• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月08日 07:03

話題沸騰のバイオシミラー(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 では、韓国で話題になっているセルトリオンはどんな会社であろうか。

 セルトリオンは、世界で最初にバイオシミラーに参入した企業である。市場がまだ形成されていない新市場に、セルトリオンは果敢にチャレンジしたのである。バイオシミラー市場が今後有望であるとは思っていても、簡単に参入できるような市場ではなかった。セルトリオンの徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長は、そのような市場に最初にチャレンジしたわけだ。最初に事業に乗り出す企業は、その道のりは険しいが、成功した暁には成果は大きいと確信し、徐会長は無謀にも近いチャレンジを行ったのだ。
 その成果が徐々に現れ、韓国では大きな話題になっている。セルトリオンは2000年に社員2名でスタートしたが、現在の社員数は1,100名まで増えている。時価総額は12兆ウォンを超え、時価総額ではKOSDAQ(コスダック)上場企業のなかで1位にランクされている。

 今年の売上高は8,604億ウォン、営業利益は4,886億ウォンが予想されている。認可申請中の製品も2~3あるため、2~3年以内には3兆ウォンの売上高も不可能ではないとされている。

 では、なぜセルトリオンはこのような快進撃を続けているのだろうか――。
 セルトリオンが開発したバイオシミラー「レムシマ」は、ヨーロッパで市販されて2年目になるが、すでに市場シェアは40%を占めている。アメリカでも今年の上半期に217億ウォンの売上を計上し、米国市場への参入に成功している。ライバル製品は来年になって市販予定で、1年間はレムシマの独占状態が続くとされている。
 レムシマは12年7月に、韓国KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の製品認可を取得した。13年8月にはヨーロッパの認証を取得し、16年4月には米国FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を取得した。レムシマは現在、世界80カ国で販売されている。

 セルトリオンの2番目の製品である、乳がん治療剤「ハーセプチン」のバイオシミラーは、韓国を皮切りに世界各国で認証取得の手続きに入っている。3番目の製品である、血液治療剤「リツキサン」のバイオシミラーは、去年10月に韓国KFDAの認証を取得し、今年の2月にはヨーロッパでも販売認証を取得している。

 最後に、セルトリオンの創業者の徐会長は、どんな人物なのだろうか。

 徐会長は、バイオ医薬品とは縁遠い人である。大学では産業工学を専攻し、卒業後にサムスン電気に入社した。その後、生産性本部に転職し、そのときの顧客である大宇自動車に、役員として引き抜かれる。
 しかし、喜びも束の間、大宇自動車が苦境に陥り、徐氏は会社を辞めることになる。1999年のことだ。それから2000年に、大宇のときの同僚とセルトリオンの前身に当たる「ネクソル」という会社を設立し、バイオ医薬品産業に参入。この分野は、今後かなり有望な分野であるし、未開拓の分野なので、成功する確率が高いと徐会長は判断したからだ。

 徐会長は、バイオ医薬品については何の経験も知識もなかったので、情報収集と良いビジネスモデルを求めて渡米。2年間を米国で過ごした。その期間中に、徐会長はバイオ医薬品のベンチャー経営者と専門家に会って、バイオ産業の業界のことについてアドバイスを受けたり、良いビジネスモデルを模索していた。そうして徐会長は、韓国の多くの企業が選択した幹細胞または新薬開発では成功がおぼつかないと判断し、今のビジネスモデルを選択したのだ。すなわち徐会長は研究と開発を飛ばし、参入障壁は高いが、安定的なビジネスが維持できるバイオシミラーの生産部門にまず参入することにした。その戦略は見事に的中し、セルトリオンは急成長を遂げている。
 しかし、その当時の問題は、バイオシミラーを受託生産する工場を設立しようとすると、1,200億ウォンという莫大な資金が必要なことだった。ところが、徐会長はその資金を国内に求めず、海外の投資家に資金を求め、シンガポールの国富ファンドであるテマセックから合計3,500億ウォンの投資を誘致することに成功する。その後、海外から調達した資金の合計は1兆4,000億ウォンにも上る。
 もちろん、セルトリオンのその間の道程は、順調なものばかりではなかった。会社には何度も危機が訪れたりしたが、徐会長の持ち前の突破力で、それを解決した。

 バイオシミラー市場は有望な市場だけに、韓国ではサムスングループも次世代産業として参入している。韓国企業だけではない。グロバール製薬会社も続々と参入してくるであろうことは間違いない。そうしたなか、セルトリオンは今後どこまで成長するのか、市場では注目が高まっている。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop