• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月08日 07:03

話題沸騰のバイオシミラー(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 では、韓国で話題になっているセルトリオンはどんな会社であろうか。

 セルトリオンは、世界で最初にバイオシミラーに参入した企業である。市場がまだ形成されていない新市場に、セルトリオンは果敢にチャレンジしたのである。バイオシミラー市場が今後有望であるとは思っていても、簡単に参入できるような市場ではなかった。セルトリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長は、そのような市場に最初にチャレンジしたわけだ。最初に事業に乗り出す企業は、その道のりは険しいが、成功した暁には成果は大きいと確信し、徐会長は無謀にも近いチャレンジを行ったのだ。
 その成果が徐々に現れ、韓国では大きな話題になっている。セルトリオンは2000年に社員2名でスタートしたが、現在の社員数は1,100名まで増えている。時価総額は12兆ウォンを超え、時価総額ではKOSDAQ(コスダック)上場企業のなかで1位にランクされている。

 今年の売上高は8,604億ウォン、営業利益は4,886億ウォンが予想されている。認可申請中の製品も2~3あるため、2~3年以内には3兆ウォンの売上高も不可能ではないとされている。

 では、なぜセルトリオンはこのような快進撃を続けているのだろうか――。
 セルトリオンが開発したバイオシミラー「レムシマ」は、ヨーロッパで市販されて2年目になるが、すでに市場シェアは40%を占めている。アメリカでも今年の上半期に217億ウォンの売上を計上し、米国市場への参入に成功している。ライバル製品は来年になって市販予定で、1年間はレムシマの独占状態が続くとされている。
 レムシマは12年7月に、韓国KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の製品認可を取得した。13年8月にはヨーロッパの認証を取得し、16年4月には米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を取得した。レムシマは現在、世界80カ国で販売されている。

 セルトリオンの2番目の製品である、乳がん治療剤「ハーセプチン」のバイオシミラーは、韓国を皮切りに世界各国で認証取得の手続きに入っている。3番目の製品である、血液治療剤「リツキサン」のバイオシミラーは、去年10月に韓国KFDAの認証を取得し、今年の2月にはヨーロッパでも販売認証を取得している。

 最後に、セルトリオンの創業者の徐会長は、どんな人物なのだろうか。

 徐会長は、バイオ医薬品とは縁遠い人である。大学では産業工学を専攻し、卒業後にサムスン電気に入社した。その後、生産性本部に転職し、そのときの顧客である大宇自動車に、役員として引き抜かれる。
 しかし、喜びも束の間、大宇自動車が苦境に陥り、徐氏は会社を辞めることになる。1999年のことだ。それから2000年に、大宇のときの同僚とセルトリオンの前身に当たる「ネクソル」という会社を設立し、バイオ医薬品産業に参入。この分野は、今後かなり有望な分野であるし、未開拓の分野なので、成功する確率が高いと徐会長は判断したからだ。

 徐会長は、バイオ医薬品については何の経験も知識もなかったので、情報収集と良いビジネスモデルを求めて渡米。2年間を米国で過ごした。その期間中に、徐会長はバイオ医薬品のベンチャー経営者と専門家に会って、バイオ産業の業界のことについてアドバイスを受けたり、良いビジネスモデルを模索していた。そうして徐会長は、韓国の多くの企業が選択した幹細胞または新薬開発では成功がおぼつかないと判断し、今のビジネスモデルを選択したのだ。すなわち徐会長は研究と開発を飛ばし、参入障壁は高いが、安定的なビジネスが維持できるバイオシミラーの生産部門にまず参入することにした。その戦略は見事に的中し、セルトリオンは急成長を遂げている。
 しかし、その当時の問題は、バイオシミラーを受託生産する工場を設立しようとすると、1,200億ウォンという莫大な資金が必要なことだった。ところが、徐会長はその資金を国内に求めず、海外の投資家に資金を求め、シンガポールの国富ファンドであるテマセックから合計3,500億ウォンの投資を誘致することに成功する。その後、海外から調達した資金の合計は1兆4,000億ウォンにも上る。
 もちろん、セルトリオンのその間の道程は、順調なものばかりではなかった。会社には何度も危機が訪れたりしたが、徐会長の持ち前の突破力で、それを解決した。

 バイオシミラー市場は有望な市場だけに、韓国ではサムスングループも次世代産業として参入している。韓国企業だけではない。グロバール製薬会社も続々と参入してくるであろうことは間違いない。そうしたなか、セルトリオンは今後どこまで成長するのか、市場では注目が高まっている。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月21日 16:50

天神一丁目地区計画、天神地下街とふれあい広場を結び回遊性向上へNEW!

 福岡市は、HP上で「天神一丁目地区計画」の原案を公表している。これによると、取り組みの概要として、大きく5つのポイントが設けられている...

2020年10月21日 16:41

ヤクルト本社、仏ダノンとの資本関係解消 背景にはダノンを利用した経営陣と販社の対立(中)NEW!

 ヤクルト本社の歴史を振り返ってみよう。 京都帝国大学で微生物を研究していた医学博士の代田稔が1930年に、乳酸菌の強化・培養に成功(乳酸菌シロタ株)し、35年に福岡...

2020年10月21日 16:32

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (18)多額詐欺事件の真相NEW!

 今回の詐欺事件により、大手生命保険業界独特の風土が浮き彫りとなった。その大きな特徴とは、一般の想像を超えた顧客とのつながりの存在だ...

2020年10月21日 16:23

(一財)DEVNET JAPAN名古屋支部開設NEW!

 (一財)DEVNET JAPANの名古屋支部が発足し、10月20日開所式が開催された。同支部長には(株)Mugen代表取締役・玉置祥子氏、事務局長に同社専務吉川熊子...

正義を標的にする息苦しい暗黒監視社会NEW!

 10月28日(水)開催の「政策連合総決起集会&松元ヒロさん公演」について問い合わせをいただいた...

2020年10月21日 15:56

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議推薦無視事件(1)NEW!

 日本学術会議をめぐる諸事件については今後、表題に「任命拒否」や「任命見送り」という言葉を用いることを回避し、端的に「推薦無視」の表現を使い表題のように改めた...

2020年10月21日 15:35

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (17) 山口地元局が取材にNEW!

 今回発生した金融詐欺事件は周南市のみならず、山口県内で大きな話題となっている。筆者のところにはこれまで複数のメディアから取材の申し込みが...

2020年10月21日 15:27

【IR福岡誘致特別連載10】国際金融都市構想にとってIR誘致開発はベストシナリオNEW!

 国際金融都市構想とIR誘致開発は、一切関係のない別物に見えるかもしれないが、筆者はこの2つは表裏一体であり、お互いに重要なファクターだと理解している...

2020年10月21日 15:05

和心とんかつあんず×『とんかつDJアゲ太郎』~映画チケット提示でアガるサービスNEW!

 福岡を中心に「和心とんかつあんず」などを展開するアトム(株)は、10月30日(金)に全国の劇場で公開となる映画『とんかつDJアゲ太郎』とのコラボキャンペーンを実施す...

2020年10月21日 12:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(1)NEW!

 Net I・B Newsでは、福岡市東区の分譲マンション・ベルヴィ香椎における建物の傾斜や構造スリットの未施工に関する報道を重ねてきた。記者が構造スリットについて調...

pagetop