HOME > 政治・社会

政治・社会

2016年04月12日 13:19

「保育園落ちた」批判の山田宏氏 貸付金2億2千万円への疑問~HUNTER

   福岡市のニュースサイト「HUNTER」は12日、今夏の参院選に自民党から出馬を予定している山田宏氏の不明瞭な政治資金の流れについて「だんまりを決め込む構えのようだ」と厳しく糾弾...

2016年04月12日 09:43

目前に迫る「2025年問題」~介護保険が維持できなければ「日本沈没」(後)

   「2025年問題」が脅かしているのは、国の財源だけではない。保険料は制度開始以来、3年ごとに見直されており、2000~03年は全国平均2,911円だったが、12~14年には同...

2016年04月12日 07:05

「神の視点」に立って新聞を読む?(3)

  (株)報道イノベーション研究所 代表取締役 松林 薫 氏 将来、記者の質は大幅に劣化する  ―― 前回、報道イノベーション研究所を設立された3つの目的のうち、2つまでお聞...

2016年04月11日 17:19

福岡市の全中学校で入学式

   福岡市内69校の中学校で11日、一斉に入学式が行われた。福岡市東区にある多々良中学校(古川久記校長)では、うららかな春の日差しのなか、新入生158名と保護者が、きれいに掃き清...

2016年04月11日 16:33

開かずの踏切の改良を促進

   踏切道、歩道などを含めた道路および鉄道の安全性の向上、交通の円滑化を図るために、踏切道改良促進等の一部を改正する法律が成立。その一部が4月1日から施行された。 依然として多い...

2016年04月11日 16:14

目前に迫る「2025年問題」~介護保険が維持できなければ「日本沈没」(前)

   介護保険制度について調べると、まず介護費用が膨れ上がっていくスピードに驚かされる。制度が始まった2000年度は3.6兆円だったが、09年に7.4兆円と10年足らずで2倍超となっ...

4月30日に「戦争と文学」シンポジウム開催

   NET-IBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、4月30日に開催される日本ペンクラブ主催の「戦争と文学」シンポジウムについて触れた、...

2016年04月11日 14:50

「神の視点」に立って新聞を読む?(2)

  (株)報道イノベーション研究所 代表取締役 松林 薫 氏 大事なのは「情報を確実に読み解けるかどうか」  ―― 『新聞の正しい読み方』(NTT出版)を3月に著されました。...

2016年04月11日 10:59

疲弊する自治組織の活性化につながるか(後)

  自治会及び各種団体の会計勉強会を実施~事業内容も監査する  市内の自治組織会及び各団体は毎年4月までに定期総会を開き、前年度の事業報告及び決算内容、当該年度の事業計画や予算案...

2016年04月11日 07:02

今日本で、世界で求められる文系の知!(4)

  東京大学大学院情報学環教授 吉見 俊哉 氏 最も基本的なことは「文系」=「教養」ではない  ――少し話を転じます。先生は、今回の「文系学部廃止」反対論議の中で、国民、有識...

2016年04月08日 17:28

浜田和幸氏講演会「激動するアジア情勢と中国経済の行方」

   弊社主催による浜田和幸参議院議員講演会「激動するアジア情勢と中国経済の行方」を4日、TKPガーデンシティ天神(福岡市中央区)にて開催した。  約2時間に及んだ講演と質疑応答の中...

4.24衆院補選勝利条件は「安倍政治を許さない共闘」

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、政権の暴走を阻止するねじれ国会への回帰とそのための共産党との連携の重要性を訴...

2016年04月08日 14:43

ハローワーク非正規5割、これは改革のチャンスだ!

   九州のハローワーク(公共職業安定所)の職員の5割余が1年契約の非正規労働者だという記事が西日本新聞の4月6日付朝刊1面トップに掲載された。ハローワークといえば、求職者が訪れる窓...

2016年04月08日 13:02

疲弊する自治組織の活性化につながるか(前)

   福岡市は2016年度から「活力あるまちづくり支援事業補助金」を「自治協議会共創補助金」として拡充、地域の絆づくりや担い手づくりへの支援を強化し地域の未来を共につくり出していく...

2016年04月08日 11:23

「神の視点」に立って新聞を読む?(1)

  (株)報道イノベーション研究所 代表取締役 松林 薫 氏  日本新聞協会によると、2015年までの10年間で、一般紙の発行部数は649万部減った。これは、毎日新聞と産経新...

pagetop