日付の記事を紹介する。


 経済アナリストの森永卓郎氏が拙著『日本経済復活の条件-金融大動乱時代を勝ち抜く極意-』(ビジネス社/ 1,600円+税)の書評を週刊ポストに掲載くださった。この場を借りて深く謝意を表したい。
 本書ではアベノミクスの問題点を指摘し、抜本的な政策転換の必要性を主張している。政府批判に分類されることからか、積極的な販売姿勢を示してくれる書店が少ないのは事実である。そのような位置づけにある拙著をわざわざ取り上げてくださったことを大変にありがたく思う。
 以下にその内容を転載させていただく。

【書評】『日本経済復活の条件 金融大動乱時代を勝ち抜く極意』 植草一秀/ビジネス社/ 1,600円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 著者は、かつて優秀なエコノミストとして、メディアから引っ張りだこの存在だった。それが、例の事件の後、大学を追われ、メディアからも遠ざかっている。しかし、失職後の著者を支えたのは、投資家たちだった。投資家はドライだから、経済分析の中身が優れていれば、それに対して対価を支払う。著者がリリースしているレポートは、そうした読者に強く支持されてきた。
 そうした経緯から、本書も投資家のための経済分析という体裁を取っている。しかし、その中身は、著者の日本経済論であり、経済政策論だ。それも、きちんとしたデータに基づき、論理的で、説得力のある経済分析に仕上がっている。
 著者の分析の切れ味は、前より上がっていると思う。それは、権力に媚びる必要が一切なくなったからだろう。著者が既得権勢力と呼ぶ、米国、官僚、大資本、利権政治勢力、マスメディアという権力を、著者は本書のなかで徹底批判している。誰にも縛られないから、的確な分析ができるのだ。
 そして、安倍政権の政策の基本を「弱肉強食」だとし、資本優先の成長戦略は、中短期的には株価を上げるが、長期的には消費の低迷で経済が疲弊すると警告する。その打開策として、すべての働ける人材を低賃金の労働力として引きずり出すことで、GDPの拡大を図る。それが一億総活躍社会の本質だというのだ。その通りだと思う。
 そして、本書の指摘で、もう一つわが意を得たのは、来年4月からの消費税増税は、断念すべきだという著者の主張だ。いまでさえ、消費が大きく落ち込んでいる状況で、再増税はできない。
 私は、今年6月、翌月に控えた衆参同時選挙の直前に安倍総理が増税凍結を発表すると考えていたが、著者は参院選後に、凍結発表の可能性もあると言う。8月以降に消費税凍結を打ち出して総選挙を行えば、東京オリンピックの時に、安倍総理が総理でいられる可能性が出てくるからだ。固くなった頭を解きほぐす柔軟剤としても、本書は、役立つのだ。

※週刊ポスト2016年2月26日号

 因みに、森永氏が記述された投資家向けレポートとは、『金利・為替・株価特報』のことである。

 安倍政権の経済政策を支持する人もいるだろう。一方に反対する人もいる。当然のことだ。重要なことは、政策の本質を把握したうえで、主権者が自分自身の判断を持つことだ。自分の目でものを見て、自分の頭で判断する。これが大事だと思う。

 歴史作家の塩野七生女史が『ルネッサンスとは何だったのか』(新潮文庫)のなかで、「ルネッサンスとは、一言でいえば、すべてを疑うこと」と記している。すべてを疑い、自分の目で見て、自分の頭で考える。この変化が生じたのがルネッサンスであったと指摘している。いま私たちに求められていることはこれだろう。メディアの誘導に惑わされずに、自分で考え、自分で判断することだ。

 メディアは安倍政権の経済政策をアベノミクスと称して絶賛する。しかし、その内容は本当に絶賛に値するものであるのかどうか。メディアが流布する論説を鵜呑みにせずに、その内容を確認し、自分の頭で考えることが大事だ。判断するのはそのあとでいいだろう。

 政策の是非を判断するときに、一番大切なことは、その政策が誰のために行われるものであるのかを考察することだ。
 安倍政権の経済政策の根本には、「大資本の利益を増大させること」が置かれているそして、このことは同時に、「一般労働者の利益を減少させること」につながっているのである。この本質を把握したうえで、その政策の是非を考察することが重要だ。

※続きは2月20日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1369号「アベノミクスの何がどのように問題なのか」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープン

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop