HOME > 政治・社会

政治・社会

2016年10月04日 13:21

ノーベル賞3年連続でも喜べない?困窮する日本の研究者

   ノーベル賞、日本人が3年連続獲得―。ノーベル賞獲得レースは、この季節の風物詩だ。とくに近年、医学・生理学、化学、物理学などの分野で日本人、または日本出身者による受賞が相次いだ...

盛り土真相すら解明できなければ期待は失望に一変

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、9月30日の小池百合子・東京都知事の定例会見での発表を踏まえて、盛り土問題の...

2016年10月03日 07:01

九州古代史を思う(8)

  日本国の登場  「旧唐書」に、初めて日本国が登場する。「日本国は倭國の別種なり。その国日辺にあるをもって、故に日本と名をなす。…その国の堺、東西南北各々数千里あり、西界南界はみ...

2016年09月30日 15:12

熊本県、熊本地震の被害額を3兆7,850億円と試算

   今年4月14日と16日の2度にわたり最大震度7の直下型地震が発生した熊本県。県が独自に試算した熊本県内の被害額が総額3兆7,850億円であると県議会常任委員会で公表された。 ...

2016年09月30日 13:29

IOC振りかざす五輪組織委森喜朗氏の本末転倒

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、29日に開かれた「東京五輪パラリンピック調整会議」での組織委員会会長の森喜朗...

2016年09月30日 10:02

血税食いつぶす国会議員に疑問~HUNTER

   29日、福岡のニュースサイト「HUNTER」は、血税が投じられる国会議員の報酬について検証。国会議員の活動を支えるための膨大な税金支出を示したうえで、安保法制や特定秘密保護法、...

2016年09月30日 07:02

九州古代史を思う(7)

  中国正史の中の「倭國」  中国正史の倭・日本伝が登場するのが、 ・「三国志」倭人伝    陳寿(233~297) ・「後漢書」倭伝     范曄(398~445) ・「宋書」...

2016年09月29日 11:29

九州古代史を思う(6)

  「漢倭奴國」の金印授受  「後漢書」には、西暦57年、倭奴國から貢物を持った使者に時の皇帝光武が金印を賜ったとある。「漢の倭の奴の国王」。漢の印制度では、玉・金・銀・銅・の順...

2016年09月29日 10:54

【名門・筑女の異変】「お仏壇のはせがわ」にも飛び火!?

   理事会運営をめぐる問題によって、理事長不在という異常事態が続いている学校法人 筑紫女学園。その混乱を招いた前理事長・笠信暁氏を支持する理事の1人が長谷川裕一氏((株)はせがわ...

国会でのスタンディングオベーションは米国の猿まね

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、安倍晋三首相の所信表明演説で自民党議員が全員でスタンディングオベーションを行...

2016年09月28日 15:18

11月会頭選の久留米商工会議所 4選目指す本村氏の資質を問う!(前)

   衆議院福岡6区の補欠選挙(10月23日投開票)が注目を集めるなか、県南の中核都市・久留米市で、久留米商工会議所の議員選挙が行われている。焦点は、その後に予定されている新役員...

2016年09月28日 09:10

九州古代史を思う(5)

  邪馬台国  司馬遷の史記にある、「平原広沢を得て、留まり、王となり帰らず」の下りである。この地こそ、“邪馬台国”の始まりだろう。  冒頭に陳寿は、「昔、百余りの国が在り、その...

2016年09月27日 15:26

九州古代史を思う(4)

  徐福、理想郷へ  出発の季節が違ってくると、当然のことながら季節風に変化が起こり、選んだ航路は、吹く風と海流に順応し、いくつかの航路に分かれる。これは後の遣唐使が、帰国時の航路...

2016年09月27日 14:26

【名門・筑女の異変】卒業直後に提訴、15歳の少女に容赦ない取り立て

  通知書に同封されなかった誓約書  学校法人筑紫女学園が、運営する中学校の卒業生を相手に奨学金(免除された授業料など)の返還を求める訴訟を行っていたことがわかった。以下、裁判...

2016年09月27日 09:30

日台産業連携の新たな幕開け!(後)

  日本企業はコストダウンがとても下手  ――日台産業連携の今後についてお聞きします。連携が成功するためのキーワードに「補完」というものがあります。日本企業、台湾企業はそれぞれ...

pagetop