• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月27日 07:03

あらゆる角度から事業課題を解決、頼れるパートナーとして企業をサポート(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株) グランドビジョン

企業のあらゆる課題を解決し、価値を高める伴奏者的存在

 マーケティング戦略から、コミュニケーションプランといった広告代理店としての機能や顧客の声を直接聞き取るコールセンター機能を有する(株)グランドビジョン。同社は2011年11月に福岡で設立された事業プロデュース会社だ。経営理念である、クライアントの『真のパートナー』を目指し、事業成長・課題解決に向けたプロデュース、マーケティング戦略から制作まで一貫したビジネスを展開。時代とともに変化する広告の在り方やビジネスモデルに対して、あらゆる面からのアプローチや固定概念にとらわれない新たなチャレンジを行っている。15年には従業員100名を超え、同年2月には東京南青山にオフィスを開設。同年9月には天神1丁目のエルガーラに約100坪のコールセンターを設置し、着実に事業の核を整えている。

 現在同社が手がけているのは、事業プロデュース、ブランディング、採用プロデュース、空間プロデュース、エンゲージセンター&VOCソリューションサービス、通販コンサルティング、ウェブコンサルティング、メディアプランニング、イベントプロモーション、映像プロデュースなど、多岐にわたる。多くの企業は特定の分野で特筆すべき成果を上げることでビジネスの成功を目指しているが、その事業がどうすれば利益に結びつくのかという悩みをもっている。そういった悩みに対し、同社の広告のスペシャリストたちとともに多方面からのアプローチを図ることで、結果につなげている。さまざまな事業課題を解決に導くことができる同社だからこそ、あらゆる企業からの相談が絶えない。

 代表取締役社長兼プロデューサーを務める中尾賢一郎氏は「我々の仕事は、企業やターゲットに選択肢を増やすこと、想像を超えた『ワクワク感』や『高揚感』を提案し、価値を生み出すことです」と自社を客観的に分析するとともに、「少子高齢化など時代の流れを多角的に読みつつ、時代の変化に適応した企業としての在り方を先読みして進化することが重要だ」と語った。

 同社の活動はこれだけではない。これまで、さまざまなテーマの自主企画イベントを開催することで、そのブランディング力を世に知らしめてきた。近年では、16年10月に行われた観客参加型のトーク&ワークショップ「匠の羅針盤」、同年11月には文化価値創造事業の「空海劇場2016」、17年3月には企業と学生のマッチングイベント「GROOVE(グルーヴ)」を開催。どのイベントにも「意味」と「意志」がある。たとえばグルーヴでは、福岡を代表する企業の社長や経営幹部が起業家精神をもって働くことの大切さや醍醐味を学生に語るほか、脳科学者の茂木健一郎氏をゲストに招き、就職活動システムや今後の社会に必要とされる働き方のディスカッションなどを行い、学生の視野を広げる一端を担った。また、本物のプロレスのリングを会場に設置したデモンストレーションも話題を呼んだ。

 そのほかにも、糸島市の休耕地で自然農法の障がい者雇用農園「ホームラン農園」の運営にも取り組んでいる。その内容が評価され、16年9月には「2016年度障がい者雇用職場改善好事例」で奨励賞を受賞。在宅ワークや業務委託といった多様な働き方を認めており、働き手のバランスをとることで、「個」の力を引き出している。

 「今後も働き方は時代とともに変わっていくでしょう。子育て中やシングルマザーなど、決められた時間での出勤が難しい方のなかには優秀な人材がたくさん埋もれています。そういった方々が自由に働ける場をつくっていけたらと考えています」と語る中尾社長。

 採用に関しては、「私たちは仕事を楽しむことに関して妥協できない集団です。ときめきがなければ、ヒラメキもありません。仕事と同じくらい遊びにも全力です。どれだけ今の仕事を楽しめるか、夢中になれるか。どれだけクレージーになれるか。仕事の責任は大きいけれど、真面目に楽しんでいます」というように、仕事のなかにも遊び心を忘れないコミュニケーションデザインができる人材を募集している。楽しんで仕事をするということを意識しない限り、スキルアップも図れないし、良い結果を残すこともできない。そういった同社の思いがこの一文から伝わってくる。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:中尾 賢一郎
所在地:福岡市中央区天神2-4-5 デイトンビル2-3F
設 立:2011年11月
資本金:2,000万円
TEL:092-718-3041
URL:http://gvn.co.jp

<プロフィール>
中尾 賢一郎(なかお・けんいちろう)
 1975年、鹿児島県生まれ。大学卒業後、広告企画会社に入社。(株)電通九州に転職し、多くの販促マーケティング、プロモーション企画に携わる。2011年に(株)グランドビジョンを立ち上げ、代表取締役社長に就任。そのほか、(一社)福岡中小企業経営者協会の理事を務める。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop