わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月27日 10:12

開発に揺れる柳橋連合市場(7)~高口ビル建替進めるジョイフル社とは

 柳橋連合市場一帯を再開発しようという構想はずいぶん前からあったものだが、依然として実現はしていない。部分的な開発は今に始まったものではないが、現在2つの開発案が同時に進行しており、それぞれの説明会が住民および事業者向けに重ねられている。大規模開発を進める地場業者と部分開発を進める県外業者。2者の取り組みをめぐり、市場内関係者の反応にも温度差が生じてきている。

関東での住宅開発で実績

ジョイフル社福岡支店<

ジョイフル社福岡支店

 ジョイフル社は1996年7月に設立された不動産業者。創業より、本社を置く東京都や神奈川県を中心に、マンションや戸建住宅の開発および販売を展開。とくに戸建分譲住宅では「ジョイフルタウン」シリーズを数多く提供している。賃貸物件も保有しており、マンションを中心に不動産賃貸業も展開している。

 福岡支店開設は2008年頃。以降福岡でも、首都圏と同様に地主に対し、住宅地の開発や商業店舗などの不動産活用を提案している。福岡市中央区春吉の柳橋連合市場に支店を移したのが14年9月。その頃より、柳橋周辺での不動産開発を手がけるようになっている。同地は地権者が細かく分かれており、交渉により、それをまとめていくというもの。市場関係者の話では、ジョイフル社が最初に手がけたのは2、3年前で、そこは現在マンション建設中である。その後も、同市場内の不動産取得を進めており、まとまれば販売展開していく計画だ。また、マルキョウ柳橋店跡地では、土地を借りて駐車場を運営。当初はマンションやホテルなどの建物建築を計画していたようだが、進入口が狭いこともあり断念している。

 そして、現在立ち退き交渉が続いている、同市場内中央部に位置する高口ビルに着手することになる。

焦る交渉、迫る決済期日

 高口ビルの所有者と売買契約を交わしたことで、ジョイフル社は4月より立ち退き交渉を開始。個別に面談した入居者からは「ジョイフル社が高圧的な態度で、早急な立ち退きへの合意を迫ってきた」ということが指摘されている。一連の強引なやり方により、入居者だけでなく同連合市場の組合員も不信感を抱いている。

 なぜそれほど急ぐのか。――買収したはいいが、まとまらずに塩漬けになっている土地もある。不動産関係者はこう語る。「本拠地東京には、活況を呈する市場がある。それでも福岡で活動を活発化させるあたりに、ジョイフル社の苦しい台所事情が見える」
15年9月期末時点の同社の有利子負債は長短合わせて、約14億7,000万円。これは売上高と同規模であり、借入金依存度は実に、84.9%となる。新たな資金調達余力は乏しいと考えられ、一部関係者から「資金調達に苦労している」という声もあがっている。営業利益は3,000万円を超えているが、そのほとんどが支払利息で消え、経常利益は216万円に留まっている。高口ビル決済の期日は6月30日。資金調達できなければ、すべてが白紙に戻る可能性もある。

(つづく)
【東城 洋平】

hyou

▼関連リンク
・開発に揺れる柳橋連合市場(1)~3,800坪の再開発事業
・緊急臨時総会で何が語られるのか 開発に揺れる柳橋連合市場
・柳橋連合市場でボーリング調査 場内に響くドリル音は開発への号砲か
・福岡市中心部3 500坪の再開発計画再び 柳橋連合市場

<COMPANY INFORMATION>
(株)ジョイフルコーポレーション
代 表:佐野 吉裕
所在地:東京都町田市能ヶ谷5-1-14
福岡支店:福岡市中央区春吉1-1-1
設 立:1996年7月
資本金:5,000万円
業 種:不動産売買、賃貸ほか
売上高:(15/9)15億3,682万円

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop