わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月06日 15:26

資産税の若手プロ集団、たゆまぬ歩みで税理士の真価を見せる(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(税)アイユーコンサルティング

資産税に関する優れた専門性と顧客思いの対応で事業を拡大

 専門用語を用いないわかりやすい説明と親しみやすさ、スピーディーな対応で、設立5年目にして規模を急速に拡大している税理士法人がある。代表税理士・岩永悠氏が率いる若手の税理士集団、(税)アイユーコンサルティングだ。

 同法人は福岡では数少ない相続税・贈与税・事業承継といった資産税関連案件を専門とする税理士法人。一般的に、1人の税理士が取り扱う相続税関連の申告数は、年間1~2件程度といわれるなか、同法人の2017年度実績はなんと九州全域で年間235件。実績に裏打ちされたたしかな資産税案件の処理で、顧客だけでなく金融機関や士業関係者からも絶大な信頼を寄せられている。

 同法人に集う税理士10名は、全員が30代と若手ながら、中堅以上の税理士事務所で経験を培った、専門性の高い実力派ばかり。「顧客の財産を無駄なく承継・永続させるため、最大限の節税と相続対策を提案する」をモットーとし、若い活力を武器に、顧客ごとの依頼に向き合う。その専門性の高さと、信頼のおける対応力で、九州だけでなく、関東圏からも多くの相談が寄せられている。

 代表兼統括を務める岩永税理士は現在34歳。税理士として起業すると決意したのは大学生の時だった。大学卒業後、福岡の中堅税理士法人に入所。10年に税理士登録を完了し、国内大手の税理士法人、山田&パートナーズの福岡事務所設立にも参画。年間30件を超える富裕層向けの資産税、事業承継コンサルティングおよび相続税申告を手がけるなど、その実力を発揮し、満を持して13年に独立開業をはたした。「岩永悠税理士事務所」として設立した当初は、8坪のオフィスに3名の従業員しかいなかったが、瞬く間に頭角を現し、顧客も人員も増加。開業から1年半後には30坪のオフィスを構えるまでに拡大した。さらに広く顧客の要望に応えるために、15年4月に現商号で法人化をはたしている。17年1月には、関東事務所および東京営業所を開設。競争率の高い関東圏においても埋もれることなく支持を集め、着実に顧客を獲得。さらに広いエリア展開を実現するため、今年4月には東京営業所を池袋に移転し、東京事務所として設定。激戦区の東京中枢部においても、その実力を遺憾なく発揮し、全国へのサービス拡充に向けての礎を築く。

 同事務所が顧客対応で心がけていることは、大きくわけて3つ。1つ目は、「わかりやすい説明」。資産税に関連する対策は非常に複雑だ。どんなに良い提案も、依頼者が正確に理解できていなければ、円満な解決に導くことはできない。同法人では説明時に図や表を使用し、なるべく専門用語を使わない。相手が100%理解・納得できるまで丁寧に説明を繰り返す。

 2つ目が「迅速な対応」。複雑な要素が絡み合う相続税の申請には、高度な知識と、多大な労力、そして顧客と税理士との密な連携が求められる。資産税を専門とする同法人は、申告に集中して取り組み、どの事務所よりも速いサービスを提供する。

 3つ目のポイントとなるのが、「明朗会計」だ。相続税の申告報酬は会計事務所によって異なる。相談に行き、方針が固まったところで予想外の金額を提示され困惑する、というケースは少なくない。同法人はホームページに報酬を明記。相談者は事前に報酬額を理解したうえで、安心して依頼することができる。

 「わかりやすい」「対応が早い」「明朗会計」―言葉だけ聞くと、別段特別な取り組みのようには思えない。しかし、基本ともいえるこの3つの柱が徹底しているからこそ、同法人は顧客から強く信頼され、実績を伸ばしてくることができた。最初は所属する税理士の若さに戸惑う経営者も、実際に相談を行うと「話を2、3割聞いただけですべてを理解してくれる」「打てば響くような、素早い応対」と感動し、間を置かず信頼してくれるようになる。

 資産税関連の業務のなかでも、人材・保証・承継方法など、さまざまな問題が絡み合うため、とくに高度な知識と実務能力の高さが求められる事業承継。豊富な知識と経験を有する同法人では、株式交換・株式移転・分割・分社・合併など、組織再編を活用した事業承継にも特化。築き上げてきた企業や金融機関とのネットワークを生かし、企業を存続させ、さらなる飛躍を遂げるために、最善の事業承継手法はなにか。丁寧に企業側の現状把握と問題点整理を行い、あらゆる手法での比較検討を行ったうえで、最善の事業承継計画を提供している。次なるビジョンを「日本一の事業承継プロ集団」とし、攻めの姿勢を崩すことなく全社一丸でその実現に向かう。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩永 悠
所在地:福岡市博多区博多駅東2-10-16 川辺ビル4F
創 業:2013年4月
設 立:2015年4月
資本金:600万円
TEL:092-433-7520
URL:https://www.taxlawyer328.jp

<プロフィール>
岩永 悠(いわなが・ゆう)
 1983年生まれ、長崎県諫早市出身。西南学院大学を卒業し、福岡市の中堅(税)で経験を積み、国内大手の資産税特化型事務所の福岡事務所設立に参画。税理士だけでなく、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、ターンアラウンドマネージャーの資格を所持。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月29日 17:47

東京都、都内の建設業者3社の建設業許可を取消

 東京都は1月27日付で、都内の建設業者3社に対し、建設業許可の取消処分を行った。 取消処分を行ったのは、(株)コーワ(東京都江東区、神田晃代表)、(株)西別当工務...

2020年01月29日 17:31

アビスパのグティエレス選手が接触事故

 アビスパ福岡所属のカルロス・グティエレス選手が25日、接触事故を起こしていたことがわかった。

2020年01月29日 17:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~人質司法の後に来るもの「無限裁判」(後)

 現在、日本人が感覚的にゴーンの裁判が行われないことを納得している背景にはこのような裁判手続の本質に対する大きな無知誤解が原因である。以上の明白な事実は、民事訴訟法学...

2020年01月29日 16:55

【業界ウォッチ】人気投票キャンペーン

 ファミリーマートは、1月21日から2月10日まで、山崎製パン、伊藤製パンなどパンメーカー9社が開発したオリジナルパンを発売し、販売金額とTwitterの投票で人気N...

2020年01月29日 16:46

ソフトパワー戦争に突入したアメリカとイラン 日本は仲介役をはたせるのか?(5)

 トランプ大統領に対しドイツもフランスも手を焼いている。アメリカに拠点を構える「ドイツ・マーシャル・ファンド」のコレット上級顧問曰く「ヨーロッパはトランプ大統領に愛想...

2020年01月29日 16:30

社員1人ひとりの働き方を大切にして日本一のコールセンターを目指す!

 1998年1月に設立された当社は、健康食品の大手通信販売会社のコールセンター業務を受託しているコールセンターの専門会社です。特徴的なことは、お客様からのお問い合わせ...

2020年01月29日 16:20

【オンガネジャパン(株)】受験シーズンに高麗人参のススメ~その理由を臨床試験で解明

 受験シーズンを迎え、受験生たちが日々勉強で忙しい日々を送っているなか、万全に受験に臨むべく、家族の協力のもと、インフルエンザ予防など体調管理に注力する時期でもある。...

2020年01月29日 16:12

韓国で11社目のユニコーン企業が誕生(後)

 巨大な市場で大きく成長できるポテンシャルがあると評価できるので、ベンチャーキャピタルも企業の将来に巨額の投資ができるわけだ。一方、ユニコーン企業が少ない国には、それ...

2020年01月29日 15:51

新型コロナウイルス

 「株式会社日本一」の代表取締役・桜大志氏が塾長を務める「男塾」では、政治、経済、軍事、国際、外交、歴史、経営などの論考を塾生と会員向けにメルマガ配信している。一部抜...

2020年01月29日 15:38

【速報】弘中弁護士の事務所捜索を終えた係官ら

 東京地検は1月29日、日産自動車前会長・カルロス・ゴーン被告(65)の弁護人を務めていた弘中惇一郎弁護士の事務所を捜索した。

pagetop