• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月10日 10:24

「文春砲」も販売面では不発の週刊誌マーケット(前)

 あの「文春砲」も販売面では不発だった――。日本ABC協会がこのほどまとめた2016年1月~6月の平均雑誌販売部数調査によると、スクープを連発してきた週刊文春でさえ、販売部数の増加は前年同期比1万9,000部余と、ごくわずか。文春の宿敵の週刊新潮は同じ期間に4万3,000部も減らしており退潮著しい。10万部を割り込む週刊誌も続出し、このままでは「週刊誌」というビジネスモデル自体が崩壊しそうだ。

 週刊文春は、新谷学編集長の謹慎が解けて1月に職場復帰後、スクープを連発するようになったのは周知のとおり。タレントのベッキーのゲス不倫騒動、甘利大臣の金銭スキャンダル、SMAPの独立・解散騒動、神戸連続殺傷事件の少年Aを直撃するなど、「文春砲」という造語ができるほど耳目をひく特ダネを連打し、お茶の間に広く話題を提供した。読売新聞、産経新聞、NHKが露骨に安倍政権にすり寄って政府広報機関と化し、朝日新聞が14年の従軍慰安婦の訂正報道と「吉田調書」問題によって凋落するなか、ひとり大手メディアで気を吐いたのは文春だった。新谷氏やスクープ記者の中村竜太郎氏ら文春の編集者・記者は一躍有名人になり、「文春の次のスクープは何か」と、たえずその動向が注目を集めてきた。

book しかし、衝撃的なのは、これだけのスクープを連発しているにもかかわらず、販売部数は前年同期比でわずか1万9,000部増の43万部余にすぎないことだ。一昔前ならばもっと如実に販売部数増に現れ、雑誌には珍しく増刷、あるいは刷り部数を増やすということもありえただろうが、これだけ連打しまくっても2万部弱の増加にすぎない。「以前だったら考えられないことですが、まったく深刻ですよ。全然、販売に結びつかないのです」と文春編集者は言う。十数年前までだったら十万部の部数増が見込めたはずだが、そうなっていないのだ。

 文春がスクープを放っても、あっという間にインターネット上で概要が拡散し、読者はキュレーションサイトで無料の要約記事で概要を知ることができる。そして後追いするテレビの情報番組の内容で満足し、実際に文春を買って読もうという行動にさほど結び付かないのだ。

 意外なのは、同じ期間に週刊現代と週刊ポストがさしたるスクープがないにもかかわらず、それぞれ2万部増の32万部、27万部だったことだ。現代とポストは労の多いスクープ路線を捨て、医療記事やセックスなど中高年サラリーマン向けの「読み物」に特化した路線に転換して奏功したといえる。文春は訴訟リスクなど労多くして、益は意外に少なしといえるだろう。

(つづく)
【ライター・岩井 さやか】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年08月07日 16:39

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(前)

 政治、経済、軍事とあらゆる分野で世界最強の地位を誇ってきた超大国アメリカの土台が崩れ始めている。新型コロナウィルスの感染者数でも死亡者数でも世界最悪の記録を更新中だ...

2020年08月07日 15:30

福岡アジアビジネスセンターが令和2年度「海外バイヤーとのBtoB ウェブマッチング支援事業」参加者募集中!

 「アジアをはじめ世界29カ国のバイヤーに、御社の製品を売り込んでみませんか?」「新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっている昨今、海外に向けて自社商品を売り...

2020年08月07日 15:00

日本再生シリーズ(1)企業の労働者不足解消には、人材獲得先の見直し革新が急務

 人口減少に歯止めがかからず労働者不足が深刻化する日本では、企業が取り組むことができる救済策が必要だ。労働不足を解決する外国人高度人材の積極的受入れにいち早く着目し、...

2020年08月07日 14:25

復活の道が見えない日産自動車の研究(1)

 日産自動車(株)を新型コロナウイルスの感染拡大が直撃した。世界販売台数は半減し、2021年3月期の純損益が、2年連続となる6,700億円規模の赤字に陥る見通し...

2020年08月07日 13:30

ニューヨークは必ず再起する(後)

 ロックダウンがあっても潰れなかった飲食店や小店は、今では少し楽になっているはずだ。ニューヨーク人にとって今もっとも関心の高い問題は、むしろ学級閉鎖だ...

2020年08月07日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(5)

 「2000年代以降「平成の失われた30年」の様相が次第にはっきりしてくると、日本の大学の劣化が明らかになり、多くの大学が『改革を進めても、大学は少しも良くならない』...

pagetop