• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月15日 11:11

長崎原爆の「黒焦げの少年」 71年ぶりに身元判明か

nagasaki 長崎原爆の投下翌日に爆心地付近で撮影された黒焦げの少年が、当時13歳の中学1年生だった谷崎昭治さんとみられることがわかった。谷崎さんの妹から申し出を受けた長崎平和推進協会写真資料調査部会が調査を進め、6月13日の記者会見で公表。専門家も同一人物の可能性が高いと鑑定しているという。世界に衝撃を与えた「黒焦げの少年」の身元が、71年の時を経てようやく明らかになった。

 写真は1945年8月10日、写真家の故・山端庸介氏が撮影。95年に長崎市長だった故・伊藤一長氏がオランダ・ハーグの国際司法裁判所で写真を掲げ、「この子たちに何の罪があるというのでしょう」と訴えたことで世界的に知られるようになった。長崎原爆資料館に常設展示されている。

 谷崎さんの妹の西川美代子さん(78)と山口ケイさん(76)が昨年、長崎市内であった原爆写真展で写真を見て、「兄ではないか」と名乗り出たという。写真展を主催した同部会の深堀好敏会長(86)が池田典昭九州大大学院教授ら法医学の専門家に依頼し、生前の谷崎さんの写真を基に鑑定。輪郭や目鼻立ちのかたちら同一人物の可能性が高いとの結論に至った。

 谷崎さんは45年4月、実家のあった旧瀬戸町(現長崎市西海市)から瓊浦中学(長崎市竹の久保町)に進学。8月6日の広島原爆を受け、父から帰省するように勧められたが「試験がある」と断り、9日の長崎原爆で亡くなったという。記者会見した西川さんは「71年かかって、やっとみんなで会えたという気持ち」と語った。

【平古場 豪】

 
関連キーワード:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop