• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月22日 10:29

民俗学では「現実的に『棄老』は存在しない」といわれても…(前)

大さんのシニアリポート第61回

立命館大学茨木キャンパス内にある「まちライブラリー@OIC」

 11月初旬に、岩手県遠野市に行き、「デンデラ野」と「ダンノハナ」を取材してきた。「デンデラ野」は中世期、近在の村から60歳を越えた老人たちが集まり、1つ屋根の下で共同生活を送った場所。「ダンノハナ」は彼らの共同墓地である。この話は農商務省の官僚で民俗学者だった柳田国男の名著『遠野物語』に出てくる。最も話は遠野在住の佐々木喜善からの聞き書きをまとめたものだ。話の真偽は定かではない。遠野は昔話の宝庫で、座敷童やカッパなどがふんだんに登場する。ところが、「デンデラ野」と「ダンノハナ」の話だけは他の話と微妙に違うのだ。

 12月4日、念願だった桜井政成(立命館大学政策科学部教授 副部長・政策科学)氏にお目にかかる機会を得た。場所は大阪茨木市にある茨木キャンパス。開校3年目とかで、まさにピカピカの校舎である。茨木市とのコラボレーションによる建物だそうで、敷地内には市民のためのホールや市民が自分の本を持ち寄るユニークな図書館(「まちライブラリー@OIC」)などがある。広場は災害時の避難場所となり、簡易トイレとして利用されるマンホールなども設けられている。寒い日だったが、広場で遊ぶ親子の姿があった。構内にあるスターバックス内で話をうかがう。

 取材の内容は、教授がブログで発信された「日本では地縁・血縁が衰退しているのか~高齢者扶助の歴史から考える~」で紹介されたさまざまな事例、とくに遠野の「デンデラ野」「ダンノハナ」の伝説が事実かどうか、民俗学者宮本常一の『忘れられた日本人』にある各地の取材記録についての意見などである。2時間近い取材だったが、実に有意義な時間を過ごさせていただいた。

 後日、教授から「私が調べた学術論文を添付します。『棄老』は実際にあったかどうかは疑わしいと民俗学では捉えているようですね」とのメールが入り、3件の学術論文が添付されていた。論文の一部を紹介したい。

柳田国男が定宿とした「旧高善旅館」(遠野)

 松井富美男(広島大学大学院文学研究科教授・応用哲学)『老いの「場」の研究―自殺防止のための「場」を求めて―』に、「いつの時代でも遺棄の対象となるのは、乳幼児、高齢者、障がい者といった社会的弱者であった。日本では、棄老俗はだいたい仏教文学の題材として扱われているので、本当に棄老俗が存在したかどうかは明らかではない。(中略)柳田國男の『遠野物語拾遺』にも、60歳以上の老人がデンデラ野に棄てられたという記述が見える。これらの話の基になっているのは伝説や伝承である。よって棄老俗が実在したかどうかは、ここからは明らかではない。ちなみに民俗学者たちは、日本には棄老俗は存在しなかったと見ているようである」。

 山本克司(修文大学健康栄養学部教授・社会福祉学)『日本の老人擁護の歴史における高齢者虐待防止要因―古代から江戸時代まで―』には、「生産性が低く大家族でなければ生存できない時代背景で、老人が生産年齢の家族を離れて生活することは、事実上不可能であり、餓死に直結するからである。これは、現代の高齢者虐待防止法の虐待類型に照らせば、『ネグレクト(生活の面倒をみないこと)』に該当する。それだけに、ネグレクトを極力防ぐために庶民の間においては、仏教思想の影響を受けた説話が人々の日常生活における老人擁護の要因となっている」。文字文化に縁の薄い農民には、「孝」を基調とする儒教の影響は考えにくいとし、「庶民のなかには『恩』に基づく老人擁護は経済構造から育ちにくいということである」としている。さらに、『今昔物語』や『信濃国姨捨山語第九』にある姥捨山伝説(棄老説話)を紹介しながら、「ネグレクトは一般庶民の老人虐待として大きな問題であったことが推測される」と、棄老の存在を(「伝説のなかで」と限定しながら)容認しているように感じられる。

(つづく)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月21日 13:12

「小泉・竹中ろくでもない」、大コール響く山本太郎の演説NEW!

 「小泉・竹中ろくでもない、小泉・竹中ろくでもない」。街中に市民の大コールが響いた。れいわ新選組から比例代表で立候補している山本太郎氏(44)の演説中、山本氏に促され...

2019年07月21日 12:39

れいわ新選組が新宿を占拠、マスコミの黙殺はねのけNEW!

 参議院選挙最終日の20日夕、東京・JR新宿駅西口は「れいわ新選組」支持者で埋め尽くされた。前川喜平・前文科事務次官も応援に駆け付け、同党が安倍政権に引導を渡すことに...

2019年07月21日 07:00

【7/22~9/20】鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」開催

 鉄道企画展「列車で行こう福岡の旅」が22日(月)から福岡県庁11階「福岡よかもんひろば!」で開催される。

2019年07月21日 07:00

グループ再編進行中 セメント事業と教育が肝(前)

 飯塚市の密着企業と目される麻生グループだが、事業再編と広域化も着実に行っている。不採算事業は清算、規模を縮小するなどしているほか、単体で売上高が落ちているセメント事...

2019年07月20日 14:42

【参院選2019】秋田へのイージス・アショア配備が争点の秋田選挙区~参院選最終日に安倍首相と菅官房長官がそろって応援演説

 イージス・アショア配備が大きな争点となっている参院選秋田選挙区(改選1)で、安倍自民党が「最大限」とも言えるテコ入れをしている。選挙戦最終日の7月20日には、安倍首...

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

pagetop