• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月24日 13:39

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(1) 地域づくりにマーケティング発想を! 

 「リノベーション」、さらに「リノベーションスクール」という言葉をご存知でしょうか。
 リノベーション(renovation)とは、デジタル大辞泉によれば「近年では、建築物の改造についていうことが多い。とくに、古い部分の補修や内外装の変更程度にとどまるリフォームに対し、増築・改築や建物の用途変更など、資産価値を高めるための大規模な改造をさす」、とされています。さらにいえば、建築物の単なるリフォームにとどまらず、まちづくり、地域づくりの一環として建築物の改造ないしあり方を考えようというものです。

 このリノベーション活動を基にした「リノベーションスクール」が小倉・魚町から全国に波及しています。「リノベーションスクール」という用語、商用登録までなされています(このことの詳細は、後に記述します)。
 その主役、誰がこのような仕組みを考えたのか、どういう経緯があるのかについて関心はありませんか。そして、読者の皆さんがお住まいの地域のまちづくり、商店街活性化に役立てようと思われませんか。
 今回のシリーズでは、何回かにわたってそのことについて紹介し、まちづくりの新しい方向性について考えてみようと思います。

tukouryou その前に、このリノベーション活動は、北九州市小倉魚町銀天街を舞台にして展開されてきましたので、これの基となる北九州市小倉地区中心市街地活性化計画について再度触れておきたいと思います。というのも、この記事(「地域づくりにマーケティング発想を!」)の初期、2011年2月にこの小倉地区の中心市街地活性化計画(中活計画)について紹介していたのです。
 しかし、ここではその後の輝かしい活動について触れるにあたって、読者の皆さんにその経緯を紹介しておく必要があると思われます。一部過去の記事と重複するかもしれませんが、ご容赦ください。

 さて、中心市街地活性化計画とは、大型店、郊外店の進出により疲弊する都市における中心市街地を活性化する目的で06年6月に施行された「中心市街地の活性化に関する法律」に基づく計画です。北九州市では、08年5月に内閣総理大臣あてに「北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区)」および「同(黒崎地区)」を申請しています。この申請が同年7月に国により認定されます。この計画により設立されたのが北九州市小倉地区中心市街地活性化協議会です。

 当初の計画期間は08年度から12年度の5年間ですが、北九州市では1年延長して13年度までの活動期間となっています。
 筆者は、この計画期間中の10年度にこの協議会のタウン・マネージャーを務めており、小倉中心部のさまざまなまちづくり計画、地域活性化計画に携わっています。その経験も踏まえて以下記述して参りたいと思います。

 中活計画では国からの支援を受けてハード面、ソフト面において多様な中心市街地活性化事業を行います。そして、その活動に対してさまざまな数値目標を掲げます。
 その最もわかりやすい指標が中心市街地(商業地)における歩行者通行量ではないでしょうか。

 結論から先にお話しますが、小倉中活の場合、歩行者通行量についてはかなりの成果(回復基調)を示しています。
 図(資料は、「認定中心市街地活性化基本計画の最終フォローアップに関する報告」北九州市、14年5月による。直近の数値は北九州市へのヒアリング。調査方法などは煩雑になるので省略します)にみるように、多くの中活地区で通行量の基準値を上回ることがまれな中、小倉中活では基準値(H19年)をH27年までの間、5年も上回っています。もちろん、図中の最高値のH10年を上回るのは至難の技です。しかもH25年の目標値も上回っていません。したがって前記「最終フォローアップに関する報告」では、通行量の自己評価では、「B(計画した事業は概ね予定どおり進捗・完了。一方、最新の実績では基準値を超えることができたが、目標値にはおよばず。)」と今一歩の評価となっています。

 ちなみに、図ではH27年はやや落ち込んでいますが、直近の調査、H27年10月調査では、その値が15万8,188人とかなり回復しています。
 さあ、このような成果をあげた要因は奈辺にあるのでしょうか。
 そのことを次回以降にお話しましょう。

(つづく)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員、西日本工業大学客員教授、福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop