• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月08日 09:00

奇跡のJ1昇格 V・ファーレン長崎 高田明社長の目指すものは(2)

(株)V・ファーレン長崎 代表取締役社長 高田 明 氏

 Jリーグ・J2は毎シーズン有力チームが入れ替わり、当初有力視されていたチームが下位に沈み、ノーマークの弱小チームが躍進するドラマが繰り返されている。とくにJ1への昇格争いは、「まさか」の声が漏れるような快進撃や大逆転劇が相次ぐ、世界でも稀に見る過酷な戦い。2017年4月に高田明氏が代表に就任したV・ファーレン長崎の昇格劇は、そのなかでも白眉といえるだろう。立役者の1人である、高田明代表に話を聞いた。

J1での戦いで感動や喜びを発信したい

 ――そういう意味でも、18年シーズンは、非常に大切なシーズンになりますね。

練習場に掲げられたJ1昇格を祝う横断幕

 高田 本当に、そう思います。Jリーグのクラブ同士というのは、実は非常に仲がいいんですよ。同じサッカーをやる者同士、切磋琢磨して一緒に伸びていきましょうという文化がサッカーのなかにはある。そこに僕は非常に感激しました。試合は試合で勝敗はつきますが、業界を伸ばしていくという意味では同志であると。でも、J1に上がったら、先輩にあたるJ1クラブの皆さまが「J1は甘くないぞ、10−0でやっつけてやる」という愛のムチで向かってくるかもしれません。我々はそこをしっかり受け止めて、跳ね返すだけの準備をしていかなければいけない。それが県民の皆さまの期待に応えることですから。

 初めてのJ1には、ドキドキもありますが、ワクワクのほうが大きいという心境ですね。それくらい強い気持ちでいるくらいが、ちょうどいいのではないでしょうか。勝った負けただけではない、サッカーが生み出す感動や喜びをまた新しいステージで発信していかなければいけない。僕自身も、V・ファーレン長崎がそういう発信を続けていけるクラブにしていきたいと思っています。勝ち負けのなかに、最高の感動というものがありますよね、スポーツには。そういうものを発信し続けるためにはどうすればいいのかと考えると……やっぱりみんなで頑張るしかないのではないでしょうか(笑)。そういう感動を発信していきたいですね。

地元密着戦略は大きな課題

 ――Jリーグのクラブとして、地域への密着は大きな課題です。V・ファーレン長崎の場合は、長崎出身のDF徳永悠平選手(長崎県雲仙市出身、国見高校卒業。アテネ五輪出場、元日本代表。FC東京から移籍加入決定)を獲得しています。このように、長崎にゆかりがある選手を獲得するというのも有効な手段です。

 高田 選手の補強を主導する強化部は、常にさまざまな視点で選手をウォッチングしていますからね。15年、V・ファーレンには長崎県出身の選手が1人もいませんでした。たしか、当時Jリーグにはほかに同様のチームが3チームあったと思います。そもそも、長崎は静岡と並んでサッカー王国ですから、この話をすると「えっ?」と驚かれる方も多いですね。17年もFW吉岡雅和選手だけでした。長崎県民の皆さまにもっと燃えてもらうには、地元の選手が在籍していることも1つの要素だと思います。もちろんそれがすべてではありませんよ。でも3人や5人はいてもいいのではないかと思います。この戦略は追い追いやっていきますから、乞うご期待というところですかね(笑)。※取材後、長崎県諫早市出身、国見高校卒業のDF中村北斗選手がアビスパ福岡から移籍加入することが決定した。

 ――徳永選手の獲得は、これからのV・ファーレンの姿勢をはっきり示す移籍だったと思います。福岡の場合も、福岡出身でずっとアビスパに所属しているFW城後寿選手のように、クラブの象徴といえる選手がいます。

 高田 クラブを構成しているのは選手や監督ですが、その選手や監督をこれだけ暖かく支援してくださるファン、サポーターの存在は本当にありがたいなと思います。それをどうやってお返しするかというと、それはファンとしっかり向き合うことだと思うんですよ。サインや写真、握手を求められるということは、「あなたたちのことをこれだけ応援していますよ」という心の示し方なんですよ。それを受け入れていくマインドを、選手もスタッフももつことによって感動につながっていく。礼儀礼節を大事にするチームにしていくということは、日本のスポーツ界に求められていることだと思いますね。それができあがったときに初めて、サッカーは野球に並ぶ位置に立つことができるのではないでしょうか。

(つづく)
【深水 央】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:高田 明
所在地:長崎県諫早市多良見町化屋1808-1
設 立:2006年6月
資本金:3億4,000万円
売上高:(17/1)7億4,900万円

 
関連キーワード:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月21日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(14)コロナを舐めてはいけない(5)NEW!

 2021年の年賀に「今年をもってご縁を切ります」と通告があったAとは、40年を越える付き合いがある。今年11月、80歳になる。「それなら惜別の一杯を飲み交わそう」と...

2021年01月21日 17:34

【大規模買収事件】公選法違反・河井案里被告に有罪判決NEW!

 東京地裁で21日、参議院選挙広島選挙区における買収容疑で公選法違反罪に問われている河井案里被告(47)の判決公判があり、高橋康明裁判長は広島県議4人に対する買収罪成...

2021年01月21日 17:31

西鉄、新社長に林田浩一氏~倉富氏は会長にNEW!

 西日本鉄道(株)(福岡市博多区)は21日、4月1日付で林田浩一取締役専務執行役員(55)を社長に昇格する人事を発表した。

2021年01月21日 17:07

【長期連載】ベスト電器消滅への道(1)NEW!

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関す...

2021年01月21日 16:51

福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へNEW!

 日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...

2021年01月21日 16:45

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(前)NEW!

 菅政権は73兆円規模の経済政策を決定し、これに基づいて3次補正予算を実施することを発表した。1次補正、2次補正も同規模の大きな対策が図られてきたということで、これを...

2021年01月21日 16:19

体にやさしく、おいしい水とは?『生命(いのち)の水はミネラルバランス』を先着10名さまにプレゼントNEW!

 (株)ミネラルクリスター(福岡市博多区)は、創業から30数年にわたり、生命にとって良い水の研究開発に取り組み、これまでに数多くのビル、マンション、食品加工工場などに...

2021年01月21日 16:12

いとしまの鉄道111周年記念きっぷ発売~インスタで事前予約をNEW!

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)は、いとしまの鉄道が今年で111周年を迎えることを受け、記念きっぷを発売する。糸島市立伊都国歴史博物館で開催する冬季特別展「鉄輪...

2021年01月21日 15:42

【福岡県に緊急事態宣言】(13)コロナを舐めてはいけない(4)NEW!

 1月16日、110名参加の結婚式に列席した。新郎の父親から、「コロナ蔓延の時期に申し訳ない。出席不可に関しては遠慮なく回答してください」と電話がかかってきた...

2021年01月21日 15:24

五ケ山ダムが供用開始、防災や渇水対策に期待NEW!

 五ケ山ダムが本日から供用開始となった。五ケ山ダムの利水容量は、渇水対策容量を含む3,170万m3。12月22日に試験湛水を終えていた。福岡市関連の利水容量合計は、南...

pagetop