• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月03日 15:57

盛り土真相すら解明できなければ期待は失望に一変 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、9月30日の小池百合子・東京都知事の定例会見での発表を踏まえて、盛り土問題の真相を解明できなければ、小池氏への期待は失望に変わってしまうとした、10月1日付の記事を紹介する。


 東京都の小池百合子知事が9月30日の定例会見で、豊洲市場の主要建物下から盛り土が消えた問題の調査結果を発表した。しかし、どのような経緯で「盛り土」が消滅したのかを明らかにできなかった。
 この結果を「予想通り」と受け止める向きは存在するが、それで済ませるわけにはいかない。盛り土を行い、その上に建屋を建設することになっていたものが、盛り土をせず建屋を建設したのであるから、その間の経緯が存在する。2011年3月から6月の間に基本設計が変わったことが明らかになっているのだから、関係者からその間の正確な証言を得ることによって真実は明らかになるはずだ。

 それをできない、あるいはしない、ということになるなら、ガバナンスの欠如を問われるのは小池百合子新知事自身になる。関係者および職員から、詳細に説明を求めることすらできないなら、今後の都政を運営することなど不可能になる。

 新市場の水質調査では生命に危険を及ぼす有害物質が環境基準値を上回って計測された。いよいよ新市場の利用は困難な状況を迎えている。建屋地下部分に空洞がある方が好ましいとの関係者意見が散見されるが、このことと盛り土をすべきかどうかとは全くの別問題だ。
 汚染された土壌の上に市場を建造することから盛り土を行うことが決定された。建屋の地下部分に空洞部分を設けることが望ましいなら、それは、盛り土の上の建造物において、そのような設計をすればよいだけのことだ。

 盛り土を行い、その上の建造物の地下部分に空洞部分を建造するとなると費用がかかる。そこで、盛り土部分を除去して空間部分に充てただけであると思われる。工費を浮かすための工作であった疑いが濃厚である。

 建築施工の入札が公正に行われるなら、設計変更は工事費に反映されることになる。しかし、落札業者を選定する入札が、一企業体だけの応札で、しかも、予定価格とほぼ同額の落札価格ということでは、この価格が適正であるとは全く言えないことになる。誰かが不正に利得を得るために設計変更を行ったとしか考えられない。学術上の意見対立があったわけではない。
 東京都は納税者である都民に対して、新市場建屋は盛り土の上に建造したと公表し続けた。虚偽公表を行っていたわけで、その責任も問う必要がある。「調べたけれども分からなかった」では小学生の宿題でも許されないはずだ。小池氏の力量が問われるのはこれからである。

 東京汚リンピックの総費用が3兆円を突破するとの見通しを東京都の調査チームが発表したが、国は傍観者の振る舞いを続けている。丸川珠代五輪担当相は、自分の任務はセキュリティー対策、輸送、気運の醸成だけだと答弁したが、組織委員会、東京都が負担できない費用は国が最終的に負担することになる。国の負担は丸川氏の負担ではない。国民の負担である。最終的に国民負担が発生する問題に対して、組織委員会や東京都に丸投げの姿勢では、国民が納得しない。

 そもそも、東京五輪開催を日本国民は求めていない。東京五輪を求めているのは、五輪開催にかこつけて私腹を肥やそうとする利権亡者および利権亡者企業だけである。一般の国民は五輪にお金を注ぎ込む前に財政支出を優先的に充当するべき対象があると考えている。

 政府は社会保障を徹底的に切り込む一方で、利権支出だけは積極的に増大させている。観光ビジネス、訪日観光客増大の政策と言えば聞こえが良いが、財政資金に関係業界や関係省庁、関係天下り機関が群がっているだけの構図だ。
 その一方で、介護保険のサービス提供が一気に切り下げられる。要介護1~2の要介護者は自己負担が激増して生きてゆくこともままならない状況が生じる。日本財政から利権支出を取り除けば、北欧並みの社会保障水準を確保できるだろう。日本の社会保障制度が貧困であるのは財政窮迫によるものでない。利権支出優先の財政支出構造に原因がある。

 築地の豊洲移転を延期しただけでは何も変わらない。問題の本質を抉り出し、五輪についても「利権体質がもたらす闇」を明らかにして、初めて「成果」と言える。
 小池新知事の真価が問われるのはこれからである。

※続きは10月1日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1554号「社会保障切っての五輪開催を誰が求めているか」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)NEW!

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)NEW!

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)NEW!

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop