• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月15日 07:02

プーチンを取るか、スーチーを取るか?注目すべき新生ミャンマーの国造り(2) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 プーチンのロシアが関係強化に走っているのは中国に限らない。ベトナムへの食い込みは半端ないものがある。ロシアの自動車メーカーは、ベトナムで製造し統一市場がスタートしたアセアン諸国を皮切りにアメリカ本土にまで売り込み攻勢を仕掛ける準備に入っていた。TPPが成立すれば、ロシア製の自動車が交通事故を瞬時に避けるテレポーテーションの技術をアメリカに関税なしで輸出できるという目論見すらあった。

hoppouryoudo 当然、そうした思惑通りに行くはずはないだろうが、プーチンのロシアは一筋縄ではいかないことをしっかり肝に銘じておくべきだろう。プーチンが唱える、北方領土問題を巡る「引き分け」の中身は、日本が願っているような領土問題の解決ではなく、領土問題のテレポーテーション化に過ぎない。期待を煽って、経済協力や技術移転という実利をまず手に入れることに主眼が置かれていると思われる。その際の切り札は「日本が協力しなければ、中国と組みますよ」の一言だろう。

 そんななか、日本にとっては新たなビジネスパートナーとしてミャンマーに目を向ける時であると提案したい。「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマーの現状と未来に世界の注目が集まっている。大半の日本人は東南アジアといえば、タイやベトナムどまりで、ミャンマーまでは関心のアンテナが行き届いていないようだ。実はミャンマーでは2011年から、当時のテン・セイン政権の下で政治と経済の改革がスタートした。それまでは強権的な軍事独裁政権が続いたため、世界から最も情報が遮断された国と見なされていたものである。

 小生は何度か同国を訪れたことがあるが、軍事政権の下でも多くの人々が日本に対して愛着と敬意を抱いていることを間近に体験することができた。しかし、長年にわたる軍事政権の支配の下、自由な言論、政治、経済活動は認められず、国民の日常生活はあらゆる面で厳しく制限されてきていた。その象徴がアウン・サン・スーチーさんの自宅軟禁に他ならない。1991年には民主化運動が評価されノーベル平和賞を受賞することになったが、その授賞式にも出席することは叶わなかったのである。

 国際社会の働きかけもあり、ミャンマーにとっては初の民主的な選挙が2015年にようやく実施され、スーチーさんの率いるNLD(国民民主連合)が政権の座に就くことになった。紆余曲折を経て、16年4月には、スーチーさんを実質的な国家の最高指導者とする体制が固まった。
 それ以来、国際通貨基金(IMF)の表現を借りれば、「世界で最も急激な経済成長を遂げる国」として、国際社会の注目と関心を集めている。IMFのデータによれば、16年ミャンマーは年間8.6%の経済成長を遂げており、これはブータン、インド、ラオス、カンボジア、バングラデッシュなどアジアのライバルを抑えて、正に世界ナンバー1の記録である。

(つづく)

<プロフィール>
hamada_prf浜田 和幸(はまだ・かずゆき)
国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。
今年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見〜「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月20日 09:30

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(後)NEW!

 日本では安楽死も尊厳死も法制化されていない。安楽死が認められている国は、オランダ、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、アメリカ(ニューメキシコ、カリフォルニア、ワシン...

2019年08月20日 09:05

まちかど風景・西区姪の浜〜姪の浜6丁目にファミリー向け分譲マンションが着工予定NEW!

 福岡市西区姪の浜6丁目にある空き地が、12階建のファミリー向け分譲マンションに生まれ変わる。建物の概要は、「(仮称)ファーネスト姪浜」。鉄筋コンクリート造で、部屋数...

2019年08月20日 07:00

日韓の経済力格差は?(後)NEW!

 日本は産業構造の改革に失敗して、経済がそれほど成長せず、低迷している。日本ではそれを「失われた20年」などと表現している。韓国も日本の産業構造を取り入れたので、同じ...

2019年08月20日 07:00

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(中)NEW!

 ユニゾHDの小崎哲資社長は、知る人ぞ知るメガバンク業界の有名人だ。東大法学部を卒業し、旧日本興業銀行に入行。故西村正雄・興銀頭取の信を得て、1999年の富士銀行、第...

NHK抜本改革が必要不可欠であるという真実

 「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院議員に当選し、同党が政党要件を獲得したことを契機にして、NHK問題に対する主権者の関心が高まっている。NHKが「公共放...

2019年08月19日 15:40

マツキヨHD、ココカラファインと経営統合の協議開始

 (株)マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、松本清雄社長)と(株)ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、塚本厚志社長)が経営統合に向けた協議開始に関...

2019年08月19日 15:06

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(1)

 まずは弊社が発刊するI・Bの2019夏季特集号の巻頭文「『人口減』の先に待ち受ける、激変時代 企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか」を参照されたし。

2019年08月19日 14:51

フージャース、大分で99戸新築マンション

 大分市中島町2丁目で、まもなくマンション新築工事が始まる。物件名は「デュオヒルズ大分中島」で、地上15階建の総戸数99戸のマンション。建築主は(株)フージャースコー...

2019年08月19日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』「夏だ! 沢登りの季節がやってきた」

 今年の夏は例年より暑さを感じます(加齢のせいもあり)。こんな時期の山旅は沢に限ります。福岡市早良区飯場に福岡市で唯一の大型渓谷「野河内渓谷」があります。この渓谷は井...

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1)

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを...

pagetop