• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月23日 09:22

ロックフェラー後の世界秩序を握る人物(1) SNSI中田安彦レポート 

SNSI・副島国家戦略研究所 中田安彦

デイヴィッド・ロックフェラー氏

 デイヴィッド・ロックフェラーが死んだ。101歳。ニューヨーク州郊外のポカンティコにある自分の邸宅のベッドで眠りながら息を引き取ったというから大往生だろう。数年前から極端に外出の回数が少なくなり、ニューヨークの社交界からも遠ざかっていた。この世界最長老の金融家の死が保つ意味は何か、そして今後の世界秩序、とりわけアメリカの外交政策にどのような影響を与えるかを考えてみたい。

 私は、このデイヴィッド・ロックフェラーを2回ほど目の前でみたことがある。一度目は、2007年にロックフェラー一族が理事を務めてきた「ニューヨーク近代美術館」(MoMA)のアンテナショップが表参道ヒルズに出来たことを祝うイベントで自著の日本語訳のサイン会を行った時。二度目は2009年にロックフェラーが音頭を取って設立した「日米欧三極委員会」(トライラテラル・コミッション)の東京総会が行われていたホテルオークラのロビーで偶然見かけている。この時私は数人の友人と三極委員会を取材していたのだが、ロビーにいきなりロックフェラーが現れて、銀座にある「天一」という天ぷら屋に予約の電話を掛け始めた。この天ぷら屋はビル・クリントンもお気に入りの店だった。三極委員会の参加者と勘違いされたのか、天ぷら屋の予約が終わったあとに話しかけ、一緒に集合写真を取っていただいた。

 デイヴィッド・ロックフェラーというのはどういう人物か。スタンダード石油を設立した、石油王ジョン・D・ロックフェラーの孫にあたる財界人で、慈善事業家だ。ロックフェラーセンターを大恐慌のさなか建設したジョン・D・ロックフェラー二世の息子として、1915年に生まれた。5人の男兄弟の中では末っ子にあたり、ロックフェラー5人兄弟の中で唯一、実業界で活躍した。他の4人は実業界には縁がなかった。一族の遺産を元手にした文化・慈善事業に従事したのが、ジョン・D・ロックフェラー3世やローレンス・ロックフェラー。それから、ニューヨーク州知事や副大統領になったネルソン・ロックフェラー。そしてビル・クリントンを「隠し子ではないか」と言われるほどにかわいがった、ウィンスロップ・ロックフェラー(アーカンソー州知事)がいる。去年の大統領選挙ではドナルド・トランプが圧勝した、石炭産業が盛んなウエストヴァージニア州の選出の上院議員をつとめたジェイ・ロックフェラーはデイヴィッドの甥に当たる。ロックフェラーはもともと共和党員の家系だが、ジェイだけは民主党だった。ゴリゴリの保守ではない穏健な共和党員たちのことをネルソン・ロックフェラー共和党員とも呼んでいた時期がある。だが、ジェイも数年前に引退し、残された一族はデイヴィッドの息子たちも含め、みな慈善事業家として活動している。

 デイヴィッド・ロックフェラーは一族の兄弟が(一説には暗殺されたのではないかというほどに)早逝していく中で長寿を誇った。20世紀の後半にアメリカの世界覇権国となる動きと軌を一にして隆盛を誇り、勢いを失っていったようにも見える。これは、極端に単純化して言ってしまえば、デイヴィッド・ロックフェラーが、石油と金融、つまり資源とマネーを支配する仕組みを作ったことによる。

 外交問題評議会(CFR)というニューヨークのシンクタンクがある。ロックフェラーを始めとするニューヨーク財界人たちがアメリカの世界支配の戦略を議論する場として、イギリスの王立国際問題研究所をモデルに、第一次世界大戦直後に設立された。ロックフェラー家は第二次世界大戦中からこのシンクタンクを拠点に活動し、自らの資金力を活かし、ニューヨーク金融財界と政界、社交界、シンクタンクなどの学術界をまとめ上げるパトロンとして認知されていった。

 戦後の1955年に、現在のJPモルガン・チェース銀行とシティグループの母体となる銀行が合併して誕生した。シティバンクの前身にも一族の影響力は及んでいたが、デイヴィッドは、前者のチェース・マンハッタン銀行の経営陣に加わっている。ニューヨークの大銀行再編を見ていくとわかるが、このころ、アメリカの金融資本界で大きな変化が起き、モルガン財閥がロックフェラー財閥にその王座を譲っている。

 アメリカが世界覇権国としての地位を確立したのは、中東からイギリスの石油資本を追い出し、サウジアラビアの王族に対して米軍の軍事力でサウド一族の支配を保障するとともに、その石油取引の決済通貨を米ドルで行わせることに成功したからだ。だから、1971年のニクソンショックによって金本位制が完全に崩壊し、ドル紙幣がアメリカの覇権を担保する時代になっても、世界中に米軍を展開させ、その国力の信用によって世界の貿易の決済通貨としてのドルの地位を確立させたことで、アメリカの世界覇権が揺らぐことはなかった。

 ロックフェラーは、先に述べたCFRの理事会やその他のアジア・ソサエティやジャパン・ソサエティといった民間団体を通じ、各国の政治エリートとの関係を作り上げていった。戦後の欧州連合(EU)に至る道を議論したのが1954年に設立された米欧により政策協調のために設立されたビルダーバーグ・クラブで、ここにもデイヴィッドは積極的に関与していった。1970年代には、デイヴィッドは兄ネルソンの部下であったヘンリー・キッシンジャーを自分のお抱えにすることに成功し、ビルダーバーグ会議に似たグループとして、日米欧三極委員会を設立し、日米欧を核にした冷戦時代のアメリカ主導の世界秩序を描いた。チェース銀行は、冷戦時のモスクワに支店を設立したほか、デイヴィッドはソ連のフルシチョフ書記長とも何度も会談している。冷戦時代の隠された話として、敵であるはずのソ連に対するアメリカからの農業機械の輸出支援などの謎がある。

(つづく)

<プロフィール>
nakata中田 安彦(なかた・やすひこ)
1976年、新潟県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、大手新聞社で記者として勤務。現在は、副島国家戦略研究所(SNSI)で研究員として活動。主な研究テーマは、欧米企業・金融史、主な著書に「ジャパン・ハンドラーズ」「世界を動かす人脈」「プロパガンダ教本:こんなにチョろい大衆の騙し方」などがある。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop