わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月27日 09:47

小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動(8) 地域づくりにマーケティング発想を! 

 これまで、2011年から始まった小倉魚町銀天街中屋ビルの再生、そこから派生したリノベーションスクール活動の経過や意義などを書いてきました。
 このシリーズは今回で最後となりますが、その成果および周辺への波及効果についてお話します。

サンロード商店街の再生

撤去されたアーケード下の植栽道路

撤去されたアーケード下の植栽道路

 既述のように、中屋ビルが東側に面するサンロード商店街のアーケードは、15年度撤去され、今では広い空間が出現し道路舗装も植栽が施されるなど斬新なイメージの通りに変貌しています。

 この素晴らしい道路を活用して路上(公道)で飲食(オープンカフェ)やマルシェ(市場)もできるようになっています。これは北九州市の国家戦略特区を活用した規制緩和策のおかげです。

 16年8月には、「リノベーションまちづくりの大きな成果 『魚町サンロード商店街オープニングセレモニー』」が市長出席のもとに開催され、路上ファッションショーなども華やかに行われています。あわせて「第11回リノベーションスクール」も開催という状況です。

 さらに、「サンロード鳥町夜市」が常設され、夜9時までお酒も提供できるようになり、近隣の勤め人などからも大好評を得ており、夜も賑わうといった状況です。10月からは「サンロード鳥町マルシェ」もスタートしており、賑わいは一層増しています。

資料:RKBテレビ「豆ごはん」より

資料:RKBテレビ「豆ごはん」より

 このようなことからマスコミも注目し始め、RKBテレビの看板番組「豆ごはん」にも大きく取り上げられています。写真は、そのときの画像の一部です。「カルチェ・ラタン」が謳われているのは、当初(2010年頃)の目論見通りとみてよいでしょう。

 リノベーションスクールなどによる中屋ビルのテナントリーシングの成功ひいては、空きビルの再生、サンロード商店街との相乗効果による若者拠点化、さらには、マルシェや産直市(三番街自由市)、中屋ビル前の駐車場・商業施設ビル、クロスロード(これも国の補助金、戦略的中心市街地商業等活性化支援事業費補助金を活用)の盛況によりこの魚町3丁目一帯は、今やひところが想像できないくらいの賑わいを見せています。

周辺への波及効果

 そしてその波及効果は、近接する商業施設へもおよんでいます。

 一例として挙げれば、中屋ビルすぐ近くの廃業したファッション店跡地には、全国的にタクシー・不動産事業を展開する第一交通産業(北九州市小倉北区)が写真のような商業ビルを建築中です。

魚町3丁目、開発中の商業ビル

魚町3丁目、開発中の商業ビル

 その前面にある火災で消滅した店舗跡地の開発計画も進行中とか。さらに、再三触れてきた中屋ビルに隣接する空き店舗化した丸源ビルも、このほど買い手がついたとか。これは、上層階はマンション、低層階は商業施設とのことですが、中心市街地の人口増に寄与することは間違いないし、何より空き店舗が解消しきらびやかな商業施設が出現することで、小倉・北九州市の消費者へのアピールが行われることが重要です。

 以上のようなことから、魚町銀天街の中心はこの中屋ビル一帯に移りつつあるといっても過言ではないでしょう。しかも、中屋ビルオーナーの梯社長の話によれば、中屋ビル~サンロード商店街は、今後、朝は、朝市による賑わい、昼は、手づくりクラフトや雑貨の販売、夜はオープンカフェによる飲食で活気を生むという三毛作展開を考えるとのこと。今後の動向が注目されます。

リノベーションスクールの全国展開

 さてリノベーションスクールですが、嶋田氏はこの活動を全国に広めるべく現在、国土交通省の補助も得て全国各地に展開をしています。嶋田氏の活動をFacebookで見ておりますとまさに神出鬼没、よく身体が続くなと思うほどに各地でリノベーションスクール活動に勤しんでいます。

 リノベーションスクールについては、ネットで検索していただくとこれまでの活動報告などたくさんみることができます。また、リノベーションスクールの公開プレゼンテーションの動画は、YouTubeに上げられています。ぜひご覧ください。百聞は一見に如かず、です。

 以上で「小倉・魚町銀天街から始まるリノベーション活動」の報告を終わります。

(了)

<プロフィール>
100609_yoshidaM&R 地域マーケティング研究所
代表:吉田 潔
和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員/西日本工業大学客員教授/福岡大学商学部非常勤講師

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop