• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月24日 10:47

インターネットにも広がる卑劣な情報操作の罠 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。植草氏はメディアの偏向報道に対する危機感を露わにするが、インターネットにもその動きが広まっていると懸念する。〝汚染〟された情報のなかから真実の情報を探り当て、投票行動に反映させるように呼び掛ける。


 7月10日の選挙は「安倍政治の是非」を問う選挙である。「安倍政治の是非」を問う一つの項目に経済政策がある。これも選挙争点のひとつになるが、これだけで選挙を判断してよいわけがない。
 原発
 憲法=安全保障
 TPP
 基地
 経済
 の五つの問題があるのだ。

 NHKの政治部を代表する人物はニュース番組の解説のなかで、「与野党の政策に違いがない」などというふざけた発言を示したが、日本の主権者が戦わなければならない相手は「メディア」でもある。原発、憲法、TPP、基地、経済の五つの問題があり、いずれも日本の未来を左右する重大問題である。そして、この五つの問題について、安倍政権と安倍政権対峙勢力との間に、正反対の主張が存在する。
 原発:推進 対 廃止
 憲法:戦争推進 対 平和主義維持
 TPP:参加 対 不参加
 基地:建設強行 対 建設阻止
 経済:格差推進 対 格差是正
 という対立がある。「政策が似ている」などという論評はあり得ない。

 これらの重要争点における対立の原点は、
 資本主義 対 民主主義
 である。資本主義というのは1%の利益の追求であり、民主主義というのは99%の利益の追求だ。資本主義 対 民主主義 の対立図式で政治を理解することが必要だ。そして、1%の資本主義が、99%の資本主義に勝つための武器が、
 情報操作=メディア・コントロール
 である。1%の側は、メディアを支配し、情報を統制しない限り、99%の勢力に負ける。そこで、1%の勢力は、マスメディアを完全支配するが、これだけでは足りない。インターネットという情報空間が生まれており、この空間をも支配しなければ、1%が99%に勝つことができない。

 6月19日に開催された「ネット党首討論」はインターネット上の空間に対する既得権勢力の支配を鮮明に浮かび上がらせた。この企画の中心に位置したのが、株式会社ドワンゴだが、こうした存在が、政治的公正、中立をまったく確保していない。司会に古市憲寿なる人物を起用して、偏向した党首討論を実施した。NHKも偏向しているが、ドワンゴが企画する企画も十分に偏向している。その古市氏が生活の党と山本太郎となかまたち代表の小沢一郎氏に対して、極めて幼稚な対応を示した。

 この一件だけで古市氏の起用がなくなるのは当然のことだが、既得権勢力に汚染され、支配されている日本の情報空間では、こうした下劣な存在が温存される。主権者は1%の勢力による情報操作、情報誘導、メディア支配に抗って、正しい判断を下し、正しい行動を示さなければならない。マスメディアのみならず、インターネットの情報空間も十分に汚染されていることを知っておかねばならない。

 人間にもいろいろな種類がある。それを大きく分類すると二つに分かれる。ひとつは、自分の利益を優先する種類の人間。もうひとつは、自分の利益よりは、ものごとの筋道を優先する種類の人間。それぞれの生き方だから、それはそれでいい。しかし、自分の利益を優先する種類の人間は、はたから見ていて見苦しい。見苦しくても、何を言われようとも、自分の利益になるなら構わないと考える種類の人間だ。最近は、お笑いの世界のなかにも、この種類の人間が増えている。たしかに、それをやれば出番も増えるし、所得も連動して増えるから、そちら
になびく人間が増えるのは分かるが、はたから見ていると、やはり見苦しい。

 これに対して、筋を通すタイプの人間が減った。減ったと言うより、筋を通すタイプの人間が、メディアから排除されていると言った方が正確だろう。筋を通すタイプの人間は、排除され、現世利益からは遠ざかっているが、このタイプの人間は、それを基本的に良しとしている。そして、目先の利益だけを追い求めて、魂を売り払っても、何とも感じない種類の人間を悲しい存在だと感じている。

 大事なことは、ものを見る目を養うことだ。本当によくものが見えてくると、権力や金に群がり、こびへつらう、米つきバッタのような存在が見苦しいと感じてくる。テレビに出て、権力に阿り、権力にひざまづく言説を撒き散らして、何の痛痒も感じない感性の麻痺した状態に陥り、ひたすら茶坊主に徹する人々が溢れている。しかし、この種類の人間ばかりが増殖すれば、必ず道を誤ることになる。時代は必ず変わる。悪道に大きくそれれば、必ず、正道に立ち帰るときが来るはずである。その日は近いだろう。

 「お天道さまが見ている」は小沢一郎氏がいつも口にする言葉だが、長い目で見れば、必ず「お天道さまが見ていて」道は変わるのだ。これだけ悪道にそれているのだから、正道に回帰する日は遠くないはずである。目先の欲得に囚われ、権力に迎合し、権力の僕になる種類の人間は悲しい存在だ。この国の未来、人々の幸福を考えるのが政治の役割であって、自分の利益、目先の利益だけを追い求めるのは、とりわけ、政治のあるべき姿の対極にある行動である。

 「今だけ、金だけ、自分だけ」の「三だけ主義」がはびこる日本。これが日本社会をダメにしている元凶である。下劣が支配する情報空間から距離を置いて、長い目で見て、必ず立ち帰る「正道」を見据えて、主権者が誤りのない判断を下してゆかねばならない。7月10日の選挙に向けて、大事なことは、この国の未来を左右する五つの重要争点について、自分なりの判断を持つこと。そして、その判断を確実に実行する、明確でブレない政党、候補者に一票を託すこと。メディアはマスメディアもインターネットも汚染されている。そうした汚濁にまみれた情報空間の中から、清冽な地下水の水脈を見つけ出し、その水脈から真実の情報を得て、選挙に挑まなければならない。主権者の目が曇らなければ、現在の悪道を正すことができるはずだ。

※続きは6月23日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1468号「「三だけ主義」で衰退する泥沼ニッポンの再生」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 07:00

球磨川豪雨検証委員会・川辺川ダムがあれば~球磨川は決壊しなかった可能性を示唆(後)NEW!

 流域市町村のメンバーからは、基本的に川辺川ダム建設に前向きな発言が相次いだ。濃淡はあるが、主な発言をピックアップすると、以下のようになる...

2020年10月01日 07:00

すり鉢の底・渋谷の浸水対策~駅東口に4,000m3の雨水貯留施設(後)NEW!

 同施設の主な集水エリアは、渋谷駅東口駅前広場から宮益坂上交差点付近までとなっており、1時間あたりの降雨量が50mmを超えた場合に取水される仕組みだ...

2020年10月01日 07:00

市内企業の成長促す金融支援~下関市と連携協定で課題解決へ(後)NEW!

 『日本史の節目にたびたび登場しているほか、明治維新はもちろん、欧米列強の仲間入りのきっかけとなった日清戦争後の「下関条約」締結など、日本の近代化はある意味、この山口...

2020年10月01日 07:00

歴史・交通・人をつなぐ結節点~海峡都市下関市のこれから(2)NEW!

 1901年5月には山陽鉄道が延伸し、その終着駅として「馬関駅」(ばかんえき)が開業。翌02年6月に赤間関市が現在の「下関市」に改称したのにともない、馬関駅も下関駅へ...

2020年09月30日 17:18

9月30日の日経平均~前日比▲353.98円の2万3,185.12円

 【表1】を見ていただきたい。日経平均株価の推移表である。 ~この表から見えるもの~ ◆今日30日の日経平均株価(終値)は、前日比▲353円98銭の2万3,185...

2020年09月30日 16:07

まちかど風景・西区~周船寺駅から徒歩5分圏内にマンション

 福岡市西区周船寺2丁目。JR「周船寺駅」から徒歩5分圏内で、スーパー「にしてつストア周船寺店」の裏手にマンションが建設予定となっている...

2020年09月30日 16:00

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(中)

 四方を海に囲まれ、約70%の森林をもち、平地には豊かな農地を開墾することで、人間の命を守ってきた知恵。山紫水明の国として、豊かな自然環境を大事にしてきた知恵...

2020年09月30日 15:57

糸島漁協×博多女子高校生、「糸島鯛味噌~香る3姉妹~」販売へ

 糸島漁業協同組合と博多女子高等学校の生徒とのコラボにより、糸島天然真鯛を使用した新たな商品が完成した。商品名は「糸島鯛味噌~香る3姉妹~」...

2020年09月30日 15:33

基準地価 福岡は上昇続くが天神ビッグバンに懸念の声も

 国交省は、今年7月1日時点の地価調査の結果を発表した。全国全用途の平均は、2017年以来の下落に転じ、三大都市圏では名古屋圏が12年以来の下落、東京・大阪は上昇を継...

2020年09月30日 15:30

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(2)

 「自由民権運動の指導者で、日本のルソーとも言われた中江兆民氏は病気で余命1年と言われたときに執筆した著書『一年有半』のなかで...

pagetop