• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月06日 15:26

資産税の若手プロ集団、たゆまぬ歩みで税理士の真価を見せる(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(税)アイユーコンサルティング

資産税に関する優れた専門性と顧客思いの対応で事業を拡大

 専門用語を用いないわかりやすい説明と親しみやすさ、スピーディーな対応で、設立5年目にして規模を急速に拡大している税理士法人がある。代表税理士・岩永悠氏が率いる若手の税理士集団、(税)アイユーコンサルティングだ。

 同法人は福岡では数少ない相続税・贈与税・事業承継といった資産税関連案件を専門とする税理士法人。一般的に、1人の税理士が取り扱う相続税関連の申告数は、年間1~2件程度といわれるなか、同法人の2017年度実績はなんと九州全域で年間235件。実績に裏打ちされたたしかな資産税案件の処理で、顧客だけでなく金融機関や士業関係者からも絶大な信頼を寄せられている。

 同法人に集う税理士10名は、全員が30代と若手ながら、中堅以上の税理士事務所で経験を培った、専門性の高い実力派ばかり。「顧客の財産を無駄なく承継・永続させるため、最大限の節税と相続対策を提案する」をモットーとし、若い活力を武器に、顧客ごとの依頼に向き合う。その専門性の高さと、信頼のおける対応力で、九州だけでなく、関東圏からも多くの相談が寄せられている。

 代表兼統括を務める岩永税理士は現在34歳。税理士として起業すると決意したのは大学生の時だった。大学卒業後、福岡の中堅税理士法人に入所。10年に税理士登録を完了し、国内大手の税理士法人、山田&パートナーズの福岡事務所設立にも参画。年間30件を超える富裕層向けの資産税、事業承継コンサルティングおよび相続税申告を手がけるなど、その実力を発揮し、満を持して13年に独立開業をはたした。「岩永悠税理士事務所」として設立した当初は、8坪のオフィスに3名の従業員しかいなかったが、瞬く間に頭角を現し、顧客も人員も増加。開業から1年半後には30坪のオフィスを構えるまでに拡大した。さらに広く顧客の要望に応えるために、15年4月に現商号で法人化をはたしている。17年1月には、関東事務所および東京営業所を開設。競争率の高い関東圏においても埋もれることなく支持を集め、着実に顧客を獲得。さらに広いエリア展開を実現するため、今年4月には東京営業所を池袋に移転し、東京事務所として設定。激戦区の東京中枢部においても、その実力を遺憾なく発揮し、全国へのサービス拡充に向けての礎を築く。

 同事務所が顧客対応で心がけていることは、大きくわけて3つ。1つ目は、「わかりやすい説明」。資産税に関連する対策は非常に複雑だ。どんなに良い提案も、依頼者が正確に理解できていなければ、円満な解決に導くことはできない。同法人では説明時に図や表を使用し、なるべく専門用語を使わない。相手が100%理解・納得できるまで丁寧に説明を繰り返す。

 2つ目が「迅速な対応」。複雑な要素が絡み合う相続税の申請には、高度な知識と、多大な労力、そして顧客と税理士との密な連携が求められる。資産税を専門とする同法人は、申告に集中して取り組み、どの事務所よりも速いサービスを提供する。

 3つ目のポイントとなるのが、「明朗会計」だ。相続税の申告報酬は会計事務所によって異なる。相談に行き、方針が固まったところで予想外の金額を提示され困惑する、というケースは少なくない。同法人はホームページに報酬を明記。相談者は事前に報酬額を理解したうえで、安心して依頼することができる。

 「わかりやすい」「対応が早い」「明朗会計」―言葉だけ聞くと、別段特別な取り組みのようには思えない。しかし、基本ともいえるこの3つの柱が徹底しているからこそ、同法人は顧客から強く信頼され、実績を伸ばしてくることができた。最初は所属する税理士の若さに戸惑う経営者も、実際に相談を行うと「話を2、3割聞いただけですべてを理解してくれる」「打てば響くような、素早い応対」と感動し、間を置かず信頼してくれるようになる。

 資産税関連の業務のなかでも、人材・保証・承継方法など、さまざまな問題が絡み合うため、とくに高度な知識と実務能力の高さが求められる事業承継。豊富な知識と経験を有する同法人では、株式交換・株式移転・分割・分社・合併など、組織再編を活用した事業承継にも特化。築き上げてきた企業や金融機関とのネットワークを生かし、企業を存続させ、さらなる飛躍を遂げるために、最善の事業承継手法はなにか。丁寧に企業側の現状把握と問題点整理を行い、あらゆる手法での比較検討を行ったうえで、最善の事業承継計画を提供している。次なるビジョンを「日本一の事業承継プロ集団」とし、攻めの姿勢を崩すことなく全社一丸でその実現に向かう。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩永 悠
所在地:福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
創 業:2013年4月
設 立:2015年4月
資本金:600万円
TEL:092-433-7520
URL:https://www.taxlawyer328.jp

<プロフィール>
岩永 悠(いわなが・ゆう)
 1983年生まれ、長崎県諫早市出身。西南学院大学を卒業し、福岡市の中堅(税)で経験を積み、国内大手の資産税特化型事務所の福岡事務所設立に参画。税理士だけでなく、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、ターンアラウンドマネージャーの資格を所持。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop