• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月23日 09:22

ロックフェラー後の世界秩序を握る人物(1) SNSI中田安彦レポート 

SNSI・副島国家戦略研究所 中田安彦

デイヴィッド・ロックフェラー氏

 デイヴィッド・ロックフェラーが死んだ。101歳。ニューヨーク州郊外のポカンティコにある自分の邸宅のベッドで眠りながら息を引き取ったというから大往生だろう。数年前から極端に外出の回数が少なくなり、ニューヨークの社交界からも遠ざかっていた。この世界最長老の金融家の死が保つ意味は何か、そして今後の世界秩序、とりわけアメリカの外交政策にどのような影響を与えるかを考えてみたい。

 私は、このデイヴィッド・ロックフェラーを2回ほど目の前でみたことがある。一度目は、2007年にロックフェラー一族が理事を務めてきた「ニューヨーク近代美術館」(MoMA)のアンテナショップが表参道ヒルズに出来たことを祝うイベントで自著の日本語訳のサイン会を行った時。二度目は2009年にロックフェラーが音頭を取って設立した「日米欧三極委員会」(トライラテラル・コミッション)の東京総会が行われていたホテルオークラのロビーで偶然見かけている。この時私は数人の友人と三極委員会を取材していたのだが、ロビーにいきなりロックフェラーが現れて、銀座にある「天一」という天ぷら屋に予約の電話を掛け始めた。この天ぷら屋はビル・クリントンもお気に入りの店だった。三極委員会の参加者と勘違いされたのか、天ぷら屋の予約が終わったあとに話しかけ、一緒に集合写真を取っていただいた。

 デイヴィッド・ロックフェラーというのはどういう人物か。スタンダード石油を設立した、石油王ジョン・D・ロックフェラーの孫にあたる財界人で、慈善事業家だ。ロックフェラーセンターを大恐慌のさなか建設したジョン・D・ロックフェラー二世の息子として、1915年に生まれた。5人の男兄弟の中では末っ子にあたり、ロックフェラー5人兄弟の中で唯一、実業界で活躍した。他の4人は実業界には縁がなかった。一族の遺産を元手にした文化・慈善事業に従事したのが、ジョン・D・ロックフェラー3世やローレンス・ロックフェラー。それから、ニューヨーク州知事や副大統領になったネルソン・ロックフェラー。そしてビル・クリントンを「隠し子ではないか」と言われるほどにかわいがった、ウィンスロップ・ロックフェラー(アーカンソー州知事)がいる。去年の大統領選挙ではドナルド・トランプが圧勝した、石炭産業が盛んなウエストヴァージニア州の選出の上院議員をつとめたジェイ・ロックフェラーはデイヴィッドの甥に当たる。ロックフェラーはもともと共和党員の家系だが、ジェイだけは民主党だった。ゴリゴリの保守ではない穏健な共和党員たちのことをネルソン・ロックフェラー共和党員とも呼んでいた時期がある。だが、ジェイも数年前に引退し、残された一族はデイヴィッドの息子たちも含め、みな慈善事業家として活動している。

 デイヴィッド・ロックフェラーは一族の兄弟が(一説には暗殺されたのではないかというほどに)早逝していく中で長寿を誇った。20世紀の後半にアメリカの世界覇権国となる動きと軌を一にして隆盛を誇り、勢いを失っていったようにも見える。これは、極端に単純化して言ってしまえば、デイヴィッド・ロックフェラーが、石油と金融、つまり資源とマネーを支配する仕組みを作ったことによる。

 外交問題評議会(CFR)というニューヨークのシンクタンクがある。ロックフェラーを始めとするニューヨーク財界人たちがアメリカの世界支配の戦略を議論する場として、イギリスの王立国際問題研究所をモデルに、第一次世界大戦直後に設立された。ロックフェラー家は第二次世界大戦中からこのシンクタンクを拠点に活動し、自らの資金力を活かし、ニューヨーク金融財界と政界、社交界、シンクタンクなどの学術界をまとめ上げるパトロンとして認知されていった。

 戦後の1955年に、現在のJPモルガン・チェース銀行とシティグループの母体となる銀行が合併して誕生した。シティバンクの前身にも一族の影響力は及んでいたが、デイヴィッドは、前者のチェース・マンハッタン銀行の経営陣に加わっている。ニューヨークの大銀行再編を見ていくとわかるが、このころ、アメリカの金融資本界で大きな変化が起き、モルガン財閥がロックフェラー財閥にその王座を譲っている。

 アメリカが世界覇権国としての地位を確立したのは、中東からイギリスの石油資本を追い出し、サウジアラビアの王族に対して米軍の軍事力でサウド一族の支配を保障するとともに、その石油取引の決済通貨を米ドルで行わせることに成功したからだ。だから、1971年のニクソンショックによって金本位制が完全に崩壊し、ドル紙幣がアメリカの覇権を担保する時代になっても、世界中に米軍を展開させ、その国力の信用によって世界の貿易の決済通貨としてのドルの地位を確立させたことで、アメリカの世界覇権が揺らぐことはなかった。

 ロックフェラーは、先に述べたCFRの理事会やその他のアジア・ソサエティやジャパン・ソサエティといった民間団体を通じ、各国の政治エリートとの関係を作り上げていった。戦後の欧州連合(EU)に至る道を議論したのが1954年に設立された米欧により政策協調のために設立されたビルダーバーグ・クラブで、ここにもデイヴィッドは積極的に関与していった。1970年代には、デイヴィッドは兄ネルソンの部下であったヘンリー・キッシンジャーを自分のお抱えにすることに成功し、ビルダーバーグ会議に似たグループとして、日米欧三極委員会を設立し、日米欧を核にした冷戦時代のアメリカ主導の世界秩序を描いた。チェース銀行は、冷戦時のモスクワに支店を設立したほか、デイヴィッドはソ連のフルシチョフ書記長とも何度も会談している。冷戦時代の隠された話として、敵であるはずのソ連に対するアメリカからの農業機械の輸出支援などの謎がある。

(つづく)

<プロフィール>
nakata中田 安彦(なかた・やすひこ)
1976年、新潟県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、大手新聞社で記者として勤務。現在は、副島国家戦略研究所(SNSI)で研究員として活動。主な研究テーマは、欧米企業・金融史、主な著書に「ジャパン・ハンドラーズ」「世界を動かす人脈」「プロパガンダ教本:こんなにチョろい大衆の騙し方」などがある。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 14:44

【緊急寄稿/佐藤章】日本が立ち向かうべき「真の問題」 医系技官ヒエラルキーと特別会計の闇

 第2次安倍政権以来8年間続いた自民党政権の下にいて満足を感じている国民はごく少数だろう。安倍晋三前首相や菅義偉現首相にかかわるスキャンダルを毎日のようにテレビや新聞...

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)

 2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなって...

2021年03月02日 17:58

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(前)

 中国公安部が2月8日に公布した人口に関するデータが多くの人たちを悩ませた。2020年12月31日現在で、20年の出生戸籍に登録した新生児数が1003.5万人、そのう...

2021年03月02日 17:51

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(前)

 自民党は2月25日、デジタル庁創設に向けて、デジタル社会推進本部デジタル施策調査小委員会を開催した。LINE(株)とYahoo(株)から「防災のデジタル化」について...

2021年03月02日 17:39

福島第一原発事故、東電の賠償額10兆円超える

 東日本大震災の福島第一原発事故による東京電力(株)の原子力損害賠償支払額の累計は、2021年度に10兆円を超える見通しとなったことがわかった。この累計には除染費用が...

2021年03月02日 16:46

コロナ時代のメイクを追求「マスクdeなりきりメイク」~明治産業「あ!めいじんぐ倶楽部」

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業(福岡市中央区、明永喜年代表)は、オトナ女子のための部活動「あ!めいじんぐ倶楽部」をCSR活動の一環として運営...

若きトップと情熱を傾ける社員たち 快進撃はとどまることを知らない

 創業した1986年当時、(株)三和通商は海外から輸入した衣料品などを国内で売りさばくことが主な事業だった。また、お隣の韓国から人気の化粧品を仕入れるなど、時流に乗っ...

地域とともに発展してきたことに感謝 より身近なスーパーマーケットへ

 暮らしに寄り添うスーパーマーケット。その代表格がサンリブやマルショクではないだろうか。長崎、鹿児島、沖縄を除く九州全域、そして山口、広島に133店舗を構え、事業を推...

2021年03月02日 15:39

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(1)

 ポスト・コロナ時代に、バイデン新政権下での米国、中国、ミャンマー、台湾、韓国、北朝鮮、中東などの国際情勢はどう動き、日本はどのような役割をはたすべきなのか。さらに、...

2021年03月02日 15:18

ワクチン接種開始とその後の展開(前)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、待望のワクチンがいよいよ生産され、アメリカやイギリスなどの世界各国で接種が始まった。すでに国民の半分近くが接種を受けているイ...

pagetop