• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月07日 13:17

たしかな野党強大化を阻止するための第三極創設 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、2008年以降に行われてきた「隠れ与党」の「第三極」を人為的に創作する活動について言及した、11月6日付の記事を紹介する。


 11月6日のNHK日曜討論は5党でなく8党で実施された。当然のことだ。今後の政党討論は8党を堅持するべきである。日本維新は野党の顔をしているが、完全なる「隠れ与党」勢力である。

 2008年以降、いわゆる「第三極」を人為的に創作する活動が続いてきた。本ブログ、メルマガでは、この問題を当初から取り上げてきた。
 2008年夏にフジテレビが「CHANGE」と題する政治ドラマを制作した。2008年7月14日付本ブログ記事「「偽装CHANGE」VS「真正CHANGE」」に次のように記述した。

 「国民を侮蔑する政治権力は、政治プロパガンダドラマ「CHANGE」を利用して、国民を誘導しようと企んでいる。
1.官僚利権打破の旗を掲げる中川秀直氏を軸とする自民党「上げ潮派」、
2.小池百合子氏を軸とするTPLおよび小泉チルドレン、
3.竹中氏の影武者である高橋洋一氏を軸とする「脱藩官僚の会」、
4.橋下徹知事を軸とする知事グループ、
5.民主党分断工作を担う前原誠司氏を軸とする民主党「凌雲会」グループ、
 これらの各勢力を政治プロパガンダドラマ「CHANGE」で連結し、次期総選挙での反自民票の受け皿にしようとの策略が練られている。
 国民の幸福を目的とする政治行動ではない。政治権力を維持するために国民を利用しようとするプロジェクトである。飯島勲氏がプロジェクトリーダーである」。
 TPLとは猪口邦子、小池百合子、佐藤ゆかり議員が結成したグループ「トーキョー・プロジェクツ・オブ・バイ・フォー・レディース」の略称である。

 フジテレビドラマ「CHANGE」は、飯島勲氏が監修、渡辺喜美行革相の秘書田中良幸氏が政治指導を担当して制作された。与党の意向を反映したドラマだったのである。渡辺喜美氏が中心になって創設された「みんなの党」を立ち上げるための政治ドラマであったとも言える。

 「みんなの党」は2009年夏に創設されたが、鳩山由紀夫政権の樹立を阻止できなかった。「みんなの党」が期待された成果を上げ得なかったことを受けて、既得権勢力は2012年になると橋下徹勢力を大宣伝し始めた。これが「第三極」勢力の人為的創作であった。

 2012年の総選挙で本当の第三極であったのは「国民の生活が第一」(未来の党)である。
 国会議員数は大政党の規模を維持していた。民主党が消費税大増税に突き進み、国民に対する背徳政党に堕落した。この民主党から、主権者との契約を守り抜こうとした議員が離党して創設したのが「国民の生活が第一」だった。民主党、自民党、そして、国民の生活が第一による戦いが2012年総選挙の本来の姿であった。

 メディアは連日連夜、橋下維新の大宣伝に明け暮れた。この大宣伝を推進した最大勢力がNHKである。現職議員7名の橋下維新を誇大宣伝し続けた。2012年9月12日に開催された維新の結党パーティーをメディアが大報道した。

 他方、国民の生活が第一は2012年7月に現職国会議員49名で創設された大政党である。この新党「国民の生活が第一」が東京のホテルニューオータニで結党記念パーティーを開催したのが10月25日。パーティーには日本維新の会の創設パーティーを超える4,000人以上の支援者が集結した。
 ところが、この日に合わせて石原慎太郎東京都知事が辞任表明し、メディアは国民の生活が第一の結党記念パーティーを一切伝えなかった。

 その後、国民の生活が第一は「未来の党」に名称を変更して2012年12月の総選挙に臨んだが、政権公約を発表したのが12月2日である。
 この日に中央高速笹子トンネル崩落事故が発生した。フジテレビ夜の報道番組は、全時間をトンネル事故に充当して、未来の党の公約発表にまったく触れなかった。総選挙に向けて各党の公約発表を大きく取り扱ってきたメディアが未来の党については一切報道しなかった。
 自民党はトンネル事故を素材にして「国土強靭化の公共事業拡大」を最大宣伝した。トンネル事故は人為的に創出されたものである疑いがある。

 現在、メディアは小池新党を宣伝し始めているが、これらはすべてつながっている。「隠れ与党」の「第三極」を膨張させる策謀なのだ。
 安倍自公政権に正面から対峙する勢力が国会過半数を占有することがないよう、「隠れ与党」の「第三極」を拡大させる策謀が進展している。「維新勢力」、「小池新党勢力」は基本的に自民別働隊であることをしっかり認識しておかねばならない。

※続きは11月6日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1585号「自民別働隊の小池新党に騙されるな」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop