• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月10日 10:20

水産業の将来に大きな危機感、仲卸大手として魚食拡大に工夫(前) 福岡の未来を創る101社 

(株)アキラ水産

アイランドシティにアンテナショップを開店

mentai 東区の人工島・アイランドシティに2016年2月、福岡市中央卸売市場の新しい青果市場「ベジフルスタジアム」がオープンした。野菜とフルーツが集まる競技場をイメージした施設内には定温卸売場や競り場、一般来場者のためのレストランやショップなどがある。その一角に「四季海鮮(海は毎部分が母、鮮は魚という字を3つ組み合わせた造語)」という鮮魚や加工品を扱う店が開店した。福岡市の長浜で水産物仲卸業を中心に営む(株)アキラ水産が手がけた、魚食普及のためのアンテナショップである。
 同社が一般消費者向けの小売店を持つのは、福岡市中央卸売市場鮮魚市場に続き2店舗目だ。その理由を安部泰宏代表取締役社長に聞いた。

 「魚食の拡大が大きな目的です。とくに直売所が少ない福岡市東部に住む皆さんに、良い魚や加工品をお届けしたかったのです。我々仲卸業の取扱量は、1995年をピークに、以後、年々下がっています。私の感覚では、最盛期の4分の1程度まで落ち込んでいるんですね。理由は魚食離れが進んでいるからなのですが、我々としてはもっと魚を食べていただきたい。それには、良い魚を消費者に直接届けるのが第一なのです」
 魚離れの要因としては、「肉に比べて高い」「魚を扱える人が少なくなった」「骨があるため食べるのが面倒」―などが挙げられる。なかでも、魚が高い背景には資源自体が少なくなっているうえに、世界的な日本食ブームの煽りを受け、これまであまり魚食をしなかった国が食べ始めたという事情がある。

 「世界的に、魚の取り合いが始まっています。それに肉と違って魚は、その年によって収量が予測できません。環境の変化で不漁の年が続いたりするため、魚価の高騰につながるわけです。だから魚の養殖が増えて、スーパーに並ぶのは養殖ものがほとんどという場合もあります。ただし技術の向上で、天然ものに負けないほどおいしくなりましたけれど」。
 高い、面倒、食べない、だから売れない、また高くなる―完全に負のスパイラルに入っている水産業。安部社長によると問屋の数も減っており、福岡ではかつての6割しか残っていないという。また、魚屋も町なかで見かけることが少なくなり、スーパーの鮮魚部門も赤字のところが多いようだ。もちろん安部社長は、こういう状況をただ傍観してきたわけではない。

 同社は、大正中期の創業。博多の台所「柳橋連合市場」のルーツとなった「明市場」が出発点だ。安部社長の祖父・栄次郎氏と伯父の明氏、父の篤助氏が起業した。仲卸業を始めたのは1960年。これからはスーパーマーケットの時代が来ると安部社長が判断し、戦後、篤助氏が切り盛りしていた鮮魚店を量販店向けの業態に大きく変えた。
 その読みが当たり、業績は右肩上がりでアップ。福岡水産業のリーディングカンパニーに発展した。一方で、業界全体の活性化に注力。魚食拡大にも努めてきた。その一例が、福岡市民の間で定着した市場開放イベント「市民感謝デー」だ。これは、福岡市鮮魚仲卸協同組合理事長も務める安部社長が旗振り役となって、毎月第2土曜日の午前9時から3時間、普段市場に入れない市民に開放。毎回6,000人もの人々が詰めかけ、開場を待ちわびる人が早朝6時頃から行列をつくる。
 「うち1社だけではなく、水産業全体の再興につながればと思って始めましたが、これほど受け入れられるとは嬉しい限りです。需要はまだあるということですね」(安部社長)。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:安部 泰宏
所在地:福岡市中央区長浜3-11-3-711
設 立:1960年4月
資本金:2,000万円
TEL:092-711-6601
URL:http://www.akirasuisan.co.jp

<プロフィール>
abe_pr安部 泰宏
1939年3月福岡市生まれ。福岡大学附属大濠高校卒業。(株)アキラ水産代表取締役社長を務める一方、全国水産物卸組合連合会副会長や九州地区水産物卸組合連合会会長、福岡市鮮魚仲卸協同組合理事長として魚食拡大をめざし多忙な毎日を送る。福岡商工会議所副会頭。11年に旭日双光章受章。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

pagetop