トップニュース記事一覧

2019年07月04日 13:00

法を踏みにじり社会生活を脅かす 政商・日建設計 これを容認する行政庁たる東京都(後)

  豊洲市場に関する訴訟について私が聞いた話では、審理に入らないまま結審をしようとした裁判長に不信感を募らせた原告が「裁判官忌避」を申し立て、結果的に申立は却下され、審理を再開すること...

2019年07月04日 12:28

「シーサイドももち」開発の歴史~土地利用の検討期間中にダイエーが南海ホークスを買収、ツインドームシティ計画を提案

  1989年6月、福岡市では、国際化、情報化の進展や市民意識の多様化など、新たな時代のニーズに対応した、あるべき土地利用を再検討するため、学識経験者、市職員などで構成する「シーサイド...

2019年07月04日 12:00

年間1,000万人の観光客にさらなる満足を 滞在型の太宰府観光の実現に向けて

  太宰府を訪れる観光客の数は年間約1,000万人。まちは平日・休日問わず賑わいにあふれているが、課題がまったくないわけではない。新元号「令和」発祥の地という新たな観光資源を最大限に生...

2019年07月04日 10:57

相続法改正のポイント(1)自筆証書遺言の要件緩和

  平成30年7月に民法の相続法分野が大きく改正されました。その改正項目の1つに、自筆証書遺言の方式が緩和される点があります。今回の改正項目のほとんどは2019年7月1日から施行されま...

安倍首相の悪印象が全開だった党首討論会

  日本記者クラブ主催の党首討論会が開催されたが、日本政治の現状を凝縮するものだった。三つの問題点を指摘しよう。第一は、主催者側の対応があいまいそのものであったこと。公共の電波を利用す...

2019年07月04日 10:23

法を踏みにじり社会生活を脅かす 政商・日建設計 これを容認する行政庁たる東京都(前)

  豊洲市場の設計偽装をめぐり市場の使用禁止を求めた訴訟(原告:仲卸業者、被告:東京都)は、審理の期日すら決まらないまま空転している。今回 編集部に寄せられた質問について、前回に引き続...

pagetop