• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月03日 08:30

文化論としての「アキバカルチャー」!(2)

インテグリカルチャー(株) 代表 羽生 雄毅 氏

「オタク」と違う概念であることを意識する

 ――前回はとくに解説をせずに「OTAKU」という言葉を使わせて頂きました。しかし、似たような意味を表すには「オタク」(“おたく”も含む)という表現が一般的です。なぜ、あえて「OTAKU」という表現を使うのですか。

akihabara2 羽生 私があえて「OTAKU」という表現をする意味は、「アキバカルチャーを楽しむ外国人」という意味でのOTAKUは、一般的にイメージされる「(日本国内の)オタク」と違う概念であることを皆さんに強く意識して欲しいからです。他意はありません。
 「オタク」をどのように定義すべきなのかは分かりませんし、その内容に精通しているわけでもありません。社会一般的には、「オタク」とは、自分の好きな事柄や興味のある分野(マンガ・アニメなど)に傾倒しすぎる、そして、引きこもりをする人達のことを指す、と考えています。

 この見方について、1つだけ付け加えるならば、私は「“オタク”は“引きこもり”である」という考え方に、個人的には賛成していません。そうすると、日本には何百万人もの引きこもりがいることになってしまうからです。1980年代の日本のコミックマーケットにはすでにものすごい人数が集合していました。彼らは決して引きこもりではなく、積極的に創作活動を行っていたのです。

 なぜ、私があえてこのようなことを申し上げるかと言いますと、「“オタク”は“引きこもり”である」という言葉が勝手に1人歩きし、そこにマスメディアが注目、「オタク」どころか「OTAKU」を巡る議論までもが、低次元、よこしまなもの、不毛なものになってしまうことを危惧するからです。

私たちは「デジタルネイティブ」なのです

 ――では、次に「オタク」と「OTAKU」はどこが大きく違うのでしょうか。「OTAKUネイティブ」とは、どのような人達ですか。

 羽生 「OTAKUネイティブ」と言うのは、私が考え出した造語です。これを考えるうえで重要なのは、アキバカルチャーを楽しんでいるかという以前に、「OTAKUネイティブ」とは、子ども時代からインターネットやパソコンのある環境の中で育ってきた「デジタルネイティブ」でもあることです。そして、このデジタルネイティブで、アキバカルチャーを楽しんでいる人たちを私は「OTAKUネイティブ」と考えています。

日本製コンテンツを必要しなくなってしまう

 マンガ・アニメとの向き合い方も、国内でこれまで一般的に言われてきた「オタク」とは大きく違います。マンガ・アニメはニコニコ動画などを通じてのコミュニケーションツールに過ぎません。もちろん、読んだり見たりはするので情報は交換します。しかし、その原作の内容に加えて、それを題材とした二次創作画像、改造動画、そしてさらにそれを題材とした情報交換や自己表現も楽しみます。
 このことは、世界のデジタルネイティブにとっては、アキバカルチャーに代表される日本製マンガ・アニメは情報交換の題材となるコンテンツの1つに過ぎないことを意味します。将来的にも日本のマンガ・アニメが絶対的に優位性を保てる保証はどこにもありません。すでに、アメリカ製アニメの『マイリトルポニー』や同人ゲームの『アンダーテイル』が同じ土俵に上がっています。それでも、今のところは「アキバカルチャー」(日本製マンガ・アニメ)は充分魅力があります。

 しかし、私が最も危惧しているのは、日本国内で「アキバカルチャー」の文化論的な正しい理解が進まずに、コンテンツ展開の方法を誤り、日本のコンテンツが「OTAKUネイティブ」の話題から外れてしまうことです。彼らは来日して秋葉原に行くこともあると思いますが、それはショーケースとして見ているだけで、何か絶対的な「聖地」とは考えておりません。この点は、日本で従来言われる「オタク」とOTAKU、とくに最近の「OTAKUネイティブ」は全く違うので、文化的にはもちろん、ビジネスを考えるうえにおいても注意が必要です。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
hanyu羽生 雄毅(はにゅう・ゆうき)
インテグリカルチャー(株) 代表。
 1985年生まれ。2006年オックスフォード大学化学科卒業。2010年同大学院博士課程修了。
在学中は科学ソサエティー会長やアジア太平洋ソサエティーの委員を務める。帰国後は、東北大学と東芝研究開発センターを経て2015年にインテグリカルチャー(株)を設立。日本初の人工培養肉プロジェクト「Shojin meat Project」を立ちあげる。その一方で、オックスフォード大学在学中から、2ちゃんねるやニコニコ動画のヘビーユーザーであり、帰国後も同人誌即売会やイベントなどの「オタク活動」を行っている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

2019年02月15日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 1月31日発表 九州地区(福岡を除く)

   厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。19年1月31日に公表(18年12月31日更新分)さ...

2019年02月15日 14:53

焼酎「白波」の薩摩酒造、FSSC22000認証を取得

   焼酎ブランド「白波」で知られる薩摩酒造(株)(本社:鹿児島県枕崎市、本坊愛一郎社長)はこのほど、食品安全マネジメントシステムの国際規格「FSSC22000」の...

pagetop