• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月07日 14:15

アビスパ、マリノス相手に価値あるドロー

avispa アビスパ福岡は、3月5日、横浜Fマリノス戦を、アビスパホームのレベルファイブスタジアムで迎えた。5年ぶりのJ1復帰後のホーム初戦とあって、スタジアムは大きな熱気のなかで午後7:00にキックオフ。当日の気温は、20℃前後と暖かく、時折強い風が吹くフィールドのコンディションのなか、1万6,968名(リーグ発表分)の観客が詰めかけた。

 開始早々からアビスパは、積極果敢に攻撃を仕掛け、マリノスのゴール前に迫り続けた。とくにサイドバックからの効果的な攻撃によりマリノスの守備陣へ仕掛けていった。
 そしてクリアボールにFW金森健志選手が抜け出し、敵陣の左のペナルティエリア付近で、マリノスのファールによりフリーキックを得た。6分にMF末吉隼也選手がキックをゴール前に放ち、そのボールにFWウェリントン選手がヘディングで合わせゴール。先制点を獲得した。この先制点の獲得で、アビスパは試合開始早々から幸先の良い流れを作り、試合の主導権を握った。その後のアビスパのゲームマネジメントは、守備的なポジショニングによる戦法で自ゴール前をブロックしたことで、マリノスに得点機をほとんど与えることなく前半終了を迎えた。

avispa2ihara2

 後半に入ってからもアビスパは、守備的なゲームマネジメントによる戦法でマリノスに対峙。その守備的ななかでも有効的なカウンターアタックを仕掛けるなど、ゴールを狙う姿勢を保持し続けていた。だが、幾度もゴール前に迫ったものの、マリノスのゴールマウスを割ることができなかった。一方のマリノスも、後半に入ってから再度攻撃に活路を見出し、アビスパのゴールへ攻め続けた。それでも、アビスパの堅守に阻まれる。このように、両クラブとも膠着した状態が続いた。
 70分過ぎからマリノスが波状攻撃を仕掛け、再三アビスパゴールに迫り続けた。だが、アビスパも、体を張った守備により得点を許さない。しかし、82分にアビスパDF濱田水輝選手のファールでマリノスにフリーキックを献上。アビスパの右ペナルティエリア付近から、マリノスの名手で元日本代表の中村俊輔選手のフリーキックが、ダイレクトにアビスパゴールを揺るがし1-1の同点に。その後、両クラブとも果敢にゴール前に迫る攻撃を見せるも、得点に至らずタイムアップとなった。

avispa05 アビスパ・マリノス両クラブとも、リーグ開幕戦は黒星スタートだった。そのため双方とも、何としても勝利を獲得したかったことは明確であり、その姿勢が鮮明に出ていた試合展開であった。マリノスは、中村俊輔選手を起点としたゲームマネジメントを実践。セットプレイも相当準備してきたことがわかった。

 一方のアビスパは、初戦のサガン鳥栖戦とはまったく違うチームとなっていた。もちろん良い意味で、である。初戦よりさらに“全員守備”を徹底して、自慢の堅守を披露した。見方によっては、「守備的な戦法に偏り過ぎた」という意見もある。その通りかもしれない。それでも、アビスパの堅守がJ1でも通用することを証明できたことは、大きな収穫ではないだろうか。そして、どのクラブにも勝るとも劣らないハードワークによる“全員守備”からの速攻など、90分間チャレンジする姿勢が鮮明であった。まさに、価値あるドローであったと言えよう。

【河原 清明】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声NEW!

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop