• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月15日 11:17

基本姿勢の遵守と勤勉であること(前) 福岡の未来を創る101社 

進興設備工業(株)

自社施工の強みにより元請工事がさらに上昇

sinko 進興設備工業(株)は、給排水衛生設備・空調換気設備工事を手がける地場設備工事業者だ。1959年3月に、創業者であり初代代表の的野傳氏によって設立された。84年4月に部長職であった舩津政隆氏が2代目社長に就任。99年4月に創業者の子息の的野敢氏が3代目社長に就任。継承後も、強靭な経営体質の超優良会社として一目置かれた。そして4代目の代表取締役社長として2013年4月に就任したのが、現代表の大野史朗氏だ。

 大野代表は、同社一筋の生え抜きである。入社以来、工事部門の道を歩み、代表就任前は取締役工事部長を勤めるなど、言わば現場におけるエキスパート。同社の品質と技術の高さは業界内の誰しもが知るところだが、その最前線を担ってきたのが大野代表その人なのだ。

 現在の同社の事業は、新築工事(主に地場ゼネコンからの下請工事)と改修工事がそれぞれ50%である。「長年の営業活動の賜物で、元請工事─改修工事が年々増加傾向にあります。我が社がどこよりも早く、この改修の分野に対して準備し取り組んできたことが、今、実を結んでおります」(大野代表)と、マンションを中心とした改修工事の受注が増加している。

 改修工事の依頼先は、主に管理組合から。管理組合は一般個人顧客が集結した団体であり、企業との取引とは違った対応が必要となる。一個人の住居の専有箇所に入っていかなければならない。それには顧客からの安心と信頼感を構築していくことが大切となる。「我が社は、自社の施工部門で工事を手がけるという強みを持っております。通年20名前後の組織を編成し、対応できるところが特色です」(大野代表)と、自社施工ができるというポイントが、顧客に安心と信頼感をもたらしている大きな要因だとする。何よりも、自社施工は顧客のオーダーをすぐに反映できるという利点がある。

 一方の新築工事においても、同社の自社施工部門が活躍している。同社の施工部門を頭に、同社の協力専門工事業者と融合したチームを編成し、高い品質と技術を提供するのである。「現在は、お客さまから担当者の指名で仕事をいただくケースが増えてきております。ありがたいことです」(大野代表)と、同社の施工を含めた総合的な事業の構築が、高レベルであることを物語るエピソードの1つである。

 自社施工を有するには、通常の同業のマネジメントの約1.5~2倍の経費を要するという。一時は、自社施工の体制を諦めて、すべて下請に転換することも検討されたが、「やはり我が社の経営の信念と哲学において、自社で施工することが生命線であるとの考えで、維持してきました」と大野代表は語る。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:大野 史朗
所在地:福岡市南区玉川町4-2
設 立:1959年3月
資本金:5,000万円
TEL:092-551-6883
URL:http://www.shinkoh-s.com

<プロフィール>
oono_pr大野 史朗
2013年4月に生え抜きの工事部長から4代目の代表取締役に就任。「舩津イズム」を実践し地場でも有数の設備工事業の同社を牽引している。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

pagetop