わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月15日 14:12

ギャンブル依存症とのつきあい方(前)

大さんのシニアリポート第45回

azisai 私が運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下、「ぐるり」)の常連客だった宮西信子(仮名・75歳)さんが、突然、来亭しなくなった。「ぐるり」のコンセプトは、「来たいときに開いている店」(だから毎日開ける)、「来たくなくなったら来なくていい店」(会員制をとらない、強制しない)である。だから、突然姿を見せなくなっても不思議ではない。しかし、宮西さんの動向について、心配な噂が耳に入るようになった。嫌な予感がした。

 「パチンコ屋から出てくる宮西さんの姿を見かけた」という人が現れたことから、事態が急変する。

 高齢女性がパチンコに興ずることに、問題はない。「生活保護を受けている人がパチンコに興じるのはいかがなものか」という疑問を呈する人もいるが、生活をエンジョイするために、生活保護費(税金であるにしても)を飲酒やギャンブルにつぎ込むのは本人の自由だ。それが原因で生活に窮することがあっても、自己責任の範囲内だと思う。

 宮西さんの噂には、さまざまな色が付いて広がりを見せ始めた。「一日中、パチンコ屋に入り浸っている」「友だちが寄りつかなくなった」「軍資金に困っているらしい」「食事にも事欠いているようだ」――など。
 この問題の行き着く先は、どれも同じなのである。予想していた通り、「借金を申し込まれた」「金貸してくれって、泣きつかれた」という話が漏れ聞こえはじめた。
 申し込まれた人は大いに戸惑ったことだろう。戸惑ったあげくに全員が貸したという。なかには、「くれてやった」とうそぶく人もいた。返せないことを承知で貸したのだろう。

 初めのうちは返金するものの、やがて返せなくなる。それを繰り返すうちに、貸してくれる人を失う。つまり、友人をなくす。そして、民間の金融機関(サラ金・ヤミ金)に手を出し、やがて自転車操業に…。最後は家族や親戚にまで金策に走り、縁を切られるという図式だ。

 あれから1年余。驚いたことに、いまだに宮西さんに金を貸す人がいるという。宮西さんはいわゆる“口がうまい”人だ。オーバーに演じられれば、たいていの人は貸してしまうだろう。金を貸してしまったことのある人は、「可哀想だから」「返してくれると思ったから」のほかに、「早くこんな嫌なことから逃れたかった」「戻ってこないのはわかっている。でも、二度目に来たときに断りやすいから」などと話した。

 「ぐるり」の亭主としては正直、関わりたくない問題である。「地域」を相手にしているコミュニティ施設の責任者として、積極的には踏み込みにくい。
 “被害者(金を貸した人)”も宮西さんの立場を考慮したのか、私に直訴しない。しないのに勝手に行動を起こすこともできないし、最良の解決策も知らない。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop