2024年06月21日( 金 )

習近平体制

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

「中国式現代化」新社会体制造りが始まる(後)
「中国式現代化」新社会体制造りが始まる(後)
 浙江大学マルクス主義学院院長の劉同舫教授は、「中国式現代化」について「平和、発展、公平、正義、民主、自由など社会主義的な色彩を含む全人類共同の価値を発揚し...
中国式現代化 中国 国際 アジア通信社 中国経済新聞
「中国式現代化」新社会体制造りが始まる(前)
「中国式現代化」新社会体制造りが始まる(前)
 今年10月に行われた第20回中国共産党大会で、「中国式現代化」といったコンセプトや目標が掲げられた。習近平総書記が中国最高指導者となって10年、こうした奮闘目標を打ち出したのは初めて。
中国式現代化 中国 国際 アジア通信社 中国経済新聞
中国共産党第20回党大会と日中ビジネスの可能性
中国共産党第20回党大会と日中ビジネスの可能性
 世界が注目するなか、中国では5年に1度の共産党大会が開催されました。3期目に突入することになった習近平主席が提唱した「中国式現代化」...
中国式現代化 中国 浜田和幸 国際 浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス
3期目習近平指導部が発足 「中国式現代化」を掲げる(後)
3期目習近平指導部が発足 「中国式現代化」を掲げる(後)
 今回の習総書記の政治報告は、5年前の第19回大会の時と比べて「人民」「安全」「闘争」という言葉が大幅に増えた一方、「経済」や「改革」が大きく減り、とくに「市場」が激減している。「改革」や「市場」が後退した一方、最も取り上げられたのが「安全」である。 
中国式現代化 中国 アジア通信社 国際 中国経済新聞
3期目習近平指導部が発足 「中国式現代化」を掲げる(前)
3期目習近平指導部が発足 「中国式現代化」を掲げる(前)
 設立から101年が経った中国共産党の第20回全国代表大会が、10月16日から22日にかけて北京で行われた。習近平総書記による政権の開始から10年後に迎えたこの大会は、「歴史的一里塚となる大会」と言われた。
中国式現代化 中国 アジア通信社 国際 中国経済新聞
習政権3期目の米中関係の行方
習政権3期目の米中関係の行方
 10月の中国共産党大会の冒頭、習氏は1時間45分あまりにわたってこの5年間の政権運営の報告を行ったが、今後の米中関係という枠で捉えると2つの点が注目される。
和田大樹 国際 米中関係 中国
3期目の習政権 日中関係はどうなるか
3期目の習政権 日中関係はどうなるか
 3期目の習体制がスタートした。2018年3月、習氏は国家主席の任期を2期10年までとする憲法の条文を削除したが、すでにこの時点で3期目は確実視されており、3期目の発足自体は驚くべきことではない。
和田大樹 国際 中国