• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月11日 17:03

【結愛ちゃん虐待死事件】「明るく、面倒見の良い好青年」~船戸雄大被告の意外な評判

父親の船戸雄大被告と、母親の優里容疑者
(報道ステーションより)

 2018年3月に東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が死亡した事件。
 警視庁は8日、父親の船戸雄大(33)と母親の優里(25)の両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で送検した。

 データ・マックスの調べで、船戸雄大被告(傷害罪で起訴)について、意外な一面が明らかになった。

 船戸被告は、東日本の私立大学を卒業して岡山県や札幌市で働いた後、16年4月12日に、香川県内の食品会社T社に正社員として就職。17年12月31日で退社するまで、社内のシステム整備を担当していた。香川に来る前は札幌市内の会社に勤務しており、結婚を機に妻の実家のある善通寺市に移り住んだという。

 「鬼畜」のような行為をはたらいた人物とは思えないほど、T社内における船戸被告の評価は高い。当時、船戸被告が所属していた部署の上司はいまでも、「船戸くん」と呼ぶ癖が抜けないまま困惑を隠せない。

 「船戸くんをひとことで言うと、『明るくて、人気者』。面倒見も良かったんです。システム関係の人間は職人気質の人間も多いのですが、彼はパソコン音痴の社員の頼みにも気軽に応じてくれて、頼りにされていました」(かつての上司)

 3月に結愛ちゃんの虐待死が報じられた際は問い合わせの電話が鳴りやまず、社内が混乱したという。

 「お子さんがいる方と結婚したことは知っていましたが、こちらが気を使ったせいもあって、なかなか家庭のことは聞けませんでした。在職中に複数回、(結愛ちゃんに対する障害容疑で)書類送検されていますが、そのことも会社は知りませんでした」(同)

 船戸被告が突然会社を辞めたのは、皮肉にも、「子どもの教育のため」(船戸被告)だったという。結愛ちゃんを「おとなしすぎる」と考えた船戸被告は、「環境を変えるために、東京に行く」と話していたという。
 高い技術を持っていた船戸被告の離職を会社側は惜しみ、引き留めたというがしかし、船戸被告の言葉をそのまま受け取るわけにはいかない。2度の一時保護と書類送検などで、船戸被告は県西部子どもセンター(児童相談所)と県警から完全にマークされており、もはや香川県内で船戸被告が妄信するところの「教育」を施すのは難しくなっていた。船戸被告がかつて東京に住んでいたことを考えれば、教育のためというよりは、よく知った環境に「逃げ込んだ」だけではないか。なにより、逮捕時に無職だったことが無計画な転居だったことの証だ。

 T社の元上司は、3月に船戸被告が逮捕された際に、捜査関係者が持参した結愛ちゃんの手紙を読んだ。しかし、あの痛ましい文章を読んでもなお、「信じられない」という思いが消えないという。

 「すべての社員が、同じように思っているのではないでしょうか」(同)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月16日 17:56
NEW!

ハナマルキが慶大とサッカー元日本代表選手が代表を務める企業と共同で、塩こうじ摂取の研究成果を発表

  塩こうじ  ハナマルキ(株)(本社:長野県伊那市、花岡俊夫社長)は7日、慶應義塾大学SFC 研究所ランニングデザイン・ラボ(所在地:神奈川...

2019年01月16日 17:41
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(上)

   安倍晋三首相は、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議で、携帯電話料金の値下げを検討するように指示したが、その後何ら動きが見られなかった。 ...

2019年01月16日 16:32
NEW!

(株)エージー・コーポレーション(東京)/飲食店など経営

  破産手続開始決定 負債総額 約11億6,400万円  同社は16日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。  破産管財人は相羽利昭弁護士(三宅...

2019年01月16日 15:55
NEW!

糖尿病と歯周病の意外な関係~歯周病は心臓病や脳梗塞、腎臓病などの原因にも

  歯周病の治療で、血糖値をコントロールする力が改善  食生活が原因で起こる生活習慣病の1つ、糖尿病。厚生労働省が実施した2014年患者調査によると糖尿病...

2019年01月16日 14:49
NEW!

安倍政権のサンゴ移植フェイク発言~怠慢司会者の罪「ボーっと仕事してんじゃねーよ!」

  ボーっと生きてんじゃねーよ!  NHK人気バラエティー番組「チコちゃんに叱られる」の決め台詞で、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と一喝されそうなのが、1...

『小笠原ブランド』を進化させ、より良い住空間づくりへ貢献し続ける(前)

  (株)小笠原 共存共栄での事業構築  (株)小笠原の始祖は、江戸後期の1822(文政5)年4月、現在の佐賀県鹿島市で飴おこしの製造販売を興した...

2019年01月16日 14:03
NEW!

【続報】久留米の実習生変死、現場付近の防犯カメラにバイク

  15日、現場となったクリークには 花束や線香が供えられていた。  大川市内在住の中国人技能実習生、徐和キン(偏は矢の上二画にカタカナの...

2019年01月16日 13:47
NEW!

生活の木、ハーブティー5種に虫混入で自主回収

  自主回収対象商品(※クリックで拡大)  (株)生活の木(本社:東京都渋谷区、重永忠社長)は11日、同社が販売する「おいしいハーブティー...

2019年01月16日 11:54

虚偽記載などにより福岡市の警備会社 営業停止処分

   福岡県公安委員会が、福岡市城南区(登記上)の警備業「(株)ACE」(石黒伸久代表)に対し、45日間の営業停止処分を発表していたことがわかった。 &nb...

2019年01月16日 11:39

コスモス薬品11月中間、二ケタ増収益~人件費高を吸収

   コスモス薬品の2018年11月中間連結決算は、前年同期比で売上高が10.2%増、経常利益が16.5%増と二桁の伸び率を記録した。中間期の増益は2期ぶり。 ...

pagetop